トレーニング室

スポーツを始めたきっかけ

こんにちは!瀬田S&Cコーチ服部です。

日本中を席巻したラグビーW杯も幕を閉じ、私もラグビーロスの症状に陥っています。瀬田キャンパスで活動中のクラブはほぼオフシーズンに突入し、これから本格的に新チームへの移行、トレーニングシーズンが到来し、各クラブがより強固な『ONE TEAM』となるため、私たちの役割が一年の中でもより重要なものになる時期と思っています。

さて、今回は先日母校で行われた「子どもスポーツフェスタ」に参加して感じたことを踏まえ、私が『スポーツ』に触れてきた変遷を少しお話できたらと思います。

子どもスポーツフェスタの様子

子どもスポーツフェスタの様子

幼少期は特にこれと言ったスポーツにのめり込むことはないものの、外で遊ぶことがとても好きで特に球技は好きだったように記憶しています。今思えば、まだゲームなどは『ファミコン』がでたばかりだったことも影響しているかもしれませんね…。

小学校低学年の頃には、1~5年生くらいまで演劇をやっていたため、ほぼクラブや部活動を真剣にやることはありませんでした。ただ、5年生の頃に始めたサッカーはなぜかとても好きでもっとサッカーをやりたいと思ったことで演劇はすっぱり辞めることとなりました。

しかし、中学、高校と野球を真剣にやることとなり、大学ではケガで本格的ではないもののその後社会人(軟式)まで野球を続けることとなり現在に至ります。しかし、ここまでに野球をやらなかった大きな理由は、野球は父親が選手としても実績のある人だったため、子供心に「野球ではオヤジに絶対勝てない」と勝手に思っていたことから積極的になれなかったと記憶しています。また、これまでの関わりの中で、父親は私に野球をやってほしいと特に言ってきたことはありません。ただ、気のせいかもしれませんが、中学や高校の時にたまにしてくれたキャッチボールはとても楽しそうな顔をしているように見えました。

こうして思い返してみると、スポーツは、始めるきっかけには家族における互いの関わり合いの様々な形はあるものの、最終的には自分で選択したものに納得、満足して進める道として種目を選んでいくものなのかなと感じました。父が野球をやれ!と全く言ってこなかったことも何かこういった経緯を経験から学び私に委ねていたのかもしれません。

(委ねる=信頼する)≠託す

スポーツで育まれるものばかりでなく、もちろん社会人としての上肢と部下、仕事としての取引先・先方(クライアント)とその担当といった場面でも大いにある構図だと思いますが、私自身はスポーツをしていく中で学んできたものだと思っています。

こうしたことを総じて、指導者や親としては、そうした経験ができる『チャンスや環境を創る、見つける』ことには惜しまず力を注ぎ、その後は本人に委ねることが本人の満足、納得できるの自己実現、自己効力感の育成、形成に少なからず繋がるのかなと私は感じています。

咳エチケット

今の時期、朝晩は気温が低くなり日中の最高気温と最低気温の差が大きく風邪などひいて体調を崩さないように課外活動時には十分気を付けて下さい。またインフルエンザが流行ってきています。そこで今回は咳やくしゃみをする時に厚生労働省が勧めている咳エチケットを紹介します。

インフルエンザウイルスは主に飛沫感染といって咳などで飛び散ったしぶきに含まれ、それが体内に入ることで感染するのと、接触感染といって感染者が触ったドアのノブやつり革などに残ったウイルスが次に触った人に伝わり、その人が鼻や口を触り感染していくことで広まっていきます。

あなたが人込みなどでくしゃみや咳をする時、下記の様な良くない例のようにしていませんか?

くしゃみや咳をする時の良くない例①

マスク4

手で口や鼻を直接覆う

咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着します。ドアノブなどを介して他の人に病気をうつす可能性があります。もしこうした場合は直後にしっかり手洗いをしましょう。

くしゃみや咳をする時の良くない例②

マスク5

   そのまま咳やくしゃみをする

咳やくしゃみをするとき、しぶき が 2m ほど 飛びます。しぶきにはインフルエンザウィルスなど病原体が含まれている事があり、他の 人 に病気をうつす可能性があります 。

そこで、特に人込み、電車、大学、職場など人が集まる所で咳やくしゃみが出る時には下記の咳エチケットを実践し、インフルエンザなどの病気をなるべくうつさないようにしましょう!

3つの咳エチケット

咳エチケット①

1マスク

 ①咳やくしゃみの症状がある時はマスクをつける。

マスクは適正なサイズを選び、鼻、頬、あごに隙間があかないようにするなど説明書を読んでつける。

咳エチケット②

マスク2

ティッシュやハンカチで口や鼻を覆い、しぶきが飛ばないようにする。使用したティッシュはごみ箱に捨て、手はしっかり洗いましょう。

咳エチケット③

マスク3

急に咳やくしゃみが出る時は上着の内側や袖(そで)で覆う。しぶきを周囲へ飛ばさないように!

人込みで咳やくしゃみをする時には以上の咳エチケットを守り、感染を防ぐ、感染を広めないように心がけましょう!

「厚生労働省 咳エチケット」より

 アスレティックトレーナー 管

杉山アシスタントS&Cコーチ

段々と寒さの増すこの頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

チームにとってはちょうど代替わりの季節ですね。

トレーニング室でも、心新たに身体作りに励む選手をたくさん見かけます。

今日はそんな選手をサポートする、杉山恵太アシスタントS&Cコーチを紹介します。

 

喋り始めると、とても真剣に答えてくれました

杉山恵太アシスタントS&Cコーチ

酒井:今日は杉山さんのこれまでとこれからを聞かせてください。

杉山:よろしくお願いします。

酒井:杉山さんはどうしてS&Cコーチを目指すことにしたんですが?

杉山:大学3年生のちょうど進路を考えている時期に、膝を怪我しました。就職する道も考えていたのですが、身近にいたS&Cコーチと話をしていて興味を持ちました。

酒井:S&Cコーチを目指す環境として、龍谷大学はどんな現場ですか?

杉山:たくさんのS&Cコーチと一緒に働けることが魅力です。色んな意見を聞くことができます。実際に教わりながら指導することもでき、日々勉強になっています。

酒井:将来の夢はなんですか?

杉山:自分のジムを持ちたいです。1日を一人前のS&Cコーチとして過ごすことのできる環境を自分で作りたいです。

とても熱く語ってくれました

とても熱く語ってくれました

学生がより良いトレーニングをするために、彼らはとても大きな存在です。

私たちは学生指導だけでなく、アシスタントそれぞれの夢も応援しています。

 

ライフスキルプログラム

こんにちは、龍谷大学深草ストレングスコーチのTKです。11月となり、大学スポーツも終盤を迎えました。私もコーチとして龍谷大学のスポーツサークルの試合結果に一喜一憂する今日この頃です。

そんな中、10/28に大学学生部主催のライフスキルプログラムが行われました。ライフスキルプログラムとは、強化スポーツサークルに所属する一年生を対象にしたもので、コミュニケーション力やリーダーシップといった生きる上で必要な力「ライフスキル」の獲得を目指すものです。日本大学アメリカンフットボール部の危険なタックル問題や、慶応大学アメリカンフットボール部の不適切な行為など、大学スポーツで問題が相次いでいる昨今。学生選手には、スポーツに必要な体力や技術以外に、人と協調して問題を解決するライフスキルを身につけてほしいという願いから、龍谷大学では毎月一回講義形式のプログラムを実施しています。

10月は毎年、トレーナーの数名がこのライフスキルプログラムで話をしているのですが、今回は私が発表しました。テーマは「世界とスポーツ」、私が今まで生活してきたアフリカ、アメリカ、タイでの生活や葛藤、そしてそれを乗り越えた経験などを話しました。

22号館にて

22号館にて

直接スポーツやパフォーマンスにかかわるトピックではなかったですが、選手たちは興味深く聞いてくれました。今回のプログラムを通して少しでも多くの選手が世界の多様性に興味を持ってくれればと思いますし、世界に出るきっかけになればうれしいです。

一つのスポーツを極めるのと同時に、広い視野で世界を見ることができれば、大学卒業後も自分で人生を切り拓いけます。皆さん、目の前のこと、そして将来のことという二つの視点で日々生活していきましょう。

ページの先頭へ

ページの先頭へ