トレーニング室

ライフスキルプログラム

こんにちは、龍谷大学深草ストレングスコーチのTKです。11月となり、大学スポーツも終盤を迎えました。私もコーチとして龍谷大学のスポーツサークルの試合結果に一喜一憂する今日この頃です。

そんな中、10/28に大学学生部主催のライフスキルプログラムが行われました。ライフスキルプログラムとは、強化スポーツサークルに所属する一年生を対象にしたもので、コミュニケーション力やリーダーシップといった生きる上で必要な力「ライフスキル」の獲得を目指すものです。日本大学アメリカンフットボール部の危険なタックル問題や、慶応大学アメリカンフットボール部の不適切な行為など、大学スポーツで問題が相次いでいる昨今。学生選手には、スポーツに必要な体力や技術以外に、人と協調して問題を解決するライフスキルを身につけてほしいという願いから、龍谷大学では毎月一回講義形式のプログラムを実施しています。

10月は毎年、トレーナーの数名がこのライフスキルプログラムで話をしているのですが、今回は私が発表しました。テーマは「世界とスポーツ」、私が今まで生活してきたアフリカ、アメリカ、タイでの生活や葛藤、そしてそれを乗り越えた経験などを話しました。

22号館にて

22号館にて

直接スポーツやパフォーマンスにかかわるトピックではなかったですが、選手たちは興味深く聞いてくれました。今回のプログラムを通して少しでも多くの選手が世界の多様性に興味を持ってくれればと思いますし、世界に出るきっかけになればうれしいです。

一つのスポーツを極めるのと同時に、広い視野で世界を見ることができれば、大学卒業後も自分で人生を切り拓いけます。皆さん、目の前のこと、そして将来のことという二つの視点で日々生活していきましょう。

ページの先頭へ

ページの先頭へ