女子バレーボール部

【女子バレーボール部】 ホーム戦圧勝!

9月16日に龍谷大学において関西大学バレーボール連盟女子秋季1次リーグ3戦目が行われた。対戦相手は大阪体育大学。龍大はゲームの流れを掴みながら、ホーム戦での試合は3-0のストレート勝ちを収めた。

 

第1セット、﨑(文3)のスパイクでゲームが始まった。序盤は一進一退する得点表。相手のミスを誘いながら木村(文4)のスパイク、兵頭(経営3)の速攻で得点を積み上げていき、25-21で1セット目を獲得する。

 

 兵頭 スパイク

【写真1】スパイクを打つ兵頭

 

流れを掴んだ龍大は、第2セットで8連続得点を決める。島田(文2)がブロックポイントを取ると、相手のボールを見極めながら得点を重ねていく。観客の応援にも熱が入り、相手にプレッシャーを与える。ここで相手の隙を見逃さなかった神田(国4)。攻めのサーブで崩れたところにセンタースパイクを叩き込み、2セット目を25-18で奪取。

 

様々な攻撃で相手を攻めた第3セット。試合中盤、木村がサーブで崩したところに島田が相手のコートにボールを打ち込む。続けて島田がブロックポイント。兵頭が走り込みでスパイクを決め、3連続得点を得る。後が無くなってきた相手は粘りを見せ、5連続得点。しかし、龍大も負けていない。木村は目の前に立ちはだかるブロックにわざと当て、ブロックアウトを狙い、最後は兵頭のセンタースパイクで試合終了。26-24でこの試合を勝ち取った。

 

 

 ガッツポーズ

 

【写真2】得点を決め、ガッツポーズする選手たち

 

 

〈木村主将のコメント〉

「開幕戦の時に監督から指摘を受け、次の日に修正ができて今回のホーム戦に臨めたので、たくさんの応援に来てくださる方に対しても良いゲームができて良かった。でも、最後の追いつかれた部分で自分たちの油断が出たと思うので、そこを明日どうやって修正するかが大切だと思うのでしっかり気を引きしめていきたい。勝てた要因は、自分たちのサーブが攻めれると相手の攻撃が絞れるというデータが出ていたので、2戦目の時にはまり、それが今回の試合に継続できたことが良かった。これからは上位のグループとあたるので、そこで自分たちのバレーをする為にこの後の2つのゲームを色々と試して上位戦に繋げていきたい」

 

〈江藤監督のコメント〉

「開幕戦に比べ、今回はチームが助け合いながらバレーできていた。見ている人もワクワクして楽しいバレーだったと思う。ただ、最終セットで自分たちが油断してしまった部分があったので、今回の評価はまあまあ。勝てた要因はサーブで攻めることができたこと。迫るサーブができると、多彩な攻撃ができるし、相手の攻撃パターンも絞ることできる。次からの試合は雰囲気含め、今回の試合基準で1つ1つ勝利を積み上げていきたい」

 

(龍魂編集室 記事 豊田美帆/写真 松本侑香)

 

龍魂編集室は現在新入部員を募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

【女子バレーボール部】秋季リーグ開幕戦、京産大に不安の残る勝利

9月9日、大阪国際大学松下町校地体育館において2017年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ開幕戦が行われた。関西連盟1部12位の京産大相手に苦戦を強いられながらも、セットカウント4-1で勝利を収めた。

 

「今日の内容はひどかった」。監督は今日の試合内容を酷評した。決まったと思ったスパイクはことごとく拾われ、龍大らしい粘りのバレーが発揮されなかった試合であった。

 

第1セット、序盤から互いに譲らぬ拮抗した試合展開。その中で、兵頭(経営3)はフェイント、島田(文2)はワンタッチという相手の隙をつく攻撃で得点を重ねていく。相手のミスを誘い、25-23でこのセットを奪取。

兵頭 スパイク

【写真1】多彩なスパイクを見せた兵頭

 

島田のセンタースパイクで始まった第2セット。立ち上がりは龍大がゲームの主導権を握る。一挙3連続得点で点差を広げるも、木村(文4)のスパイクが相手の高い壁に阻まれた。すると、第1セット同様にシーソーゲームの展開になる。セット獲得まであと1点と迫ったときに投入されたのは船岡(社1)。「しっかり練習もしていたし、試合時の顔つきが良かった」。監督、チーム全員の期待を背負ったサーブは綺麗な放物線を描き、コートギリギリに着地。会場からは大きな歓声が挙がった。船岡の活躍もあり、28-26で接戦を制した。

ストレート勝ちへリーチをかけた第3セット。しかし、終始相手がゲームメーク。龍大は最後まで追いつくことなく20-25で敗北を喫した。

なんとか勝利を勝ち取りたい第4セットは、島田が3連続得点の大活躍。また、相手が手も足も出せない絶妙な位置に﨑(文3)のサーブが決まる。最後は、島田のレフトスパイクで試合終了。25-20でこのセットを勝ち取った。

崎 サーブ

【写真2】サーブでチームに貢献した﨑

 

春季リーグ、西日本インカレの悔しさを果たしたい龍大。「最終日にはみんなで笑っていられるようにしたい」。木村はこの秋季リーグの目標をそう語った。気持ちを切り替え、優勝を掴み取る姿に期待したい。

 

〈木村主将のコメント〉

「今年の上半期の悔しさを胸に、この秋季リーグ開幕戦をストレート勝ちに収めたいところだったが、不甲斐ない試合になってしまった。それは上回生の責任。夏の練習で攻めるサーブを打てるように追いこんできた。しっかりと今回結果を残せている選手がいる一方でまだまだ甘い部分もあった。開幕戦がピークでなくても、この秋季リーグの最終日にはみんなで笑っていられるようにしたい。(龍大が入っている)Bブロックはどのチームが勝ってもおかしくないと監督からいつも言われている。その中でも1点にこだわって自分たちの実力を出せるように頑張りたい」

 

〈江藤監督のコメント〉

「今日の内容はひどかった。初戦はどのチームも緊張しているので、強気に戦っているチームが有利になる。だが、龍大は京産大に必死さや熱意で負けていた。決まったと思ったスパイクも拾われてしまい、油断していた龍大がミスしてしまう場面が多く見られた。それはチームが弱いのではなく、勝負する上でしてはいけない事。しかし、サーブで攻められていたところがあったのは評価したい。例えば﨑や志方(政1)、船岡。この3人は夏の練習でサーブを強化してきたのでピンチの時にしっかり点を取ってくれた。2セット目の最後は練習をしっかりしてきた、1回生である船岡が期待に応えてくれた。明日の相手は今日の内容では勝つ事が厳しい。だが、選手が切り替えて龍大らしい粘りのバレーができたら勝算はある」

 

(龍魂編集室 記事/松本侑香 写真/豊田美帆)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【女子バレーボール部】西日本インカレ連覇ならず

6月29日から7月2日、広島県立総合体育館において2017年度第43回西日本バレーボール大学女子選手権大会が行われた。2連覇をかけて臨んだ戦いはベスト16に終わった。

龍大のバレーは福岡大に封じられた。試合前、「厳しい戦いになりそう」と監督はもらしていた。まるでこの結果を予期していたかのように。

立ち上がりから互いに譲らぬシーソーゲームが繰り広げられた。第1セット、相手の高さのあるブロックに苦しむ。セッターである石盛(経営1)を軸に逆転を狙うが、このセットを奪われてしまう。

龍大のポイントで始まった第2セット。神田(国4)が相手の喉元を直撃する強烈なスパイクを放つ。猪野(社4)や﨑(文3)もパワフルなスパイクで得点を挙げる。この流れを引き寄せたいところであったが、ネット際での攻防に競り負け相手にリーチをかけられる。

西カレ 石盛2

【写真1】チームの司令塔である石盛

運命の第3セット。序盤から暗雲立ち込める展開。プレーに力がこもる。「次!切り替えていこう」。木村(文4)は誰よりも大きな声を出してチームを鼓舞した。どんなボールにも食らいつく選手たちを観客は心強い声援で後押しする。敗北まであと1点と絶体絶命の状況から一挙3連続得点。王者の貫禄を見せつけた。19-25で落とすも観客からは惜しみない拍手が送られた。

西カレ 木村主将1

【写真2】強烈なスパイクを放つ木村

西日本インカレ連覇という夢は叶わなかったが、選手たちの諦めないプレーは見る者を感動に包んだ。春季リーグ、西日本インカレと悔しい結果に終わった龍大。この借りは必ず返さなければならない。秋季リーグではこの悔しさを糧に躍進してほしい。

〈江藤監督のコメント〉

「連覇がかかっていた大会だったが、拾って繋ぐ龍大らしいバレーが出来ていなかった。春季リーグ、西日本インカレと悔しい思いをしたからこの借りは返さないと勿体無い。秋季リーグに向けてもう一度チームを見直し応援されるようなチームになりたい。」

〈木村主将のコメント〉

「自分たちの力を出し切れずに負けてしまったので非常に悔しい。気持ちの面で押されていたり、ボールを繋ぐことが出来なかったから連覇を逃したのだと思う。自分たちが劣勢の試合展開だとサーブで攻めることが出来ていない。秋季リーグまでの期間、トレーニング以外でも自分を追い込んでいきたい。」

(龍魂編集室 記事 松本侑香/写真 堀内沙穂)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【女子バレーボール部】春季リーグ最終戦、親和女に破れ準優勝

5月21日、近畿大学記念会館において関西大学バレーボール連盟春季リーグ最終戦が行われた。ストレート勝ちを収めると優勝というチャンス。だが、セットカウント2-3で神戸親和女子大学に破れ準優勝で幕を閉じた。

 

気まぐれなバレーの女神はそう簡単に勝たせてくれなかった。春季リーグでは3年ぶりとなるまさかの失速。「自分たちの不甲斐なさです」。監督と主将は言葉を揃えた。

 

序盤は調子が良かった。島田(文2)の強烈なスパイクが炸裂。威力抜群のスパイクは石盛(経営1)との連携プレーにより相手のブロックを壊していく。それに続けとばかりに志方(政1)が活躍。体重の乗った鋭いスパイクを要所で決め、得点に貢献する。相手に攻められても福留(経済2)がしっかりレシーブ。下級生の活躍が光り、第1セットを27-25、第2セットを25-21で掴む。

島田選手 スパイク

【写真】強烈なスパイクを放つ島田

 

優勝へ王手をかけた第3セット。冒頭から兵頭(経営3)の速攻がコートに叩き付けられる。木村(文4)も緩急あるスパイクで相手を翻弄。だが、終盤になってペースダウン。20-21と初めて逆転を許しそのまま22-25でこのセットを失う。これで選手たちの糸が切れてしまったのだろうか、続く第4、5セットを健闘するも落とし痛恨の2敗目。今年の春季リーグは8勝2敗で準優勝に終わった。

 

龍大の準優勝という奮闘は個人賞を獲得した。敢闘賞に木村、新人賞に志方が選出。しかし、選手、監督ともにこの結果には満足していない。次の舞台は西日本インカレ。主将は「優勝」と力強く宣言してくれた。2連覇がかかる大きな大会で躍動する彼女たちを見届けたい。

受賞選手 写真

【写真】敢闘賞を木村、新人賞を志方が受賞

 

〈江藤監督のコメント〉

「最終戦は龍大がセットカウント3-0で勝つと優勝するというチャンスの試合だった。このチャンスを活かせなかったのは完全に自分たちの不甲斐なさ。2セット先取し相手を追い込んだにも関わらず押し返せなかった。要は「絶対優勝する」という気持ちで負けていた。この悔しい思いを西日本インカレでぶつけたい」。

 

〈木村主将のコメント〉

「優勝を通過点として考えていた私たちは準優勝に満足していない。ただ、この結果になってしまったのは4回生の責任なのですごく悔しい。無駄なセットを落とさなければ楽に勝てていたと思う。今後の課題はサーブで攻めること。即戦力で活躍してくれている下級生には本当に感謝している。西日本インカレは2連覇がかかっているので周りの期待が大きいが、しっかり応えていきたい。春季リーグの不甲斐なさを晴らすために優勝したい」。

 

〈志方選手のコメント〉

「初めてで緊張していたが、コートの内外で先輩方が前向きな言葉を掛けてくださったので思い切りプレーすることができた。優勝という気持ちが強いので準優勝には満足していない。自分たちは1回生らしく元気よくプレーすることを心がけた。西日本インカレではしっかり結果を残せるよう準備していきたい」。

 

(龍魂編集室 記事/写真 松本侑香)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ