トレーニング室

スポーツの安全対策

こんにちは。アスレティックトレーナーの藤田です。

7月は安全対策に力を入れており、

・アメフト部・スパインボード搬送練習会

・指導者対象安全対策講習会

を実施しました。

 

アメフトのような強くぶつかるコリジョンスポーツでは頭部や頚部に重大な損傷が起こる可能性があり、頭から体幹を真っ直ぐにして固定することが大切です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月22日、選手・コーチ・スタッフ総勢18名で搬送練習を行いました。

頭部を固定し体幹から下肢までを固定しています

頭部を固定したまま体幹から下肢も固定しています

また翌日には重点・強化サークルの指導者を対象に安全対策講習会も実施しました。

最初に管ATからの講義

最初に管ATからの講義

スポーツでの重大事故では“トリプルH”と呼ばれる3つが多数を占めています。

Heat:熱中症

Head:頭部外傷

Heart:心疾患

の理解と、誰かが倒れた場合の対応についてシミュレーション実習を行いました。

シミュレーション実習1

シミュレーション実習

スポーツではケガが起きることもありますが、事前に想定して準備しておくことでスムーズにすばやく対応することができます。

シミュレーション実習

シミュレーション実習

学生トレーナー講習会でも常々教えている

・緊急連絡カードの作成

・保険証のコピー

・近隣医療機関の確認

 

の3つに加えて、救急搬送の経路や役割分担についても合宿前のこの時期に確認し、安全にスポーツができる体制を整えておきましょう。

 

アスレティックトレーナー

藤田まり子

ページの先頭へ

ページの先頭へ