吹奏楽部

龍谷大学吹奏楽部 第46回 定期演奏会を開催しました

12月26日(木)、大阪府のザ・シンフォニーホールにて「龍谷大学吹奏楽部 第46回 定期演奏会」を開催いたしました。あいにくの天気で足元の悪い中にもかかわらず、ザ・シンフォニーホールの座席をほとんど埋めるほど沢山のお客様にお越しいただけたこと大変嬉しく思います。

今年は、演奏会当日のみのホールリハーサルとなっていたため、部員全員がタイトなスケジュールのなか、より一層集中力を持ってリハーサルに臨んでいました。リハーサルでは、若林監督や児玉コーチをはじめ講師の先生方の熱く温かいご指導をいただき、本番への士気を高めることができたと思います。若林監督、児玉コーチが指揮を振る姿はいつも格好良く、演奏している部員も見惚れてしまいます。お二方の指揮のもとで演奏できることが本当にかけがえのない時間であり、幸せであると感じました。講師の先生方のご指導があるからこそ、この定期演奏会を万全な状態で臨むことができました。

0502_Original

0364_Original

開場後、一番初めにお客様にお届けしたのは幕前アンサンブルの演奏です。今回は ホルン四重奏で「生まれてはじめて」、「ニュー・シネマ・パラダイス」、打楽器七重奏で「Abnormal」計2つのアンサンブルを披露いたしました。
打楽器七重奏で演奏した「Abnormal」を作曲した51期 打楽器奏者の宇江原駿コメント。
『昨年からパレードのドラムマーチや打楽器練習板でできる小さい曲をはじめとして、たくさんの曲を作ってきました。特に今年度のサマーコンサートで自分の曲を演奏できたことは自信に繋がり、定期演奏会でも欲を追求したいと思いました。幕前アンサンブルという形で曲を書き、初めて8分間の曲を書きましたが、忙しながらも充実した時間でした。演奏する機会をくれた現役の方々、打楽器のメンバーには感謝しかありません。』

image1

image2

演奏会の第一部は、クリフトン・ウィリアムズ作曲「交響的舞曲第3番『フィエスタ』」で幕を開けました。この曲は、メキシコ風の祭典を描写した音楽であり、トランペットの朗々としたソロが印象的な曲です。続いてはゲストである、サクソフォン奏者の上野耕平さんを迎え、ポール・クレストン作曲「サクソフォン協奏曲」をお送りいたしました。上野さんの甘く魅力的な音色や、超絶技巧をお楽しみいただけたのではないでしょうか。鳴り止まない拍手に応え、真島俊夫作曲「シーガル」を演奏いたしました。第一部の最後に演奏いたしましたのは、ジェイムズ・バーンズ作曲「パガニーニの主題による幻想変奏曲」です。皆さまが一度は聞いたことのある主題の部分が、オーボエから始まり 様々なセクションやソロでモチーフが繰り返され、合計で20通りに変奏されていきます。全ての楽器の音が止んでから演奏されるコントラアルトクラリネットのソロは、同じステージに乗っているメンバーも息をのんで聴き入りました。それぞれの楽器が特徴を活かし表現される、多種多様な「パガニーニの主題」をお楽しみいただけたのではないでしょうか。

0651_Original

0657_Original

第二部の冒頭にお送りした曲は、オーボエとクラリネットの掛け合いから始まる、ジョルジェ・エネスク作曲「ルーマニア狂詩曲 第1番」です。この曲の中には、ジプシー風、ホラの様式、アラビア風 等、様々な曲調が次々と現れます。終盤には続いていた熱狂的な音楽が終わり、木管楽器による東洋風の旋律がカノンのように演奏されます。雰囲気の変化を楽しめる一曲だったのではないないでしょうか。続いて、小鳥のような可愛らしい音色から哀愁を感じさせらるメロディ、クライマックスでは華やかで軽快な音楽に変化していく、アルミカレ・ポンキエッリ作曲「歌劇『ジョコンダ』より 時の踊り」を演奏。
そして定期演奏会 最後に演奏いたしましたのは、リヒャルト・ワーグナー作曲「リエンツィ序曲」です。今回は、全日本吹奏楽コンクールで多くの団体に演奏された課題曲Ⅴ「ビスマス・サイケデリアⅠ」の作曲者である日景貴文氏の編曲で、本公演が初披露の場となりました。冒頭はトランペットの緊張感のあるピアニッシモのロングトーンから始まります。そこから木管の美しいメロディーが続き、行進曲へと展開され、フィナーレでは金管楽器の音色が華々しくホールに響き渡りました。

0427_Original

0411_Original

その後、皆さまのアンコールにお応えして、「ロンドンデリーの歌」、部員全員で「星条旗よ永遠なれ」をお届けいたしました。
ステージ上が青いブレザーを着た部員で埋め尽くされるなか、中央には1人だけ金色に輝く部員が。実はリハーサル前に、卒部生から51期 学生指揮を務めた田中星治郎へ、衣装をサプライズプレゼントしました。星条旗と星治郎という名前からイメージした星の衣装を身を付け、最後の指揮を振る彼は涙ぐんでいました。部員一同 指揮への関心や勉強量の凄まじい彼への感謝で胸をいっぱいにしていたと思います。
沢山の拍手、歓声をいただき演奏会は終演いたしました。

image0

翌日の年内最後の集合日では、定期演奏会の反省を共有した後、部員全員が1年間使った練習場の青朋館(せいほうかん)の大掃除を行いました。このような素敵な環境で毎日練習させてもらえていること、それが本当に幸せなことであると感じる時間でした。

年内最後の演奏会である定期演奏会をもって、4回生は引退となりました。今年は、3年振りに全日本吹奏楽コンクールに出場し、金賞を受賞いたしました。多くのプレッシャーを感じる中、全国大会金賞という輝かしい結果を残せたことを大変嬉しく思っています。このような素敵な経験ができたのは、日頃から当部を応援してくださる皆さま、ご指導してくださる講師の先生方、OBOGの皆さまのお力があったからだと思っています。本当にありがとうございます。4年間は長いようであっという間に過ぎてしまいます。この恵まれた大学生活を1日でも無駄にしないように活動していく中で、辛い事、苦しい事にもぶつかるとは思いますが、どんな時も楽しく龍吹の『音楽』に没頭できるように精進して参ります!
2020年、新体制となってからも全部員が『感謝』の気持ちを忘れず、最高の『音楽』をお届けできるよう頑張りますので、今後とも龍谷大学吹奏楽部のご声援のほどよろしくお願いいたします。

以下、51期 幹事長を務めました上野右京よりコメントです。
『無事に終演を迎えることができましたが、2日経った今でも引退したことが実感できません。この1年間を振り返ると、様々な課題や壁があったように感じます。しかし、龍谷大学吹奏楽部の良いところである”学生主体”を活かし、高い壁を突破してきました。もちろん全てが上手くいくことはなく、なかなか前に進まないことがありました。頭を悩ませながら同期や後輩と練習に取り組む日々が、これからは無いのかと思うととても寂しいです。僕自身、龍谷大学吹奏楽部を選んだきっかけは、YouTubeに上がっていた酒井格さん作曲の『森の贈り物』を聴き、「この大学、この部活で音楽がしたい!」と決め入部をしました。入部すると龍谷大学吹奏楽部の音楽の良さにのめり込み、自らはまってしまいました。龍谷大学吹奏楽部にしかできない音楽があると自負しています。後輩のみんなにはこの独自の音楽をこれからも創造し、新たな歴史を築いていってほしいと願っています。最後になりましたが、私共の定期演奏会にご来場いただきありがとうございました。これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。』

image3

京都市立音羽川小学校 芸術鑑賞会にて演奏しました

11月25日(月)、京都市立音羽川小学校の体育館にて開催された「音羽川小学校 芸術鑑賞会」にて演奏しました。

IMG_1354

例年、音羽川小学校における芸術鑑賞会は龍谷大学吹奏楽部が担っています。芸術鑑賞会では低学年の部と高学年の部の2回公演となっており、子どもたちの反応や楽しみ方の違いを感じ取れることが部員の楽しみのひとつでもあります。

オープニングに演奏した曲は、ツィーラー作曲の「シェーンフェルトマーチ」です。この曲は、今年のウィーン・フィル ニューイヤーコンサートで演奏されていたことで有名です。ドイツマーチならではの、勇ましく華やかな行進曲をお送りしました。
次に楽器紹介を行いました。今回 演奏した「森の音楽隊」は、童謡『森のくまさん』のフレーズが曲の中で様々なジャンルにアレンジされています。各楽器の特徴を存分に活かしながら演奏する姿に、指を指して喜ぶ子どもたちの姿が見られました。演奏後には、楽器の名前あてクイズを実施。子どもたちは見事、全問正解で会場は大盛り上がりとなりました。中でも、難問かと思われたホルンの問題に元気よく解答していたことがとても印象的でした。

IMG_1355

3曲目には、「となりのトトロセレクション」を披露しました。この曲は、『風の通り道』、『さんぽ』、『五月の村』、『ねこバス』、そして『となりのトトロ』がメドレーになった曲です。実際に劇中で使用されている曲の音色や雰囲気がリアルに再現された編曲で、「となりのトトロ」のワンシーンが鮮明に思い浮かぶような作品です。吹奏楽のきらびやかなハーモニーをお楽しみいただきました。
演奏会の最後には、2019年に大ヒットした米津玄師の「パプリカ」を演奏。曲名の「パプリカ」は、語の音の響きやパプリカという物自体のポップさ、可愛らしさから名付けられたそうです。曲に合わせ、歌ったり ダンスを踊りながら笑顔になる子どもたちを見て、部員の表情にも自然と笑顔が溢れました。
「パプリカ」の演奏が終わると、元気いっぱいのアンコール。アンコールとして演奏したのは、DA PUMPの「U.S.A」です。子どもたちによる「U!S!A!」の大合唱に、部員も大迫力の演奏でお応えしました。そして、またもやアンコールが。急遽、当部の十八番であるブラジルを披露し、大盛況の中 終演しました。

以下、演奏後の部員のコメントです。
「定期演奏会前ということもあり、パート練習や合奏時間が限られていた為、合間を縫って完成度を高めることは大変でした。しかし、子どもたちの笑顔や喜んでいる姿に達成感を感じ、自分にとっても非常に良い本番となりました。また、『となりのトトロ』など、子どもたちが曲に合わせて歌を歌ってくれたことに 会場全体の一体感を感じ、すごく感動しました。」
(社会学部社会学科 3回生 フルートパート 上嶋ゆうき)

IMG_1357

「私は『パプリカ』でドラムを担当しましたが、リズムが難しく苦戦したこともありました。パート全体で、『定期演奏会のように長期間の練習を経て挑む本番と、短期間で挑む本番の演奏の質を同等にするためにはどうすれば良いか』を考えて練習を行いました。演奏終了後に鳴り響いた、子どもたちのアンコールの声が印象的です。私は、何か感銘を受けてくれていないとアンコールは生まれないと思います。吹奏楽の良さが子どもたちに伝わったのだと感じ、とても嬉しかったです。最後に、定期演奏会に向けて、『これから吹奏楽を続けたい!したい!』と思ってもらえる影響力のある打楽器パートを作っていきたいです!」
(社会学部コミュニティマネジメント学科 4回生 打楽器パート 宇江原駿)

IMG_1358

今年も残り約1ヶ月となりました。集大成として迎える定期演奏会に向けて より良い音楽を皆様にお届けできるよう、部員一同、精一杯 練習して参ります。
今後とも、龍谷大学吹奏楽部へのご声援をよろしくお願いいたします。

第67回全日本吹奏楽コンクール大学の部にて金賞を受賞

10月26日(土)、リンクステーションホール青森にて 第67回全日本吹奏楽コンクール大学の部が開催され、龍谷大学吹奏楽部は関西地区の代表として出場し、課題曲Ⅴ日景貴文作曲「ビスマス・サイケデリアⅠ」、自由曲 ベルト・アッペルモンド作曲「ブリュッセル・レクイエム」を演奏、金賞を受賞いたしました。

image5 (1)

関西大会を通過後、コンクールの練習を再始動したのは10月初旬から。授業期間のため練習開始に間に合わない学生も多く、全員が揃って合奏をできる機会はとても少ないものでした。その中で必然と全員が「今できる最大のこと」は何かを考え、日々着々と練習を進めました。

特に今回力を入れたのはなんと言っても課題曲です。全国大会 大学の部に出場する全13団体中、7大学が「ビスマス・サイケデリアⅠ」を選択していました。この曲は、ビスマスという虹色に輝く鉱石をモチーフに表現されたもので解釈の仕方も様々、かなり難易度の高い曲でした。「課題曲で全てが決まる」と、それぞれの楽器が一番効率よく聴こえるセッティングや場面ごとに一番適した表現を、出発直前まで試行錯誤しながら探し続けました。

メンバーは24日(木)に新幹線での8時間の移動時間を経て秋田県大館市のほくしか鹿鳴ホールに着きました。25日(金)から1日半かけて最終調整をした後、26日(土)の本番2時間前にリンクステーション青森へ到着。行きのバスの中でも全員でディクテーションを行い、気合い十分です。

image0

image1 (1)

本番直前、壁一枚を隔てた舞台裏では一つ前の団体の演奏が繰り広げられる中、緊張するお互いを励ましあうメンバーの姿がありました。楽譜ファイルの中や着ている青いブレザーのポケットには、忙しい合間を縫って作ってくれた応援メンバーからの心を込めた差し入れが。55人の出演メンバーは部員全員の想いを背負って舞台に立ちました。

プログラムの開始を告げるアナウンスが流れ、ついに龍谷大学吹奏楽部の演奏が始まりました。張り詰めた空気の中、コンクールメンバーの目に映ったのは客席や舞台袖で見守る人たちです。もちろんその中には講師の方々や陰でずっと支えてくれていた応援メンバー、全国出場を喜んでくださった卒業生の姿が。与えられた長いようで短い約12分間の演奏には、私たちが練習に費やした5ヶ月間全ての想いが詰まっていました。

「過去2年間連続で全国大会出場が叶わなかったこともあり、全員が今年逃すともう後がないという危機感を持って臨んだコンクールでした。選曲も龍谷大学があまり手を出さなかった現代曲だったため、始めは練習方法も分からずみんな戸惑いが大きかったと思います。しかし、監督・コーチ・学生指揮がしっかりと道を示してくれたので、僕たちは迷わずがむしゃらに突き進むことができました。そして練習が進むうちに、次第にメンバーにも変化が表れて1人1人から意見が湧き出てくるようになりました。『曲をもっと良くしたい』という全員の音楽へ対する貪欲な気持ちが一体となり、本番の演奏に繋がったと感じています。」
(社会学部 社会学科 4回生 クラリネットパート 阪尾優治)

客席で演奏を聴いていた応援メンバーの1人はこのようにコメントを残しました。
「会場の空気を操っているかのような、迫力のある音が今でも耳に残っています。お客さんも息をすることを忘れるほどでした。龍谷大学吹奏楽部の一員としてこの日を迎えれたことが、大きな財産であると感じる素晴らしい演奏でした。学生生活最後のコンクールの舞台に乗れない事が決まった時の感情は今でも鮮明に覚えています。自分たちが主体の代でメンバーになれなかった悔しさは計り知れないほどに大きく、不甲斐なさを痛感しました。夏の期間、苦しくも楽しんで音楽に没頭しているメンバーが羨ましかったです。ですが、写真撮影の際にみんなの顔を見たら自分の悩んでいたことがスッと消えたかのように、涙が溢れ出てきました。心の底からメンバーを尊敬しています。恥ずかしくて直接言えませんが『全国大会という大舞台に連れてきてくれてありがとう!音楽に没頭してる姿を見せてくれてありがとう!龍吹最高!』と伝えたいですね!」
(社会学部 コミュニティマネジメント学科 4回生 トロンボーンパート 森陽菜乃)

曲が終わった余韻を待たずして、会場にはブラボーと叫ぶ声と割れんばかりの拍手が響き渡りました。今までの緊張や苦悩から解き放たれたメンバーは最高の笑顔で写真撮影を行い、現地まで駆けつけたメンバーの家族や卒業生はその様子を涙ぐみながら、嬉しそうに囲む光景が広がっていました。

image4 (1)

image3 (1)

image2 (1)

演奏が終わり ほっとしたのも束の間、結果発表が始まります。全日本吹奏楽コンクールに出場した全団体へ贈られる指揮者賞表彰の際には、自分の団体の指揮者にコールをするのが恒例となっています。当部も例に漏れず、音楽監督である若林義人の番に客席から部員全員で「義人最高!」と感謝の意を叫びました。いよいよ団体の結果発表です。当部の順番はプログラム11番、他の団体の発表を待つ間はとても、とても長く感じました。固唾を飲み静かに祈る私たちの耳に聴こえてきたのは「ゴールド金賞」。私たちが2年間ずっと焦がれ、待ち望んだ言葉を青森の地で聴くことができました。

image7 (1)

「まさか自分の最後の年に全国大会オールA金賞を受賞するなんて夢にも思いませんでした。関係者の方々にはとても感謝しております。環境にも恵まれて、本当に充実したコンクール期間でした。大学やみんな、自分のために、持っている力を最大限発揮し、貢献できたのではないかと思います。
結果に慢心することなく、今後ともしっかりと充実した活動を続けていきたいと思います。」
(理工学部 物質化学科 4回生 学生指揮 田中星治郎)

龍谷大学吹奏楽部の全日本吹奏楽コンクールへの出場は、1986年以来21回目となりました。今回代表を奪還したことで、来年 関西地区は更なる激戦区へと化すことが予想されます。全国大会の常連校と名を馳せることができることを目指し、精一杯突き進んでいきたいと思います。

まだまだ未熟な私たちではありますが、これからも当部へのご声援よろしくお願いいたします。

image6 (1)

第3回滋賀県吹奏楽フェスティバル in 長浜 に出演しました

9月21日(土) 長浜大学ドームにて、『第3回滋賀県吹奏楽フェスティバルin長浜』が行われました。龍谷大学吹奏楽部は2017年度にも本フェスティバルに参加させていただいており、今回で2回目の出演となりました。

image1

当部はバトン・チア・SPIRITSと共にゲストとして出演し、開会を告げるファンファーレ・演奏会のトップバッターを務めました。

image2

龍谷大学単独ステージの一曲目に披露したのは、トランペットの華やかで軽快な刻みから始まる「MERRY GO ROUND」。様々なセクションが奏でる旋律からは、まるでメリーゴランドに乗っているかのようなゆったりした時間を感じれる一曲となっています。二曲目には、メロディの大半が16分連符を占め、フィーチャーされているクラリネット奏者の指さばきから目が離せない「クラリネットキャンディ」を演奏いたしました。その後、バトン・チア・SPIRITSがKing & Princeの「シンデレラガール」の音楽に乗せて単独ショーを披露。バトン・チア・SPIRITSのパフォーマンスには会場にお越しになっているお客様はもちろんのこと、吹奏楽部員も見惚れてしまうような華麗にバトンを操る姿や、アクロバティックな動きで大迫力のパフォーマンスをお届けされました。次に、当部のアンコール曲としてお馴染みの「ブラジル」でバトン・チア・SPIRITSとコラボしました。最後に演奏した「星条旗よ永遠なれ in swing」の曲終盤には、4名の可愛らしいピッコロ隊が大活躍。バンドのノリノリのスタンドプレイでは観客を湧かせ、次の団体に良いバトンを受け渡すことが出来たと思います。

image3

image5

その後、下記のプログラム順に単独ステージが続き最後には全出演団体が集結し、約1000人の合同演奏を披露いたしました。
滋賀県立虎姫高等学校
滋賀県立長浜北星高等学校
滋賀県立長浜北高等学校
近江高等学校
滋賀県立河瀬高等学校
滋賀県立草津東高等学校
滋賀県立石山高等学校
長浜バイオ大学
滋賀県立彦根東高等学校
立命館守山高等学校
愛知工業大学名電高等学校

image6

フィナーレの合同演奏では、愛知工業大学名電高等学校吹奏楽部顧問である伊藤宏樹先生の指揮で「宝島」、坂本 九の「上を向いて歩こう」の計2曲を演奏いたしました。夏の終わり、涼しい風の吹く夕暮れ時には「上を向いて歩こう」の明るい曲調に乗せた少し寂しげな歌詞がぴったりだと感じました。会場で配られた団扇に歌詞が記載しており、観客の皆さんも立ち上がって合唱で参加。会場内の全員で一つの音楽を作り上げることができ、奏者、お客様、スタッフ一同 心温まる演奏会となりました。

今回のフェスティバルには 2校の大学、10校の高等学校が出演しました。力みの無い大学生の落ち着いた演奏も もちろん見応えがありますが、ダンスや小道具を使い、動きの一つ一つに想いを込める高校生の熱いパフォーマンスにも圧倒される、そんな時間を過ごすことができました。また、ドームでの演奏は普段のコンサートホールで演奏する時とは違う難しさと魅力があることを改めて感じる演奏会となりました。共演者の皆さま、関係者の方々、そしてご来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました!

ページの先頭へ

ページの先頭へ