吹奏楽部

第48回関西アンサンブルコンテストにて金賞を受賞

2022年2月11日(金・祝)、奈良県橿原市橿原文化会館にて第48回関西アンサンブルコンテスト(関西吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が開催されました。
龍谷大学吹奏楽部からは大学の部に京都府代表としてクラリネット五重奏が出場し、見事金賞を受賞しました。

クラリネット4重奏

演奏曲:「十二色相環十二色相環~衝突、拡散、交錯する5人のクラリネット奏者のための」/ 石川健人
出演メンバー:
 植西七海(農学部資源生物科学科 3回生 B♭clarinet)
 村松寧音(国際学部国際文化学科 2回生 B♭clarinet)
 菊山幸一(先端理工学部知能情報メディア課程 1回生 B♭clarinet)
 高橋尚也(社会学部コミュニティマネジメント学科 1回生E♭clarinet)
 戸塚太晴(経営学部経営学科1回生 Bassclarinet)

クラリネット4重奏2

本番前日には、応援の意を込めて部員全員で「応援動画」を撮影し5人にエールを送りました。新型コロナウィルスの影響により十分な練習時間を確保できない中望んだ本番となりましたが、本番ではそのような状況を微塵も感じさせない堂々とした素晴らしい演奏を披露しました。
「新型コロナウイルスの感染が拡大している中でのコンテストへの出場は、周りの方々のお力添え無しではできなかったため関わってくださった方々に本当に感謝しています。京都府大会が終わってからは、新型コロナウィルスの影響により度々部活動が停止になったりと、思うように練習時間が取れない1ヶ月間でした。メンバーは『十二色相環』という曲名がぴったりなほど個性豊かで、最初にメンバーを知らされた時は、まとめることができるか不安がありましたが、気付けば年下であることを忘れるほど仲良くなっていました。兄弟と一緒にいるような安心感があり、メンバーの積極性と和やかな空気感には何度も助けられました。『もっと曲を極めたい』『 もっとこのメンバーと一緒にいたい』という気持ちが大きいですが、もっと成長して次の大会に挑むために自身を省みて技術面、メンタル共に強くなります。これからもどうか龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。」

ページの先頭へ

ページの先頭へ