端艇部

【端艇部】2019年度関西選手権競漕大会5クルーがメダル獲得!!

7月13〜14日にかけて大阪府立漕艇センターにおいて2019年度関西選手権競漕大会が行われた。今大会、龍大から男子4艇、女子2艇の計6クルーが出場。14日の決勝戦へ駒を進めたのは男子舵手付きフォア、男子舵手なしクォドプル、男子ダブルスカル、女子シングルスカル菅沼、女子舵手付きクォドプルの5クルーだ。小雨の降る中行われた決勝戦。それぞれの想いを胸に白熱したレースが繰り広げられた。

 

男子舵手付きフォア 総合第1位

《cox松永(済2)・馬場(農2)・大倉(社4)・齊藤(社3)・宮西(文3)》


IMG_9285

IMG_9150

〔記録6:39.38〕

大会直前でメンバーが故障する厳しい条件の中での本大会。そんな中でも、良いレースを積み重ね決勝戦に駒を進める。龍大は第4レーン。1000m地点まで同志社大、滋賀大と並ぶ展開。1500mで龍大はスピードを上げていき徐々に差を広げていく。終盤の大阪工業大学の追い上げに屈することなく1位を獲得した。

 

男子舵手なしクォドプル 総合第1位

《野々下(社2)・宮川(済2)・清水(文1)・上野(営2)》

IMG_9107

〔記録6:33.94〕

1、2年の若いメンバーが躍動する男子クォドプル。予選から順調な滑り出しで決勝に挑む。第2レーンを走る龍大。レース序盤から同志社大と競る展開が続いた。しかし、龍大は1500m地点で一気に追い上げを見せそのまま1位でゴールを果たした。

 

男子ダブルスカル 総合第2位

《橋本昌(法4)・川端(社4)》〔記録6:59.78〕

敗者復活を制し準決勝、決勝と駒を進める。決勝戦は第2レーン。良いスタートダッシュをきり1000m地点まで1位をキープする。しかし、1500mで立命館大が追い上げを見せる。1位を死守したい龍大であったが2位でフィニッシュ。

 

 

女子舵手付きクォドプル 総合第3位

《cox近藤祥(国4)・中谷(文3)・橋本知(社1)・森永(営1)・林(農4)》

予選、準決と1000mを1位で通過、しかし1500m地点で3組に追いつかれ4番手を走る苦しい展開。レース終盤、3番手にコンマ差で追い抜き3位入賞を果たす。

 

 

女子シングルスカル菅沼(文2) 総合第3位〔記録8:42.86〕

オールワークを変え試験的な大会でもあったという本大会。予選、準決勝と調子よく進んでいく。決勝戦。菅沼は第2レーンを走る。1000mを3番手で通過。その後1番手、2番手を追うも順位変動なく3位でゴールする。彼女自身100%活かしきれるレース展開ではなかったが、インカレに向けていいデータが取れたという。今後に期待したい。

 

 

〈井手コーチのコメント〉

「関西選手権大会はインカレの約2ヶ月前にある大会でちょうど距離も同じで関西の大学も多く出ている重要な大会だった。やはりインカレに照準を合わせている大会なので結果だけでなくその内容もよく見ている。今回の課題として再現性をより高めていく必要性を感じた。やはりボート競技は他の競技に比べて一発逆転の作戦などは立てにくい。いかに普段練習で作り上げた「カタチ」が重要になる。それを本番で再現できるかが鍵になる。それを行うためにルーティンや普段からの意識が重要になる。そこを選手たちにより意識してほしいと思っています。でも、そんな中で今大会5クルーがメダルを獲得して優勝チームが2クルーいるのはチームとしても大きい。この勢いと修正点を加筆しつつインカレに臨みたい」。

 

(龍魂編集室 記事/植村優太   写真/加藤虎太郎、平川滉、坂田千乃)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ