トレーニング室

管理者でなく創造者

みなさん、こんにちは。S&Cコーチの服部です。

9月に入り、瀬田キャンパスでの活動クラブも今週はソフト部(男女とも)が全日本インカレ、準硬式野球部が清瀬杯、端艇部が全日本大学選手権と大学生活の大きな分岐点となる大会に臨んでおり、他の各クラブも秋のリーグ戦など本格的な試合シーズンに突入しています。4回生はこれまでの集大成として、より一層気持ちが入りトレーニングに取り組んでいるのを日々感じています。

さて、今回はそんな日々の中で垣間見えた一面について考えてみたいと思います。あくまでも私見に過ぎませんのでご理解いただけたらと思います。

IMG_1424

IMG_1432

トレーニング器具を準備する上の2つの写真については、それぞれ善悪の判断というわけではなく様々違った感覚での見方ができると思います。もちろん、一定の秩序の保持や目には見えない暗黙の主従関係となってしまう部分など容易にこれが正解という解釈ができるものでもないとも思っています。

「ボスは部下を追い立てる。リーダーは部下を導く。」

「ボスは権威に頼る。リーダーは志を拠り所とする。」

「ボスは恐怖を吹き込む。リーダーは熱意を吹き込む。」

イギリス高級百貨店チェーン セルフリッジ創業者ハリーゴードン

この他にも上司に必要とされる理想の形をいくつかの言葉で示されています。また、現名古屋グランパスエイト監督の風間八宏さんも著書『日本サッカーを救う「超戦術」』でもこう述べています。

「練習を成功させるのが指導者ではない。代表選手をつくるのが指導者でもない。子供が自分の道を自分で選んで行けるように環境をつくってあげるのが指導者です。子供たちの才能を引き出すことが重要であって、指導者が思ったことをやらせることが重要ではない」

私たち指導者はそのさじ加減こそ難しいとはいえ、選手の管理をするという「管理者」の目線に終始することなく、今ここに集まっている者でしかできない物を選手以上の高次元に創造できるリーダー、「創造者」とならなければならないと改めて気づかされた一面でした。さらにはトレーニング室で関わった選手たちがこれからの社会において信頼され大いに活躍する人材となってくれるであろうことを盲信するばかりです。

IMG_1437IMG_1435

瀬田トレーニング室 服部

ページの先頭へ

ページの先頭へ