トレーニング室

スポーツの原点

S&Cコーチ青木です。

今年のGWは10連休で、どこに行っても人が多くて逆に疲れてしまったという人もいるのではないでしょうか?私もその1人です。

そんなGW中に柔道部の試合があり応援に行ってきました。今回は柔道部の試合の様子ではありません。試合会場近くで行われていた、少年野球の試合を少し見て思った事を書きたいと思います。

少年野球の選手達には、上手な選手は1人もいません。簡単なフライを落球したり、バットにボールが当たらなかったり・・・でも全員が楽しそうにプレーしています。

どんな選手もスポーツを始めたきっかけは「楽しい」がスタートだったと思います。楽しいにも色々あり、友達と一緒にプレーして楽しい、プレーが上手くなって楽しい、試合で活躍して楽しいなど、人によって様々です。どんな選手でもスポーツが楽しいと感じる事は、大事な事だと改めて思いました。

また 少年野球の試合は、お父さん達が審判したり、コーチしたりしています。お母さん達はお弁当を作ったり、水分補給のためにスポーツドリンクやお茶を用意したりしています。

審判やコーチがいないと試合が成り立ちません。お母さん達がいることで1日中試合やプレーに集中する事ができます。スポーツを成り立たせるためには、多くの人の協力が必要であること強く感じました。色々なサポートがある事は、どのカテゴリーのスポーツにも言える事だと思います。

S&Cコーチとして、スポーツに携わる人間として、少年野球の選手や保護者の方から、自分の仕事と指導について考えさせられるGWの1日でした。

Baseball

ページの先頭へ

ページの先頭へ