女子バレーボール部

【女子バレーボール部】春季2次リーグ3戦目、大院大から勝ち星

5月14日、龍谷大学体育館において関西大学バレーボール連盟春季2次リーグ3戦目が行われた。1部12位の大阪学院大学にまさかの苦戦。だが最後は王者の粘りを見せ、3-2で勝ち星を挙げた。

こんな試合展開は誰も予想できない。1部12位の相手とフルセットにもつれ込む大接戦。「非常にもったいない試合をした」。監督は厳しい表情を見せた。

粘り合いとなったシーソーゲーム。第1セットを23-25で落とすと、第2セットを25-14で取り返す。このまま流れを引き寄せたい第3セット。龍大は立ち上がりから3連続ポイントを獲得する。しかし、コートに嫌われ連続失点。これを機に逆転を許してしまう。神田(国4)のブロックポイントや志方(政1)の相手の頭上をかすめるスパイクで応戦するも、最後まで点差を埋められず16-25でこのセットを失う。続く第4セット。絶体絶命の龍大は4回生を投入し、チームの士気を盛り上げる。「王者として負けられない」。木村(文4)はプレーで示した。相手の強打に食らい付き、破壊力抜群のスパイクで決める。拾ってつなぐバレーは再びチームの闘志を燃え上がらせた。ラリーの時こそ、攻撃の手を緩めない。冷静に展開を予測し、強気なスパイクをコートに叩き込む。この結果、28-26で制した。ここで勝負が決まる第5セットも勢いに乗り15-9で奪取。セットカウント3-2でホーム戦を競り勝った。

 

写真13

【写真】プレーでチームに示した木村

疲れが溜まる春季リーグ後半戦。なんとか勝利でホーム戦を飾った。自分たちが目指せる最高の場所へ―龍大女子バレー部はまた1つ歩を進めた。

〈木村主将のコメント〉

「ホーム戦なので勝ちきれたことは良かったが、自分たちの甘いプレーでセットを落としてしまった。先輩方の連覇がかかっていることもあり、自分たちは王者として負けられないと思っていた。今の状態のままでは終われないので、たくさんある課題を克服してチャレンジ精神を持って次の試合に挑んでいきたい」。

〈江藤監督のコメント〉

「今回の試合はこんなにもつれる試合ではない。自分たちのミスが目立ち、勝ったけどもったいない試合をした。技術云々ではなく、自分たちが強気で戦えるかが重要。4セット目の最初にセッターを1回生から4回生に変えて上級生の力を借りた。昨日の試合は下級生ばかりで戦いに勝った。だが、今日は昨日頑張ってくれた下級生が苦しくなったので、上級生を入れて流れを変えた。4回生はリーグ戦に慣れているし、「絶対勝つ」という気持ちが強い。その気持ちをチームに持たせたかった。メンバーチェンジ後、よく頑張ってくれた。皆で勝てて良かった。京都橘に1敗してしまっているので、優勝のために自分たち

は1つも落とすことができない。残り2試合も自分たちの力を出し切って、狙える最高の場所を目指していきたい」。

(龍魂編集室 記事/松本侑香 写真/豊田美帆)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ