龍魂編集室

【龍大から世界へ!壮行会で決意を語る!!】

 龍大から世界へ。柔道部の村井(法2)はユニバーシアード競技大会(柔道競技)に、バトン・チアSPIRITS の田畑(社4)、嶋村(社1)の2名はWTBFインターナショナルカップ(バトン)に出場する。世界大会に挑戦する選手達に向け、深草キャンパス中央ステージにおいて壮行会が行われた。また、先日チューリッヒで行われたWorld Jugendmusik Festivalのコンサート部門Topレベルにおいて見事グランプリを受賞した吹奏楽部、応援リーダー部、バトン・チアSPIRITSのメンバーも応援に駆けつけ、エールを送った。

壮行会写真
【(左から)村井、入澤学長、田畑、嶋村】

 多くの学生、職員が見守る中選手達は力強く大会への意気込みを語ってくれた。世界への思いを語る彼らの姿は自信に溢れ、堂々としたものであった。日本代表として、龍大代表として必ずや世界でその名を轟かせてくれることだろう。

壮行会写真2
【選手にエールを送る吹奏楽部、バトン・チアSPIRITS、応援リーダー部】

〈村井:コメント〉
「世界に出たいという気持ちはずっとあったが日本で1番になりたいという思いでやってきた。そんな時、今までの結果がついてきてユニバーシアードに選ばれた。とりあえずは日本一を目指して自分の柔道の技術を磨いてきた。世界で戦う実感はなかったが今日のこんな壮行会でしていただいて気持ちが引き締まった。これだけ応援してもらったからにはやはり結果を残して、あの時の村井勝ったんだと思ってもらえるように頑張りたい」

〈田畑:コメント〉
「高校生の時8人のチームで出場したことはあったが、個人での出場は初めて。個人でやる分自分のパフォーマンスに責任を持って納得のいくよう頑張りたい。世界大会は日本の大会とはまた全然違う。ミスの少ない演技を目指して練習してきたので本番でも自分の力を出し切りたい。体育館を優先的に使わせてもらったり、チームメイトには色々な面で協力してもらってきた。チームメイトやこの大会に出ることができたことに感謝して臨みたい」

〈嶋村:コメント〉
「中学3年生の時にも世界大会に出場したが、高校では出場することが出来なかった。2年に一回の大会なので、他の選手は2年分の思いだが自分は4年分の思いがある。このことはすごく貴重な経験で、成長に繋がると思う。高校生の時大会に出られない間は本当に苦しくて何度もバトンから離れようと思った。自分がここまで来られたのは周りの支えてくれる方、先生のおかげだと思う。世界大会では自分の納得のいく演技をしたい。結果にもこだわりたいが、一番は笑顔で日本に帰ってくること」

(龍魂編集室 写真/長谷川奏珠)

龍スポ149号 7月24日発行予定!!
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ