トレーニング室

熱中症を予防しよう!

6ブログ用ポスター

消防庁の熱中症予防ポスター

梅雨入り間近となってきましたが、今年は5月下旬に既に最高気温が30度になるような暑さになっていました。熱中症は真夏にかかるものだと思っている方もいるかもしれませんが、まだ身体が暑さに慣れていないこの時期から十分注意をして下さい。下記のグラフが示すように5/20~5/26の一週間、全国的に暑かった事もあり、熱中症で救急搬送された人が昨年574人だったのに比べ今年は2053人と4倍近く増加していたようです。


熱中症搬送

総務省消防庁のホームページより

熱中症を防ぐ為には!

①課外活動時の環境を知る:

深草体育館、瀬田体育館、瀬田グラウンドでは暑さ指数(WBGT)をアスレティックトレーナーが測定、掲示を行っています。熱さ指数が分からない時、例えば大学以外でゲームを行ったりする時は環境省の熱中症予防情報サイト(http://www.wbgt.env.go.jp/)で最寄りの測定箇所の暑さ指数(WBGT)の予報、実況を参考にすることができますし、このサイトでは登録すれば携帯電話などにメールで注意を促してくれる機能もあります。

そして暑さ指数(WBGT)で熱中症の注意が必要な値を示した時は、練習時間や練習強度などの変更、水分摂取の時間や休憩の回数を増やす、帽子をかぶったり服装を軽装にするなどの予防策をとりましょう。

瀬田wbgt

            瀬田体育館の暑さ指数掲示

②各自の体調を整える:

各自こまめな水分補給を心がける事はもちろんですが、欠食をしない、十分に睡眠をとる、体重の急激な減少などがないよう気を付けるなどして、熱中症の予防に心がけ、安全に課外活動に取り組んでいきましょう!

アスレティックトレーナー 管

ページの先頭へ

ページの先頭へ