アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】最終戦で飾った白星。

11月18日、万博記念競技場において関西アメリカンフットボールDiv.1、第7節、対甲南大戦が行われた。両者ともに今シーズン未勝利。最終戦で初白星を飾った龍大の試合模様とは。

1Q、DL清原(営4)、DL浅尾(営4)等DF陣が抑え、攻撃権を龍大へ回す。1Q残り1分を切ったところで、RB高橋(政1)のランプレー、QB山方(済3)からRB高橋へのロングパスが通り、相手陣地へと攻め寄る。IMG_2696 - コピー 【写真 プレーの采配が光ったQB山方】

2Q、RB/K井貝(済3)がランプレーで先制点を狙える位置まで攻め込み、RB高橋がTDを決めた。DF陣は相手に攻める隙を与えず、OF陣はギャンブルに成功し1Dを獲得。その後、QB山方からのパスが決まり、RB/K井貝が中央を突いてTD。直後、相手にリターンを許し、FGを決められてしまう。試合の主導権を渡すまいとQB山方からRB梯(法4)へのパスが決まり、RB梯のランプレーにより追加点のチャンス到来。前半終了を目前に、QB山方が自ら飛び込みTD。20-3と大差をつけて前半を終えた。


IMG_2575 - コピー
【写真 相手DF陣の間を走り抜けるRB/K井貝】

3Q、OF陣の勢いは止まらず、RB高橋のランプレーにより一気にエンドゾーン間際へ。QB山方が着実にTDを決め、相手との点差を広げた。攻守交代後、相手のロングパスが決まり一気に攻め寄られるかに見えたが、LB宮前(政3)、DB西島(政3)等の活躍により危機を回避。OF陣が1Dを重ねていき4Qへ。

4Q、QB山方からTE浅野(国1)へのパスが成功。FGを狙うも、追加点とはならない。相手にTDを奪われてしまったが、27-10で龍大が初勝利を納めた。

7試合を経て、ようやく勝ち取った初勝利。今シーズンはなかなか試合で本領を発揮することができなかった。この雪辱を果たすためには、まず、3週間後の入れ替え戦で勝利し、1部リーグに残留するしかない。今試合で得た自信と課題を見つめ直して、入れ替え戦に挑んで欲しい。

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

-今試合を振り返って-

「やっと欲しかった一勝が手に入って、素直にうれしい気持ちです。練習ではシーズン中とても良いパフォーマンスをしてくれていたので、なぜそれが試合会場でできないのだろうというのが、私たちの最大の課題でした。今日はOFも点を最初から取ってくれて、DFも確実に止めてくれて、グラウンドでやっていることが試合会場でパフォーマンスできたと思います」

-良い面と悪い面-

「良い点は、DFが止めて、OFがドライブをして、DFを休ませる時間をOFが与えてというように、OFとDFが上手い具合に回っていったところです。悪い点があったとすれば、SPチームですよね。キックカバーが一向に良くなりません。最初の2つ目のカバーまでは良かったのですが、3つ目、4つ目になってくるとハーフラインぐらいまで返されていたので、反省しなければならないなと思います」

-入れ替え戦に向けて-

「この試合で多少得られたものもあったので、そこを足がかりによりよいチームを作っていけるように、コーチとしても、選手のメンタルをケアしながら準備していきたいと思います」

〈浅尾主将のコメント〉

-今試合を振り返って-

「今までは1Qの出だしが悪かったのですが、それを改善してミスなく行うことができました。2QではDFがしっかり守り、OFがドライブを続けるといった良い流れを作ることができました。OFから始まった3Qは、いきなりTDというOF陣の活躍により、さらに攻撃を勢いづけるものとなりました。最後までこの流れを保ちたかったのですが、4Qで失点を許してしまいました。このミスは入れ替え戦では無くしていきたいです」

-入れ替え戦に向けて-

「同志社と桃学大のどちらが対戦相手になるか分からないので対策が作りきれていませんが、試合までの3週間で万全な状態にし、勝利を掴みたいと思います」

〈山方選手のコメント〉

-今試合を振り返って-

「今までOFがDFの足を引っ張っていましたが、今日はDFを助けることができ、自分たちの持ち味を出すことができました」

-入れ替え戦に向けて-

「お世話になった先輩方のためにも、絶対に勝ちたいです。来年も、1部リーグでプレーし、今シーズン負けてしまった相手にリベンジがしたいので、絶対に残留してみせます」

 

(龍魂編集室 記事/丸山恭佳 写真/渡邊和記)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ