トレーニング室

ピンチ!龍谷ラグビー部!

みなさま、こんにちは

龍谷大学深草キャンパス、ストレングスコーチのTKです。

京都の春は一瞬にして過ぎゆき、昨日5/26は33度を記録しました。これから猛暑日が続いていくと思うと憂鬱になる今日この頃です。

 

こんな春ですが、今龍谷大学ラグビー部がピンチです。現在、春の試合の結果 は以下の通り

龍谷A 7-62 大阪体育大学

龍谷(1) 14-33 JR西日本

龍谷(2) 5-69 JR西日本

龍谷A 10-47 立命館大学

龍谷B 12-59 立命館大学

龍谷C 12-45 三菱自動車京都

龍谷A 19-60 関西大学

龍谷B  5-110 関西大学

 

そうなんです。1試合も勝てていません。冬から春にかけて、二部練習、三部練習を繰り返し、フィールドとウエイトルームで激しくトレーニングをしてきました。しかし、現在、結果が出ていない状態です。

そんな中で昨日、追手門大学と試合が行われました。相手は同じBリーグに属する大学。Bリーグ優勝、Aリーグ昇格を掲げる我ら龍谷大学は負けるわけにはいかない、そんな試合でした。

第1試合目。序盤からお互いがミスを繰り返します。龍谷はトライライン手前まで攻め込むも、ミスやペナルティーでトライを決めることができません。スクラムやラインアウトでは圧倒しているだけにもったいないところです。逆に相手に攻め込まれ、先制トライを許します。後半になっても、攻め手がなく、逆にトライを重ねられ、結果10-24で負けてしまいました。

かわって2試合目は、接点接点で相手を圧倒。ボールもつながり序盤からトライを積み重ねます。後半も手を緩めることなく攻め続け、67-15で圧勝しました。

課題を残したAチーム、そして最後まで自分たちのプレーを貫いたBチーム、灼熱の中での試合が終了しました。Bチームの勝利により、春の連敗は止まりましたが、Aチームが同じBリーグのチームに負けたという事実は重くのしかかります。

 

こういったときは責任を外に向けがちです。「練習がきつくて疲労が抜けないから」「戦術が悪い」「あいつがいたら勝てるのに。。。」きつい練習をしてきたにもかかわらず結果が出ないというのは、なかなか受け入れがたいことです。

 

しかしそういった姿勢では、練習はやらされるものになってしまいますし、そして何よりラグビーが楽しくなくなっていくでしょう。

 

 

本当に強いチームは敗戦したとき、それを正面から受け止め、反省する主体性があると思います。そして課題を明確にし、それをチームで共有できるチーム力もあるはずです。今、龍谷大学ラグビー部としてのチーム力が試されているときだと思います。

ストレングスコーチの私ができることは限られていますが、できるだけ選手に寄り添い、話を聞き、そしてアスリートとして納得してプレーできるよう、少しでもサポートしていきたいと思います。

 

TK

IMG_2779IMG_2786

ページの先頭へ

ページの先頭へ