吹奏楽部

第69回全日本吹奏楽コンクールにて12回目の金賞を受賞

第69回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の大学の部が10月30日、香川県のレグザムホールで開催され、龍谷大学吹奏楽部は2019年度(2020年度は開催中止)に続く12回目の金賞に輝きました。
約180 名の部員からメンバーに選出された55名が演奏し、圧倒的なスケールと高度な音楽表現により奏でられた演奏は、会場全体を包み込み、金賞を受賞することができました。

コロナ禍で十分な練習時間を確保することができなかったにも関わらず、本番ではその不安を一切感じさせない、聴衆を心を震わせる圧巻の演奏でした。
演奏曲

課題曲Ⅴ「吹奏楽のための「幻想曲-アルノルト・シェーンベルク讃」

自由曲 「ブリュセル・レクイエム」

 

 

以下は吹奏楽部、東 みどり幹事長(4回生)の喜びのコメントです。(11月4日追記)


練習では、感染症対策のため各部屋の制限人数があり、また練習時間も1日3時間までと限られていたため、パート練習、セクション練習などを組むことがとても大変で、2年前のような練習が出来ず部員全員が悩む日々が続きました。1人も欠けることなく本番を迎えることができ、とても安心しました。

本番当日を迎え、部員に対して
「出場メンバー外の130人の部員の協力のおかげで練習環境があったこと、応援してくれていることへの感謝を忘れずに、その思いも込めて演奏すること」、2年前と同じ自由曲を演奏することから、不安やプレッシャーを感じていた部員が多かったため、「まずは本番を楽しむこと。いつも通りやろう。」ということを伝えました。

本番では、2年ぶりのコンクールということもあり、龍谷大学で初めてコンクールに出場する部員も多く、いつも以上に緊張感がありました。
自由曲のブリュッセル・レクイエムの後半は、これまで演奏した中で最速である「♩=206」までテンポが上がり、これまでの練習以上に集中量が増し、本番にしか出ないアドレナリンが部員全員に出ていたように感じました。

結果はインターネットで公表でしたので、バスの中で結果を知ることとなりました。
今年は不安ばかりで結果も全く予想がつきませんでしたが、目標である金賞を受賞することができ、最後まで自分たちの音楽を追求し、諦めずに取り組んだことが結果に結びつきました。

定期演奏会まで残り2ヶ月をきり、今年の集大成を有終の美で飾るために、コンクールとは違い、部員全員181名で1曲1曲を大切に練習していきたいと思います。定期演奏会では、今年関わってくださった方々はもちろんのこと、全ての皆様に感謝をお伝え出来るような演奏が出来るよう、部員一同、精一杯練習に取り組んでまいります。

今後とも龍谷大学吹奏楽部の応援をよろしくお願いいたします。


 

吹奏楽部の公式HP、SNS等でぜひいままでの道のりもご覧ください。
【公式HP】http://ryukoku-windmusic.com/
【Twitter】https://twitter.com/ryu_windmusic

また、年末には吹奏楽部の演奏が聴ける定期演奏会もあります。詳細はこちらからご確認ください。
第48回定期演奏会
【日程】2021年12月25日(土)
【客演】外囿祥一郎(ユーフォニアム奏者)
【開演】17:30開演(16:30開場)
【会場】ザ・シンフォニーホール
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

c0ce3c8525cecbb276c4f3adf1d053030d9ecfcf0973b19b843bad276dd1b7ce1bf88767633ec65939cbff7df51aeec74ec5717b900ef941f0be4428a33f1452

ページの先頭へ

ページの先頭へ