アメリカンフットボール部

【アメリカンフットボール部】1部リーグ初の勝ち越しへあと1勝

11月3日宝が池球技場にて、関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1第6節同志社戦が行われた。結果は25―7で龍大が勝利した。

 

これまでの試合を2勝3敗で終え、迎えた同志社戦。1部リーグ初の勝ち越しへ負けられない一戦となる龍大SEA HORSE。第1Q、試合の流れを掴む前に、同志社に先制のTDをされてしまう。同志社ペースで試合は進むかと思ったが、DL葛原(法2)のタックルなど調子のいいDFから流れを引き戻していく。第2Qも勢いそのままで開始早々にQB上田(経済3)のパスからTDを奪い、同点にする。その後の龍大は相手の自殺点を奪うなど守備からペースを作っていき、上田、RB藤本(法4)のランでヤードを稼ぎ、最後はRB井上(経済4)がTDを決めて前半を15‐7で終える。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f12

【写真】ランプレーを選択した上田

 

後半に入っても龍大の勢いは衰えない。RB手塚(経営3)が敵陣深くまでリターンし、FGで3得点を加える。しかしその後の試合展開は、両者共に一進一退の攻防が繰り広げられ、決定的な得点シーンを作ることはできない。そんな中で後半終了間際、相手QBのパスを荒木(経営3)がインターセプトし、そのままTDを決め25―7として試合終了。

3勝3敗とはしたものの今回の試合ではOF・DFともに多くの課題を残す結果となった。次の最終節の神戸大戦は勝ち越しへの運命の1戦となる。その為にも今回生まれた課題を克服して、見事勝利を収めてもらいたい。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f13

【写真】大幅にヤードを稼ぐ中塚(法4)

 

〈村田ヘッドコーチのコメント〉

「1対1の質は今回が一番悪かった。OF・DF共によくなかった。勝ったことだけがこの試合の収穫ですね」

 

〈上田選手のコメント〉

「 (前後半)ゲームプラン通りにはまったく進んでなくて、ただ初めにTDPを決められたのは良かったが、チームが悪い状況の時に誰も替えれなかったのでそこは反省点」

(龍魂編集室 記事/写真 上村 輝/上村 倫太郎)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ