トレーニング室

「なんでも相談室」知ってますか?

みなさん、こんにちは!

瀬田ATコーナーのアスレティックトレーナー、松本です。

今日は少しだけ重たい話かもしれません…
でも、ぜひ皆さんにも考えて欲しくて今日はこのトピックでお話しさせていただきます。

先日、私は路上で困っているおばあさんと出会いました。
「大丈夫ですか?」と声をかけたのがきっかけで話を進めていくと

「今日はあの橋から飛び降りるために◯◯県から出てきた。身の回りのものは全て処理してきた。人とも関係を切ってきた。孤独で、もう全てが嫌だ」

自殺をするために、橋の近くで待っていたようです。

「いのちを諦めたい」というその女性の苦しみは私にはわからないし、「死にたい」という気持ちに簡単に「わかるよ」とは言えません。

警察に保護してもらおうと警察官の到着を待つ間、また保護されるまでの間、その女性とずっと話をしていましたが、通行人の中には「どうしたの?大丈夫?」と声をかけてくれる方々もちらほら。
中には小学生の男の子も。

みんな他人。
でも「あからさまに様子がおかしい状態だと、他人を見捨てられない」他人。

我々は本当に孤独なのでしょうか?

結局警察官に保護してもらったので、その日はおばあさんは警察署で夜を過ごし、翌朝には市役所で今後の生活の相談をしていると思います。

自殺を止めた、というと聞こえが良いのかも知れませんが、止めた事自体は大して良い事ではなく、根本解決ではありません。

そもそも「人が死を選択したくなる要因」に目を向けなくては、救いはないからです。

私たちは、私たちの周りの人とどのように関わっているのでしょうか?
どのように関わるべきなのでしょうか?
チームメイトが悩んでいたら、あなたはどう対応しますか?
あなた自身が悩んでいたら、誰に話しますか?

ヒトはいつか死んでしまう。
「どのように死んでいくために、今どのように生きていくか」という事を問われたように感じます。

実はここ最近、学生の皆さんから、よく「辛い、孤独、こんな思いをしているのは自分だけなんじゃないか」と聞きます。
辛くなったら。悲しくてどうしようもなくなったら。。。

龍谷大学には「なんでも相談室」という場所があります。https://www.ryukoku.ac.jp/campus_career/consult/counsel.html

もしあなたが今何か辛い思いを抱えているのなら、一人で抱え込まないでほしいなと思います。

辛い時につらいと言えることは、素敵な事です^^

ちょっと真剣な話でした。

 

アスレティックトレーナー  松本みどり

新S&Cコーチ紹介

こんにちは。

S&Cコーチの中嶋です。

今回は8月から就任された新しいS&Cコーチを紹介したいと思います。

その名も・・・

「池田 道生」さんです。

池田さん

池田さんは以前にも龍谷大学でS&Cコーチをされていたという経歴の方です。

ちょうど私が学生の時に在籍されていて、トレーニングやS&Cコーチのことを教えて頂きました。笑

私が池田さんの紹介したい部分はスポーツに対しての圧倒的な情熱です。

その熱量を感じさせるのはスポーツ全般に渡ってどんでもない知識量を持ってらっしゃるからです。

話せば話すほど知らなかった知識やトレーニングに対しての情報なども聞けるので皆さんも池田さんに色々聞いてみてください。

最後に関東のご出身ですがボケとツッコミには厳しい方です。

池田さんのボケを察知して、素早くキレの良いツッコミをいれてあげてください!!

新メンバーを迎えたトレーニングセンターを今後ともよろしくお願いします。

 

中嶋

 

アシスタントS&Cコーチのお仕事

すっかり夏ですね。S&Cコーチの酒井です。

学生の皆さんは試験を間近に控えて忙しそうですが、僕は毎日オリンピックを楽しんでいます。スポーツっていいですね。真剣に取り組むアスリートの姿に毎日心を動かされます。スポーツの魅力にあらためて気づかされ、スポーツ選手を支える仕事の責任の重さと楽しさを再確認しています。

さて、龍谷大学のトレーニング室にいるのは目標に向けて頑張るアスリートだけではありません。アスリートの皆さんと同じく、目標に向けて頑張るアシスタントS&Cコーチがいます。現在アシスタントS&Cコーチは5名おり、今日はその中から本田さんと杉山さんの日常を紹介します。

左:杉山SC 右:本田SC

アメフト部の学生にクリーンを教える二人(左:杉山SC, 右:本田SC)

赤いシャツを着た本田SCはクリーンが得意です。写真からは「肘あげて!!」という声が聞こえてくるようですね。

懸垂する選手を鼓舞する杉山SC

25kgの重りをぶらさげて懸垂する選手を鼓舞する杉山SC

杉山SCはとても勤勉です。自分に厳しく、人に優しい。杉山SCの前向きな声掛けに心を燃やした皆さんも多いのではないでしょうか。

ショルダープレスを教える本田SC

「よ~し、いいぞぉ~」と選手を応援する本田SC

本田SCは「よ~し、いいぞぉ~」が口癖です。アシスタントS&Cコーチも関西を中心に全国から集まっています。指導を注意深く観察すると口癖があったりするものです。

私たちも学生の皆さんと同じく、なにかを目指し専門性を磨く探求者です。私たちも学び、鍛え、自分を高めることに情熱を燃やしています。間違いを指摘するのではなく一緒に考える。答えを教えるのではなく一緒に探す。火をつけるのではなく一緒に熱くなる。私たちは学生に学ぶことのできる機会を提供しながら、ともに学んでいます。学生と一緒に成長できる場が龍谷大学にはあります。

熱中症を予防しよう「練習前の水分補給」

こんにちは。アスレティックトレーナーの藤田です。

 

今年は5月に梅雨入りして、気温も湿度もすでに高くなってきています。

 

今のスポーツ活動中はコロナ前のような自由な給水が難しく、熱中症発生のリスクも高まります。

そこで熱中症予防としては「練習前」にもしっかり水分補給しておくことが大切になります。

 

【練習前の水分補給例】

練習30分前~

250~500mlの水分(スポーツドリンクなど)をこまめに飲む。

一度に飲むとおなかがタプタプになるため少しずつ飲むことがポイントです。

運動を始める前に体内に水分をためておくことができます。

 

もちろん練習中の水分補給も大切ですが、練習前から水分補給することにも意識してみましょう。

WBGT表示

龍谷大学では、平日15時の気温や湿度をもとにした「暑さ指数」WBGTを測定し、深草体育館前や瀬田グランドに毎日掲示しています。

練習中の暑さ予測の指標になりますので参考にして熱中症予防に努めましょう。

 

アスレティックトレーナー

藤田まり子ブログWBGT測定表

ページの先頭へ

ページの先頭へ