女子バレーボール部

【女子バレーボール部】女子バレー、新体制白星発進ならず

4月7日、近畿大学記念体育館において2019年度関西大学バレーボール連盟女子1部春季リーグ、帝塚山戦が行われた。最終順位にも影響がある負けられない試合。龍大は試合開始から真剣モードで挑んだが、セットカウント0-3で敗北した。

●龍大0-3帝塚山〇

 

第1セット23-25

 

第2セット19-25

 

第3セット25-27

 

新チームの緊張が伝わってくる第1セット。主将福留(済4)を中心とした守りから宮川(政4)や志方(政3)などの力強い攻撃へと繋げて点を獲得する。しかし、なかなか点差を広げられずにいると帝塚山に流れを奪われてしまう。龍大は点差を縮めようと猛攻をかけるが同点になっては点差を離されてしまう。このセットを23-25で落としてしまう。

kurokawa

【写真1】安定のプレーでチームに貢献した黒川

 

応援する人々も龍大の巻き返しに期待する第2セット。島田(文4)が先制点を決めチームにこのセットは龍大が流れを掴むと思ったのも束の間、連続得点を許してしまう。この悪い流れをチーム全体の掛け声や新戦力の廣田(政1)や新居(国1)の活躍によって変えようとする。しかし、持ち味を存分に発揮することができず19-25でこのセットも落としてしまう。

dannkketu

【写真2】新チームの団結力が見えた瞬間

 

追い込まれた第3セット。昨年からコートに立ってプレーする黒川(営2)と宮川が秋季リーグ王者としての意地を見せる。しかし、帝塚山の連続得点を止めることはできず、13-22と苦しい状況となってしまう。この時、選手は互いに声を掛け合い「勝利」を諦めてはいなかった。そして、ここから龍谷が底力を見せる。9点差という危機的状況を9連続得点という好プレーでリセットした。これには会場の熱気も最高値となった。そして、最後まで龍大と帝塚山は一進一退の攻防を繰り広げた。しかし、龍大はわずかに力及ばず、25-27で第3セットを奪われてしまう。残念ながら、開幕戦白星スタートとはならなかった。

 

〈江藤監督のコメント〉

「去年レギュラーだったメンバーが卒業し今回の試合は新しいチームで挑むことになったが、なかなかうまく回らなかった。卒業したメンバーの存在の大きさを改めて実感した。全体的にミスが多く消極的になってしまった。3セット目は1、2年生を中心に頑張ってくれて、その姿を見て3、4年生も力を発揮してくれた。その頑張りが連続得点につながったと思う。今回の試合はレシーブがうまく上がらなかったことが敗因。うちのチームは全体的に背が小さいため、小さいなりにサーブやレシーブで崩していかなくてはならない。これからの課題だと感じた。残りの試合はうまく立て直し、上位に食い込めるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事 渡邊和記 / 写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ