吹奏楽部

ワートバーグ大学ウインドアンサンブルと龍谷大学吹奏楽部の合同演奏会を開催

5月19日(日)、京都アバンティ9F 龍谷大学響都ホール校友会館にて、ワートバーグ大学ウインドアンサンブルと龍谷大学吹奏楽部の合同演奏会を開催しました。

ワートバーグ大学は、アメリカ中西部に位置するアイオワ州、ウェーベリー市にある私立大学です。大学には50を超える専攻学科があり、音楽学部では、演奏、音楽教育、音楽療法、教会音楽を専攻するプログラムと、17の声楽、器楽アンサンブルがあります。

そして、ワートバーグ大学ウインドアンサンブルは、学内オーディションで選考された53名のメンバーで構成されています。1893年に創設され、これまでに、ニューヨーク、ロンドン、ミュンヘン、プラハ、東京、北京等の世界各国で演奏をされています。日本演奏旅行は、2007年、2013年に続き、今回で3度目となりました。

967D42EE-0D9E-42C7-946E-FEEF89C85FD8

ワートバーグ大学は5月17日(金)に京都に入り、演奏会前日の5月18日(土)にはリハーサルを実施。リハーサル後には、両大学の交流を兼ね、13のグループに分かれて京都観光を行いました。龍谷大学吹奏楽部の部員たちは班ごとに、どのようにすればアメリカの学生に喜んでもらえるかを考え、スケジュールを組みましたが、ワートバーグ大学の学生たちに会うまでは、英語が話せるのか、上手くコミュニケーションがとれるのかと心配し、不安を口にする部員も多くいました。しかし、リハーサルで共に演奏をし、観光に移るとその不安は自然と消えたようで、ジェスチャーを交えながら、笑顔で楽しく過ごしていました。「音楽に国境はない」という言葉の意味を、身に染みて感じた瞬間となりました。

CF2979FE-C293-4AB6-9A2B-B85F477763A4

FE8836E7-7A83-43B3-974B-8883EB30AC84

さて、5月19日(日)演奏会当日。本演奏会では、ワートバーグ大学ウインドアンサンブルと龍谷大学吹奏楽部がそれぞれ単独演奏を行った後、合同演奏を行いました。

龍谷大学吹奏楽部の単独ステージでは、まず初めに「高度な技術への指標」を演奏。この曲は、1974年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲で、コンクール課題曲として初めてドラムセットが編成の中に入った曲です。その堅い題名とは裏腹に、ポップス、ジャズ、サンバなどの様々なスタイルが取り入れられたこの作品を、龍谷大学吹奏楽部の十八番として、華やかに演奏しました。2曲目の「クラリネットキャンディ」では、龍谷大学吹奏楽部とワートバーグ大学のクラリネット奏者全員の、迫力のあるサウンドをお楽しみいただけたのではないでしょうか。最後に演奏いたしました曲は、「ボレロ・イン・ポップス」です。各楽器のソロが目白押しの一曲で、吹奏楽の様々な音色をご堪能いただきました。

C8EC344B-0260-45B2-80EE-0DC5C1BCCD47

ワートバーグ大学ウインドアンサンブルの単独ステージでは、日本の民謡4曲をアレンジした「Festal Ballade for Band」、ワートバーグ大学のクラリネットコーチのソロによる「Concerto for Clarinet and Wind Ensemble」を演奏されました。そして、「Sleep」、「Slava!」の計4曲を演奏され、会場は大いに盛り上がりました。

0DC56160-D59D-463C-BE99-C7FB161CD3AF

演奏会最後のステージは、待ちに待った合同ステージです。合同ステージでは、「海の男たちの歌」、「over the rainbow」、「上を向いて歩こう」、「ディープパープルメドレー」など、日本の曲も交えた、アメリカ×日本にぴったりのプログラムをお送りしました。
1曲目に演奏した曲は、「海の男たちの歌」です。曲の前半では、大海原へ突き進んでいく船乗りたちの豪放磊落な雰囲気がスピーディなメロディで表現され、中間部では激しい海原が一転、夜の海の静かな雰囲気に変わります。静寂の中、ユーフォニアムがメロディを奏で、フレーズはオーボエへと受け渡されます。2楽章の静寂が終わると、一息おいて始まるホルンパートのソリ。盛大で華々しい出航のファンファーレが鳴り響きました。
2曲目は「over the rainbow」です。この曲は、1939年に公開されたミュージカル映画『オズの魔法使』の挿入歌です。吹奏楽ならではの柔らかく美しいハーモニーをたっぷりとご堪能いただきました。
続いての「上を向いて歩こう」は日本で大ヒットした曲として知られていますが、日本でのヒット後、アメリカなど多くの国のアーティストたちによってカバーされ、日本の曲として唯一 ビルボードNo.1に輝いた作品です。世界でもっとも親しまれている日本の歌の一つといえるこの曲を、豪華な合同演奏にて披露しました。
合同ステージの最後に演奏したのは「ディープパープルメドレー」です。トランペットの華やかなサウンドで曲がスタートし、メロディはサックスやホルンに受け継がれていきます。各パートに見せ場のある、大迫力の演奏をお楽しみいただきました。

アンコールには、ピッコロの可愛いソリが見どころの「星条旗よ永遠なれ」を演奏。そして、最後には出演者全員で、ワートバーグ大学ウインドアンサンブルの定番曲である「The Lord bless you and keep you」を合唱しました。
5月、アメリカは卒業シーズンを迎えます。4年生のメンバーも、帰国後すぐに卒業式を控えています。実は、今回の演奏会が彼らにとっての最後のステージでした。演奏後、会場はスタンディングオーベーションに包まれ、舞台上では、最後の演奏を終えた仲間たちへの想いが溢れ、涙を浮かべる人も多くいました。そして、笑顔と涙に包まれた、素晴らしい演奏会が幕を閉じました。

3DE1F7A3-F403-4AA4-9D19-157AF36EEC50

C6D1CB5B-B9CA-497C-93ED-C4D613039BD2

8A6ED20C-99C7-4DD1-A217-D926C1405693

リハーサルを含め3日間、ワートバーグ大学の学生たちと過ごし、初めは緊張で顔がこわばっていた部員も演奏会後には笑顔を見せ、楽しく交流していました。「音楽の力」を ひしひしと感じた今回の演奏会では、他国の同年代の学生と共演することで、部員は多く刺激を受けました。この経験を生かし、これからの活動をより良いものにできるよう努めてまいります。

これからも龍谷大学吹奏楽部のご声援をよろしくお願いいたします。

龍谷大学 2019年度 入学式 にて演奏しました

4月1日(月)、4月2日(火)に龍谷大学の深草キャンパス、瀬田キャンパスにて2019年度入学式が執り行われました。

resized_03

龍谷大学吹奏楽部は毎年、開式を告げるファンファーレや龍谷大学学歌、退場BGMなどを担当しています。
また、深草キャンパスの式典後の歓迎アトラクションでは応援リーダー部の応援の後、龍谷大学バトン・チアSPIRITSと定番のコラボ曲である「ブラジル」で共演。瀬田キャンパスでの歓迎アトラクションではよさこいサークル華舞龍の迫力ある演舞に歓声を送り、会場を大いに盛り上げることが出来ました。不安と期待が入り混じり、どこか張り詰めた雰囲気だった新入生たち。いつしか緊張が解け、会場全体が明るい雰囲気に包まれました。

resized_02

resized_04

resized_01

NHK連続テレビ小説「まんぷく」の主題歌である「あなたとトゥラッタッタ♪」や「銀河鉄道999」など計4曲の退場BGMの中で、部員がひときわ心を込めて演奏したのは「さくらのうた」です。蕾が出て、満開になり散っていくという物語性のある曲で、入学式での新たな世界での門出やいずれ訪れる仲間たちとの別れのイメージに合うことから選曲されました。当部も2012年度の全日本吹奏楽コンクールで課題曲に選び演奏しました。この曲は、美しく親しみやすいメロディが印象的で、現在でも演奏会で多くとりあげられています。しかしその人気とは裏腹に、ごまかしが効かずバンドの基礎力が大きく問われる曲であるため、当時のコンクールでは演奏する団体が少なかった珍しい1曲でもあります。現役部員にとって今回、そのような難曲に挑戦したことは、基礎力はもちろんのこと、基礎練習だけでは培うことの出来ない表現力を養う良い経験となりました。学生指揮はこのようにコメントしています。

「新入生の皆さんの新たな生活の幕開けとなる、この入学式の演奏を任せていただけたことを大変嬉しく思います。
今回、私にとって大きな舞台での指揮ということで、指揮の初心者の私には大変難しく感じましたが、自分自身やメンバーにとって大きな成長となる本番となりました。初めて当部の演奏を聴く新入生の皆さんが、晴れやかな入学生活を思い描くことの出来るような、華々しい演奏をお届け出来ていたら嬉しいです。
また、今回の演奏で吹奏楽に興味を持っていただける新入生の方がいらっしゃったら、ぜひ部活動の拠点である青朋館や、これからの演奏会に足を運んでみてほしいです。」
(学生指揮:大月凌太(社会学部 社会学科 3回生))

式典の合間には、毎年恒例の学内パレードに参加しました。
深草キャンパスでのパレードは雨天中止でしたが、瀬田キャンパスでは無事開催となり、本部パレードでは恒例の「宝島」に加えて「カーニバルのマーチ」や、部員が考案した曲間のドラムマーチを披露。気温が低く寒い中、パレードを見るために非常に多くの方が立ち止まってくださいました。

パレードで新たな持ち曲を増やしたことや、式典での難易度の高い選曲など、今回は特に新しいことに果敢に挑む姿勢が部員に見られました。今年度から生徒が主体になり基礎合奏の回数増やしたことや新たなトレーニングへの取り組みなど、その姿勢は日々の練習にも表れています。そこで今年度の部活動のあり方について、今回は本部幹事長である上野にインタビューしました。

resized_06

resized_05

「頼もしい先輩方が引退されて1月から新体制が始まり、いよいよ次の新入生が入部する季節になりました。これから『憧れの龍谷大学吹奏楽部に入ることが出来て嬉しい』と入部してくれる新入生が、引退するまでその喜びの気持ちを持っていられるような部活でありたいです。部員全員が「もっと」と限界を決めず高みを目指しながらやっていきたいと思っています。結果だけにこだわらず、丁寧に課題を1つ1つクリアしながら、自分たちの求める音楽をする1年間にしたいです。」
(幹事長:上野右京(経済学部 国際経済学科 4回生))

たくさんの方の支えによって昨年度、龍谷大学吹奏楽部は50周年を迎えることが出来ました。今年度は、これから10年、20年と部を続けていくための新たなスタートを切る51周年目となります。最高学年を筆頭に、50年をかけて守られてきた伝統を大切にしながらも、常に成長していける部になるよう努力いたします。今年度も龍谷大学吹奏楽の活躍にぜひご注目ください!

resized_07

第42回全日本アンサンブルコンテストにて金賞を受賞

3月21日(木)、北海道・札幌コンサートホール Kitaraにて、第42回全日本アンサンブルコンテストが開催、龍谷大学吹奏楽部からはクラリネット四重奏が関西代表として大会に出場し、金賞受賞いたしましました。本受賞により、2011年8大会連続出場、連続5回目・通算7回目となる金賞受賞です。

image2-1

演奏曲:『プレリュードとファンク』/G.コネソン
出演メンバー:
東 寿美佳(経済学部 現代経済学科 3回生 B♭clarinet)
阪尾 優治(社会学部 社会学科 3回生 B♭clarinet)
竹内 まどか(文学部 歴史学科 日本史学専攻 2回生 A clarinet)
村上 凜(社会学部 現代福祉学科 2回生 Bassclarinet)

龍谷大学吹奏楽部は大学の部9団体目(12:43)の出演。大学の部11団体のうち龍谷大学含む9団体が木管編成というなかの出演でした。
今回、京都予選から勝ち上がってきた出演メンバーは昨年金賞を受賞したメンバーと同じメンバーであり、昨年と同様の「金賞」を受賞することが当然とみられる大きなプレッシャーを持って、今大会に臨みました。
開催地が北海道という遠方でもあり、前日から現地に入り、宗門校の一つである札幌龍谷学園高等学校の施設を借用し、前日と本番直前に練習。万全の態勢で臨んだ本番で見事金賞を受賞することが出来ました。

今回の第42回全日本アンサンブルコンテストには、中学生から社会人までの計88団体が出場しました。
大学の部のプログラム、結果は下記のとおりです。

1 静岡大学吹奏楽団    クラリネット四重奏 銅賞
2 香川大学吹奏楽団    サックス四重奏   銅賞
3 東海大学吹奏楽研究会  木管八重奏     金賞
4 富山大学吹奏楽団    打楽器五重奏    金賞
5 神奈川大学吹奏楽部   木管三重奏     銀賞
6 山梨大学吹奏楽団    サックス八重奏   銀賞
7 福岡工業大学吹奏楽団  クラリネット四重奏 金賞
8 北海道教育大学函館校  クラリネット四重奏 銀賞
9 龍谷大学吹奏楽部    クラリネット四重奏 金賞
10 広島大学吹奏楽団    木管三重奏     銀賞
11 山形大学吹奏楽団    金管八重奏     銀賞

【演奏メンバーのコメント】
東寿美佳 : 今回の選曲にあたり、昨年と同じメンバーであったからこそ、新たな挑戦の要素がある曲に臨みました。
一人一人が苦手と向き合いながら作り上げるという茨の道に進み、練習に取り組んだ約3ヶ月間は個人の闘いでもあったように感じます。それぞれの努力を集結させ、本番では昨年より高い精度で卓越したパフォーマンスを全国の皆様に披露できたのではないかと感じております。
ご指導くださいました先生方、応援してくださった方々のサポートがあってこそ、連続金賞という記録更新が叶いました。今回の結果に慢心せず、今後のさらなる躍進へ繋がるよう精進して参ります。

阪尾優治 : 今年度のアンサンブルコンテストにおきまして、5年連続の金賞を受賞する事ができました。今回出場したのは4人とも昨年と同じメンバーでした。1年間でそれぞれが成長し、昨年はプレッシャーと緊張で押し潰されそうな中で本番に臨みましたが、今年は昨年よりも心にゆとりを持って本番に臨む事ができ、アンサンブルとしてもよりレベルアップした演奏ができたのではないかと思っております。今回演奏させて頂いた「プレリュードとファンク」という曲は、フランスのトップアンサンブルチームのために委嘱された作品で、現代的でありながらノリの良い素晴らしい曲です。メンバー4人の苦手分野が集約されたこの曲にチャレンジできたことで、1人1人がさらに成長できたのではないかと思っております。
今回5年連続金賞を受賞致しましたが、この先10年、20年途切れず賞を受賞させて頂けるように後輩達へバトンを繋げていきたいと思っております。応援してくださった方々、ご指導賜りました講師の先生方、本当にありがとうございました。

竹内まどか : 色んなプレッシャーなどはありましたが、周りの仲間や先生方の励ましのおかげで、いつも通り楽しく演奏することができました。この経験をこれからの活動に役立てられるよう、一層精進していきたいと思います。

村上凜 : 今年も素敵な賞をいただくことができ、大変嬉しく思います。4人という人数で音楽を完成させる難しさや、5年連続金賞がかかった大会というプレッシャーもありましたが、沢山の方からの応援とサポート、そして1番はいつも導き背中を押して下さったメンバーの方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

image1

応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。今後とも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

2019年度 龍谷大学 卒業式(卒業証書・学位記授与式)にて演奏を実施

2019年3月14日(木)、3月15日(金)の2日間、龍谷大学の深草キャンパスと瀬田キャンパスにて卒業式が執り行われ、吹奏楽部は演奏にて式典に華を添えました。

08

吹奏楽部の出番は式の最初と最後です。
卒業式冒頭で開会のファンファーレとして「ドラゴンバレー序曲」を演奏しました。この「ドラゴンバレー序曲」は、龍谷大学のために作曲家の金山徹さんが作曲されたもので、曲名にある「ドラゴンバレー」とは、「ドラゴン=龍」「バレー=谷」のことです。
この序曲、まさに龍谷大学の式典のオープニングにぴったりの曲ですね!

19

さて、式典ですが、本ファンファーレが式の開始を告げる合図となり、ざわついていた会場が一瞬にて静まり、卒業式が始まりました。
龍谷大学の卒業式は仏式による法要で始まり、厳かな雰囲気に包まれながら次のように進められます。

開式のことば
音楽礼拝
真宗宗歌(1~3番)
献香偈
敬礼文
三帰依
礼讃無量寿
念仏
恩徳讃
卒業証書・学位記授与(学部・短期大学部)
修了証書授与(留学生別科)
学長賞授与
本願寺賞授与
親和会長賞授与
顕彰披露
学長式辞
理事長祝辞
在学生謝辞
記念品贈呈
来賓紹介
学歌斉唱(1~3番)
閉式のことば

9BF0834A-5F73-4FAC-87B9-11B97BC9A97B

29454306-50CD-46E6-9D2A-752BCC4606B1

41A11132-9BE8-4F67-B760-41A839E37C80

式の終わりに、私たち吹奏楽部の2度目の出番となる「龍谷大学学歌」の演奏となりました。
ちなみにですが、龍谷大学の学歌は日本を代表する作曲家である山田耕筰さんが作曲。また、伴奏の吹奏楽の楽譜は吹奏楽界で日本を代表する作曲家である保科洋さんに龍谷大学吹奏楽部が依頼してアレンジいただいたものです。
吹奏楽部の伴奏にて学歌が高らかに歌い上げられ、卒業式は閉式となりました。

閉式後の卒業生退場のBGMは吹奏楽部の担当です。
BGMとしてセレクトしたのは、NHK連続テレビ小説「まんぷく」の主題歌として使用されている「あなたとトゥラッタッタ♪」、2012年度の吹奏楽コンクール課題曲である「さくらのうた」、行進にぴったりなオーストリアの部隊行進曲「シェーンフェルト行進曲」、いきものがかりのヒット曲「ありがとう」、そして、新しい環境へ羽ばたく卒業生の方々への健闘を祈り「桜color」の5曲です。

卒業生の皆さま、ご卒業おめでとうございます。私たち吹奏楽部は、皆さまの今後のご活躍を祈念いたします。

010578C8-8739-457E-A809-7CF71983E59E

ページの先頭へ

ページの先頭へ