吹奏楽部

第67回全日本吹奏楽コンクール大学の部にて金賞を受賞

10月26日(土)、リンクステーションホール青森にて 第67回全日本吹奏楽コンクール大学の部が開催され、龍谷大学吹奏楽部は関西地区の代表として出場し、課題曲Ⅴ日景貴文作曲「ビスマス・サイケデリアⅠ」、自由曲 ベルト・アッペルモンド作曲「ブリュッセル・レクイエム」を演奏、金賞を受賞いたしました。

image5 (1)

関西大会を通過後、コンクールの練習を再始動したのは10月初旬から。授業期間のため練習開始に間に合わない学生も多く、全員が揃って合奏をできる機会はとても少ないものでした。その中で必然と全員が「今できる最大のこと」は何かを考え、日々着々と練習を進めました。

特に今回力を入れたのはなんと言っても課題曲です。全国大会 大学の部に出場する全13団体中、7大学が「ビスマス・サイケデリアⅠ」を選択していました。この曲は、ビスマスという虹色に輝く鉱石をモチーフに表現されたもので解釈の仕方も様々、かなり難易度の高い曲でした。「課題曲で全てが決まる」と、それぞれの楽器が一番効率よく聴こえるセッティングや場面ごとに一番適した表現を、出発直前まで試行錯誤しながら探し続けました。

メンバーは24日(木)に新幹線での8時間の移動時間を経て秋田県大館市のほくしか鹿鳴ホールに着きました。25日(金)から1日半かけて最終調整をした後、26日(土)の本番2時間前にリンクステーション青森へ到着。行きのバスの中でも全員でディクテーションを行い、気合い十分です。

image0

image1 (1)

本番直前、壁一枚を隔てた舞台裏では一つ前の団体の演奏が繰り広げられる中、緊張するお互いを励ましあうメンバーの姿がありました。楽譜ファイルの中や着ている青いブレザーのポケットには、忙しい合間を縫って作ってくれた応援メンバーからの心を込めた差し入れが。55人の出演メンバーは部員全員の想いを背負って舞台に立ちました。

プログラムの開始を告げるアナウンスが流れ、ついに龍谷大学吹奏楽部の演奏が始まりました。張り詰めた空気の中、コンクールメンバーの目に映ったのは客席や舞台袖で見守る人たちです。もちろんその中には講師の方々や陰でずっと支えてくれていた応援メンバー、全国出場を喜んでくださった卒業生の姿が。与えられた長いようで短い約12分間の演奏には、私たちが練習に費やした5ヶ月間全ての想いが詰まっていました。

「過去2年間連続で全国大会出場が叶わなかったこともあり、全員が今年逃すともう後がないという危機感を持って臨んだコンクールでした。選曲も龍谷大学があまり手を出さなかった現代曲だったため、始めは練習方法も分からずみんな戸惑いが大きかったと思います。しかし、監督・コーチ・学生指揮がしっかりと道を示してくれたので、僕たちは迷わずがむしゃらに突き進むことができました。そして練習が進むうちに、次第にメンバーにも変化が表れて1人1人から意見が湧き出てくるようになりました。『曲をもっと良くしたい』という全員の音楽へ対する貪欲な気持ちが一体となり、本番の演奏に繋がったと感じています。」
(社会学部 社会学科 4回生 クラリネットパート 阪尾優治)

客席で演奏を聴いていた応援メンバーの1人はこのようにコメントを残しました。
「会場の空気を操っているかのような、迫力のある音が今でも耳に残っています。お客さんも息をすることを忘れるほどでした。龍谷大学吹奏楽部の一員としてこの日を迎えれたことが、大きな財産であると感じる素晴らしい演奏でした。学生生活最後のコンクールの舞台に乗れない事が決まった時の感情は今でも鮮明に覚えています。自分たちが主体の代でメンバーになれなかった悔しさは計り知れないほどに大きく、不甲斐なさを痛感しました。夏の期間、苦しくも楽しんで音楽に没頭しているメンバーが羨ましかったです。ですが、写真撮影の際にみんなの顔を見たら自分の悩んでいたことがスッと消えたかのように、涙が溢れ出てきました。心の底からメンバーを尊敬しています。恥ずかしくて直接言えませんが『全国大会という大舞台に連れてきてくれてありがとう!音楽に没頭してる姿を見せてくれてありがとう!龍吹最高!』と伝えたいですね!」
(社会学部 コミュニティマネジメント学科 4回生 トロンボーンパート 森陽菜乃)

曲が終わった余韻を待たずして、会場にはブラボーと叫ぶ声と割れんばかりの拍手が響き渡りました。今までの緊張や苦悩から解き放たれたメンバーは最高の笑顔で写真撮影を行い、現地まで駆けつけたメンバーの家族や卒業生はその様子を涙ぐみながら、嬉しそうに囲む光景が広がっていました。

image4 (1)

image3 (1)

image2 (1)

演奏が終わり ほっとしたのも束の間、結果発表が始まります。全日本吹奏楽コンクールに出場した全団体へ贈られる指揮者賞表彰の際には、自分の団体の指揮者にコールをするのが恒例となっています。当部も例に漏れず、音楽監督である若林義人の番に客席から部員全員で「義人最高!」と感謝の意を叫びました。いよいよ団体の結果発表です。当部の順番はプログラム11番、他の団体の発表を待つ間はとても、とても長く感じました。固唾を飲み静かに祈る私たちの耳に聴こえてきたのは「ゴールド金賞」。私たちが2年間ずっと焦がれ、待ち望んだ言葉を青森の地で聴くことができました。

image7 (1)

「まさか自分の最後の年に全国大会オールA金賞を受賞するなんて夢にも思いませんでした。関係者の方々にはとても感謝しております。環境にも恵まれて、本当に充実したコンクール期間でした。大学やみんな、自分のために、持っている力を最大限発揮し、貢献できたのではないかと思います。
結果に慢心することなく、今後ともしっかりと充実した活動を続けていきたいと思います。」
(理工学部 物質化学科 4回生 学生指揮 田中星治郎)

龍谷大学吹奏楽部の全日本吹奏楽コンクールへの出場は、1986年以来21回目となりました。今回代表を奪還したことで、来年 関西地区は更なる激戦区へと化すことが予想されます。全国大会の常連校と名を馳せることができることを目指し、精一杯突き進んでいきたいと思います。

まだまだ未熟な私たちではありますが、これからも当部へのご声援よろしくお願いいたします。

image6 (1)

ページの先頭へ

ページの先頭へ