吹奏楽部

大学ジョイントコンサート2019 奈良公演に出演しました

3月2日(土)、奈良県文化会館にて大学ジョイントコンサート2019 奈良公演に出演いたしました。

今回の大学ジョイントコンサートは、大阪工業大学文化会ウインドアンサンブル・関西大学応援団吹奏楽部・関西学院大学総部吹奏楽部・京都橘大学吹奏楽部・近畿大学吹奏楽部・明星大学学友会吹奏楽団、そして龍谷大学吹奏楽部と去年よりも2団体多い7団体と一般参加の大学生が加わった総勢500名を超える出演者による大ジョイントコンサートとなりました。

image3

コンサートではそれぞれの大学が単独演奏を行った後、学年ごとに合同で演奏いたしました。

冒頭を飾ったのは、大阪工業大学文化会ウインドアンサンブルです。高木宏之先生の指揮のもと、「バラの謝肉祭」「糸」「歌劇トスカ」の3曲を演奏されました。次に、京都橘大学吹奏楽部が「交響曲第3番」を山本一宏先生の指揮で演奏されました。
以降、関西大学応援団吹奏楽部、関西学院大学応援団総部吹奏楽部、明星大学学友会吹奏楽団、近畿大学吹奏楽部、龍谷大学吹奏楽部と続けて演奏しました。

【演奏会プログラム】
<大阪工業大学ステージ 高木宏之指揮>
序曲「バラの謝肉祭」 作曲:J. オリヴァドーティ
糸 作曲:中島 みゆき 編曲:鈴木 英史
歌劇「トスカ」より 作曲:G. プッチーニ 編曲:宍倉 晃

<京都橘大学ステージ 山本一宏指揮>
交響曲第3番 作曲:J. バーンズ

<関西大学ステージ 伊勢敏之指揮>
A Weekend in New York 作曲:P. スパーク
Bohemian Rhapsody 作曲:F. マーキュリー 編曲 : 森田 一浩
Some Skunk Funk 作曲:R. ブレッカー 編曲 : 天野 正道

<関西学院大学ステージ 近藤久敦指揮>
幻想曲ト長調 作曲:J. S. バッハ 編曲:E. F. ゴールドマン
狂詩曲「ジェリコ」 作曲:M. グールド
アンパリト・ロカ 作曲:J. テキシドール 編曲:A. ウィンター

<明星大学ステージ 玉寄勝治指揮>
エル・カミーノ・レアル 作曲:A. リード
陽はまた昇る 作曲:P. スパーク
SOUSA’S HOLIDAY 星条旗よ永遠なれ 作曲:J.P. スーザ 編曲:真島 俊夫

<近畿大学ステージ 森下治郎指揮>
春の猟犬 作曲:A.リード
ホラー小組曲 作曲:T.ドス
交響組曲「遥かなる大地へ」 作曲:J.ウィリアムズ 編曲:P.ラベンダー

<龍谷大学ステージ 若林義人指揮>
ハーレクイン 作曲:P. スパーク
ルイ・ブルジョアの讃美歌による変奏曲 作曲:C.T. スミス

<合同ステージ>
交響詩「フィンランディア」作品26の7 J.シベリウス
歌劇「ローエングリン」より R.ワーグナー
歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」 G.ヴェルディ

龍谷大学吹奏楽部は、単独ステージの最後であるトリを務めました。当部音楽監督の若林義人の指揮のもと「ハーレクイン」「ルイブルジョアの讃美歌による変奏曲」を演奏いたしました。
1曲目の「ハーレクイン」では、ゲストであるユーフォニアム奏者の外囿祥一郎さんの華麗な指さばきと美しい音色をご堪能いただきました。2曲目に演奏した、「ルイブルジョアの讃美歌による変奏曲」では、題名の通り、礼拝の際に唄われる賛歌をモチーフにした変奏曲で、曲名からは穏やかな曲と想像してしまいますが金管楽器はハイトーン、木管楽器も高速なパッセージと全セクションに高い技術が必要とされる超難曲なので苦労した部分も多くありましたが本番まで一生懸命取り組むことができました。各パートのソロに加え、華やかなファンファーレにコラールと、様々な音色をお楽しみいただけたと思います。

image1

image9

image8

image7

今回の大学ジョイントコンサートでは、東京から明星大学をゲストとして招聘し、普段は揃って聴くことができない7大学のそれぞれ全く違ったテイストのサウンドをお楽しみいただけたのではないでしょうか。

単独演奏の後は、学年別の合同ステージが行われました。
最初に1回生が、「交響詩『フィンランディア』作品26の7」(指揮:若林義人)を演奏。劇的な導入から始まり苦悩に満ちた旋律、輝かしいファンファーレ、中間部の賛美歌からクライマックスと様々な場面をお楽しみいただけたのではないでしょうか。
次に、「歌劇『ローエングリン』より」(指揮:近藤久敦)を2回生が演奏いたしました。本曲は指揮者の近藤氏自らが編曲したもので、第一幕冒頭、第二幕(『エルザの大聖堂への行列』)中盤、そして第二幕フィナーレより構成されています。冒頭とフィナーレに華やかなファンファーレがありそれらに挟まれる形で、中盤には有名な『エルザの大聖堂への行列』の旋律をフルートやオーボエ、クラリネットなどによる美しいメロディーでご堪能いただけたのではないでしょうか。
そして最後に3回生による「歌劇『アイーダ』より『凱旋行進曲』」を演奏。金管バンドによる両サイドのバンダ隊も含めたファンファーレが会場に響き渡り、ジョイントコンサートに相応しい盛り上がりでプログラムを終えました。
そしてアンコールには、再び外囿祥一郎さんにご登場いただき、「ダニーボーイ」を共演。その後、2度目のアンコールにお答えし、「宝島」を演奏して大盛況のうちに終演しました。

image5

image4

今回の大学ジョイントコンサートでは過去最多の7大学、約500人の方々と演奏することができました。学校、学年ごとにそれぞれの良い部分を見つけられた演奏会になったと思います。

また、演奏会を通して、事前に合同練習会と懇親会を行うなど他大学の方々と交流し、仲を深めることができました。
龍谷大学吹奏楽部も本イベントを通して演奏技術だけでなく立ち振る舞いなど、他大学から多くの面で学ばさせていただきました。

本年の龍谷大学吹奏楽部の活動はまだ始まったばかりです。これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ