女子バレーボール部

【女子バレーボール部】関西インカレ悔しさ残る準優勝

11月13日に滋賀県立体育館で関西バレーボール大学男女選手権大会が行われた。龍大は2回戦と準決勝、決勝とたて続けの試合であった。セットカウント2-0で帝塚山大、2-1で神戸親和女子大を抑え、力を見せつけるも、秋季リーグで敗れた京都橘大にリベンジならず、準優勝という結果で終わった。

 

準決勝の相手は関西連盟1部4位の神戸親和女子大。序盤からシーソーゲームの試合展開であった。金本(営4)・兵頭(営2)の強烈なスパイクが決まるが、最後まで差を埋められず、第1セットを落としてしまう。続く第2セット目は序盤から龍大のペース。金本・猪野(社3)が相手の隙を突くアタックを決め、4連続ポイント。相手の追随を許さず第2セットを奪取する。第3セット目は審判の厳しい判定に苦しめられるも、パワーで押し切り龍大の強さを見せつけた。

 

そして決勝戦。相手は「どこかで苦手意識を持っている」と影山主将(営4)が語った京都橘大。秋季リーグでの龍大の全勝優勝を阻んだ相手でもある。第1セット目は木村(文3)のライトスパイクで先制。さらに猪野のブロックポイントなどで5連続ポイント。しかし中盤に度重なるミスで逆転を許し、このセットを逃す。王手をかけられた運命の第2セット目。スタートから京都橘の強打が龍大を苦しめる。相手の攻撃を粘り強く防ぐことに努めるが、裏をかいた攻撃で得点を重ねられていく。最後まで諦めることなく戦うも、あと一歩及ばなかった。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f10

【写真】強烈なスパイクを決める金本

 

試合後、監督から選手たちへの檄が飛んだ。この悔しさを全国の舞台でぶつけ、躍進する龍大バレーボール部の力を発揮してほしい。

 

〈影山主将のコメント〉

「今回の関西インカレは全日本インカレに向けて内容にこだわって臨んだ。しかし、相手に押されてしまい秋季リーグと同じような戦い方になってしまったことが課題。いつも自分たちは簡単なミスで失点していることが多いので、全日本インカレでは基本的なことを正確にしていかないといけない。」

 

(龍魂編集室 記事/松本侑香 写真/堅田彩香)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ