吹奏楽部

第42回全日本アンサンブルコンテストにて金賞を受賞

3月21日(木)、北海道・札幌コンサートホール Kitaraにて、第42回全日本アンサンブルコンテストが開催、龍谷大学吹奏楽部からはクラリネット四重奏が関西代表として大会に出場し、金賞受賞いたしましました。本受賞により、2011年8大会連続出場、連続5回目・通算7回目となる金賞受賞です。

image2-1

演奏曲:『プレリュードとファンク』/G.コネソン
出演メンバー:
東 寿美佳(経済学部 現代経済学科 3回生 B♭clarinet)
阪尾 優治(社会学部 社会学科 3回生 B♭clarinet)
竹内 まどか(文学部 歴史学科 日本史学専攻 2回生 A clarinet)
村上 凜(社会学部 現代福祉学科 2回生 Bassclarinet)

龍谷大学吹奏楽部は大学の部9団体目(12:43)の出演。大学の部11団体のうち龍谷大学含む9団体が木管編成というなかの出演でした。
今回、京都予選から勝ち上がってきた出演メンバーは昨年金賞を受賞したメンバーと同じメンバーであり、昨年と同様の「金賞」を受賞することが当然とみられる大きなプレッシャーを持って、今大会に臨みました。
開催地が北海道という遠方でもあり、前日から現地に入り、宗門校の一つである札幌龍谷学園高等学校の施設を借用し、前日と本番直前に練習。万全の態勢で臨んだ本番で見事金賞を受賞することが出来ました。

今回の第42回全日本アンサンブルコンテストには、中学生から社会人までの計88団体が出場しました。
大学の部のプログラム、結果は下記のとおりです。

1 静岡大学吹奏楽団    クラリネット四重奏 銅賞
2 香川大学吹奏楽団    サックス四重奏   銅賞
3 東海大学吹奏楽研究会  木管八重奏     金賞
4 富山大学吹奏楽団    打楽器五重奏    金賞
5 神奈川大学吹奏楽部   木管三重奏     銀賞
6 山梨大学吹奏楽団    サックス八重奏   銀賞
7 福岡工業大学吹奏楽団  クラリネット四重奏 金賞
8 北海道教育大学函館校  クラリネット四重奏 銀賞
9 龍谷大学吹奏楽部    クラリネット四重奏 金賞
10 広島大学吹奏楽団    木管三重奏     銀賞
11 山形大学吹奏楽団    金管八重奏     銀賞

【演奏メンバーのコメント】
東寿美佳 : 今回の選曲にあたり、昨年と同じメンバーであったからこそ、新たな挑戦の要素がある曲に臨みました。
一人一人が苦手と向き合いながら作り上げるという茨の道に進み、練習に取り組んだ約3ヶ月間は個人の闘いでもあったように感じます。それぞれの努力を集結させ、本番では昨年より高い精度で卓越したパフォーマンスを全国の皆様に披露できたのではないかと感じております。
ご指導くださいました先生方、応援してくださった方々のサポートがあってこそ、連続金賞という記録更新が叶いました。今回の結果に慢心せず、今後のさらなる躍進へ繋がるよう精進して参ります。

阪尾優治 : 今年度のアンサンブルコンテストにおきまして、5年連続の金賞を受賞する事ができました。今回出場したのは4人とも昨年と同じメンバーでした。1年間でそれぞれが成長し、昨年はプレッシャーと緊張で押し潰されそうな中で本番に臨みましたが、今年は昨年よりも心にゆとりを持って本番に臨む事ができ、アンサンブルとしてもよりレベルアップした演奏ができたのではないかと思っております。今回演奏させて頂いた「プレリュードとファンク」という曲は、フランスのトップアンサンブルチームのために委嘱された作品で、現代的でありながらノリの良い素晴らしい曲です。メンバー4人の苦手分野が集約されたこの曲にチャレンジできたことで、1人1人がさらに成長できたのではないかと思っております。
今回5年連続金賞を受賞致しましたが、この先10年、20年途切れず賞を受賞させて頂けるように後輩達へバトンを繋げていきたいと思っております。応援してくださった方々、ご指導賜りました講師の先生方、本当にありがとうございました。

竹内まどか : 色んなプレッシャーなどはありましたが、周りの仲間や先生方の励ましのおかげで、いつも通り楽しく演奏することができました。この経験をこれからの活動に役立てられるよう、一層精進していきたいと思います。

村上凜 : 今年も素敵な賞をいただくことができ、大変嬉しく思います。4人という人数で音楽を完成させる難しさや、5年連続金賞がかかった大会というプレッシャーもありましたが、沢山の方からの応援とサポート、そして1番はいつも導き背中を押して下さったメンバーの方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

image1

応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。今後とも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ