陸上競技部

【陸上競技部】 第95回関西学生陸上競技対校選手権大会の詳細

5月10日〜13日にかけて第95回関西学生陸上競技対校選手権大会が行われた。
昨年度2部から1部に昇格した龍谷大学が1部残留を目指して4日間を戦い抜いた。

競技結果

1部男子総合 7位

男子1部5000㍍
冨田(3) 6位 14’31″69
中川(4) 8位 14’38″48

男子1部三段跳
堀之内(3) 6位 15m23

男子1部走幅跳
八木(4) 5位 7m48

男子1部10000㍍
中川(4) 5位 30’25″26

男子1部10000㍍W
1位 森田靖 41:28.55
4位 吉田聡 42:31.69
6位 植田孝啓 43:02.73

男子1部3000㍍SC
8位 武村知浩 9:23.74

男子 1部 4×400㍍R
6位 道下(4)近藤(3)椎(2)清水(3)
3’12″23

龍大は優勝1種目、入賞7種目と活躍を見せ、無事1部残留を決めることができた。この先西日本インカレ、そして全日本インカレへと進んでいく龍大陸上部の活躍から目が離せない。

マイルリレー メンバー集合写真

【写真】4×400㍍Rで6位に入賞した龍大チーム

<道下選手コメント>
1年間目標にしていた全日本インカレの標準をきるということが達成できたのでよかった。でも、自分がちょっと足を引っ張ってしまった部分があるので、全日本インカレまでにはみんなのエースになれるようにしたい。リレーで全日本インカレの標準がきれたので、個人で全日本インカレの標準をきろうかなと思う。次の代で自分たちよりもいい順位でまた1部に残留してほしい。

<八木選手コメント>
怪我がありながらも1本目でとりあえずの結果が残せたのはよかった。悪かった点としてはちゃんと跳べなかったという所。全日本インカレの標準がまだきれていないので、全日本インカレの標準がきれるように頑張りたい。

<中川選手コメント>
4回生の意地というのを頭に置いて、とりあえず必死に走った。表彰台を狙っていたが、結局5番で終わってしまったのは反省点。1ヶ月後に全日本駅伝の予選会があるので、そこでしっかり30分をきって走ってチームに勢いをもたらせるように頑張っていきたい。

(龍魂編集室 記事/写真 藤原可琳)

龍魂編集室は現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ