トレーニング室

8トレ引っ越し!

皆様、一月も最終週に入りました。

いかがお過ごしでしょうか?

龍谷大学では、期末テストが始まりました。日ごろトレーニングに精を出している選手たちは、現在そのエネルギーをテスト勉強に費やしています。

このテスト期間を利用して、23日、24日にウエイトトレーニング器具を第8トレーニング室から第4トレーニング室に移動させました。第8トレーニング室の天井のアスベスト工事が目的です。

ほとんどすべての器具を移したので、機能としてはほぼ同じです。来週の月曜日より利用可能で、テスト期間中と休業期間中は10時から16時半まで開室しています。場所、時間、間違えのないように来てください。

さてさて写真は、スクワットラックを解体しているところです。今回は日通さんにお願いしたのですが、目にもとまらぬ速さで解体し、重いラックやマシンを運んでいきました。皆で声をかけながらウエイト器具を台車に乗せる姿に、プロの業を見ました。

それでは

TK

thumbnail_image2 thumbnail_image1

NSCAジャパンS&Cカンファレンス2019 にてポスター発表を行いました

深草S&Cコーチの青木です。

新年のあいさつをしたと思えば、もう半月が過ぎ学生の皆さんは月末の後期試験の準備を頑張っているところだと思います。

さて今回のブログは、我々の活動報告をさせていただきます。

昨年末に神戸で行われた「NSCAジャパンS&Cカンファレンス2019」にてポスター発表を行いました。

「大学女子バレーボール選手におけるバックスクワットの負荷設定と動作スピードに着目したトレーニング効果について」として、女子バレーボール部のプログラムと測定データを発表させて頂きました。

多くの参加者とディスカッションすることが出来、今後のプログラム作成のヒントをたくさん頂くことが出来ました。ありがとうございました。

カンファ

また、NSCAジャパン事務局より今回の発表が最優秀賞に選ばれたことを報告頂きました。ありがとうございました。

引き続き、現場のデータ発表を行っていきたいと思います!

表彰

表彰状 と協力してくれた 酒井SC と 笹田SC

インフルエンザウイルスと湿度の関係

深草ATの中西です。

新年も始まり、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回はインフルエンザウイルスと湿度の関係についてお話ししたいと思います。

今年もインフルエンザが流行しています。毎年1月から2月にかけてインフルエンザの流行がピークになります。

インフルエンザ予防は手洗いうがいが基本ですが、日ごろから自分の周りにウイルスを増やさないようにすることも大切です。

インフルエンザウイルスは気温と湿度が低くなると活動が活発化します。

特にこの季節は暖房を入れることで部屋が極端に乾燥し室温が高くてもウイルスが活発化する傾向にあります。

インフルエンザウイルスは室温20度以上、湿度50~70%に保つことで活動が弱まると言われています。部屋に加湿器がない場合は、暖房をつける際に洗濯物や濡れたタオルを部屋に干すなどして部屋の温度・湿度管理を徹底しましょう。

しかし、湿度が70%以上になるとカビの発生リスクが上昇するため、結露などはこまめに拭き取るなどし、湿度の上げすぎも注意して下さい。

テスト期間も近くなるのでインフルエンザ予防を徹底しましょう。

thumbnail_image0

デスク用加湿器 (USBを接続できればどこでも加湿できる優れものです)

ページの先頭へ

ページの先頭へ