吹奏楽部

第69回 関西吹奏楽コンクールにて金賞受賞、3年ぶりの全国大会出場

8月18日(日)、守山市民ホールにて第69回 関西吹奏楽コンクールが開催されました。

龍谷大学吹奏楽部は 課題曲Ⅴ 日景貴文作曲「ビスマス・サイケデリアⅠ」、自由曲 ベルト・アッペルモンド作曲「ブリュッセル・レクイエム」を演奏し、 3年ぶりに全国大会の推薦団体に選ばれました。

image1 (1)

2016年より関西エリアの参加大学の減少を受け、関西支部から代表の座も1枠減り、全国に駒を進められるのはたった1団体となりました。更なる激戦区と化した関西大会において、一昨年、昨年は代表を逃す結果となっていました。
「全国大会の場を経験したことがある学年は現役生の中でもう4回生だけ。まだ自分たちが居る今年こそ絶対に全国大会へ行く。」と4回生を筆頭に決意を固め、練習に励みました。

しかし京都府大会後、発表された関西大会大学の部のプログラムで当部の出番は朝一番。
出演団体全ての基準になり、更に時間が経つごとに印象が薄れていくことから、決して良い順番とは言えませんでした。その不利な状況を打開するべく、「出来ることは全てやろう」と まず練習時間を毎日9時開始に変更し、ラジオ体操やグループ基礎を行うことによって、朝10時に最高のコンディションになるような身体づくり・音づくりを始めました。また、演奏において大事なイメージ作りも欠かさず行いました。特に自由曲の「ブリュッセル・レクイエム」は名の通り鎮魂歌の意味を込めた曲です。2016年3月22日に発生したベルギー ブリュッセル連続テロ事件を元に作曲されました。実際に放送されたニュースを見たり、自分の音が当時の何を表しているのか個人やパート単位で深く考察することによって、全員で一つのイメージを作り上げました。

image1

本番は、コンクールメンバーに限らず、部員全員の全ての力をかけた演奏だったと思います。練習時間を朝に合わせたおかげか、いつも通りの演奏ができ、演奏後の集合写真には 解放感に溢れる部員の明るい表情が写りました。

緊張の結果発表では部員がホールの前列に固まり、隣の人と手を取りながら、あるいは仲間からもらったお守りを握りしめながら発表の瞬間を待ちました。いよいよ代表発表の時、静まり返ったホールの中で「プログラム一番」と響いたあの瞬間を私たちは忘れません。今回は2人の部員にその時の感想をインタビューしました。

「間違いなく大学人生の中で最高の瞬間でしたね。興奮で自分でも驚くぐらい手が震えたのを覚えています。新体制になってから、過去の上手な先輩方にどうすれば追いつけるかずっと考えていました。基礎練習はもちろんのこと、《絶対全国金賞》と打楽器パート全員に意識付けたことが良かったのかな、と思います。今年は特に難しい選曲だったので、本当に演奏出来るのかと不安にもなりましたが、色々なアイディアを取り入れた練習にもみんな付いてきてくれました。この8ヶ月の苦労が、報われた気分です。全国大会が着々と迫っているので、過去の喜びに縋らず、前を向いて頑張ります。」(打楽器パートリーダー:宇江原駿(社会学部 コミュニティマネジメント学科 4回生))

「この日を迎えるまでに様々な壁にぶち当たり、プレッシャーとの闘いの毎日でした。しかし、当日はチューニングのときからプログラム1番と感じさせない熱意を感じました。本番も過去最高のクオリティで、ミスはあってもみんな心から楽しめたと思います。全国大会へ出場できたのは、日頃より支えてくださるOB・OGの方々、保護者、そしてご指導いただいている若林監督をはじめとした多くの講師の方々のおかげです。本当にありがとうございました。これから全国に向けて自分たちらしい演奏を披露できるよう精進して参ります。」(幹事長:上野右京(経済学部 国際経済学科 4回生))

第67回全日本吹奏楽コンクールは10月26日(土)青森市文化会館にて行われます。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。

image5

image2

image6

ページの先頭へ

ページの先頭へ