トレーニング室

9トレ 新メンバー

こんにちは。アスレティックトレーナーの藤田です。

今年は桜が満開の中での入学式でした。

新入生の皆さん、そして上回生の皆さんも新たな気持ちで新年度をスタートさせていることと思います。

9トレにも4月から新しくメンバーが加わりましたのでご紹介します。

森嶋和樹さん

森嶋和樹さん

こんにちは。

2021年度よりATとして働くことになりました。森嶋和樹です。

ケガの相談があるときは気軽に声をかけてください。

福島県出身のため、時々東北なまりが出ます。

よろしくお願いします。

黒澤洋治さん

黒澤洋治さん

20214月よりATとして皆さんのサポートをさせて頂くことになりました黒澤洋治です。

からだに関するお悩み、スポーツの蘊蓄(うんちく)を知りたい方は、お気軽にお声がけ下さい。

よろしくお願いします。


私、藤田を含め3名のATで運営していきます。

2021年度もよろしくお願い致します。

アスレティックトレーナー

藤田まり子

スタッフミーティング

こんにちは。

アスレティックトレーナーの藤田です。

 

2021年が始まりました。喜ばしいニュースが少ないこの頃ですが、新しい年はフレッシュな気持ちでスタートしたいものです。

 

新型コロナウィルス感染予防のため、月1回のスタッフミーティングはオンラインで行っています。深草・瀬田のAT&SCコーチで情報共有することが目的です。

1月14日(木)は今年度最後のオンラインミーティングでした。

ミーティングPC画面

ミーティングPC画面

全体での情報共有の後、瀬田の松本ATによる発表とディスカッションを行いました。

テーマは「メンタル強化について考える」です。

ブログタイトル写真P1140296

普段の自分を振り返ると、身体の動きを考えていることはあってもメンタルを「強化」まで踏み込んで考えることはなく、新鮮な情報が得られました。

メンタルの定義が難しいため、全体でも「これだ」という結論には至りませんでした。

発表やディスカッションの中で出てきた

・「今」すべきことにフォーカスする

・目標を持ち、達成を積み上げていく

などは、スポーツにおいても仕事においても大切なことだと感じました。

勝敗をつけるスポーツでは心の状態によっていつも通りのパフォーマンスができないことがあります。

皆さんは何か工夫していることはありますか?

 

アスレティックトレーナー

藤田まり子

2020年 S&Cコーチ研修

ストレングス&コンディショニングコーチの青木です。

クリスマスも終わり、2020年もあと数日です。みなさん今年を振り返ってみて、いかがでしたでしょうか?新型コロナウイルスの影響で、多くのアスリートたちが自粛期間中に練習やトレーニングを中止することとなり、未だ終息のきざしが見えてきません。一方で自粛期間を過ごす中で、自分のスポーツやチームについて見つめ直すことが出来たのではないでしょうか・・・
指導させて頂ている私自身も、自分の仕事を見つめ直す良い機会だったと感じています。

さて今回の報告ですが、我々S&Cコーチは毎年年末に研修を行っています。アシスタントS&Cコーチも含めて全員がプレゼンテーションを行い、内容についてディスカッションする形で行われています。

cache_Messagep82664
今年は瀬田キャンパスで行い、レクリエーションも行われ全員で野球を行いました。ふだんは野球と関わりがないS&Cコーチにとっては、いつもと違うスポーツを体験することで勉強になったと思います。

baseball

年末年始は、体調管理をしっかり行って新年を迎えるようにしましょう。
2021年も龍谷スポーツを、どうぞよろしくお願いいたします!

S&Cコーチ
青木 達

今回は少し変化したトレーニング室を紹介します。
ズバリ!プラットフォームが増設されました!

IMG_8328

プラットフォームとは、オリンピック競技である重量挙げのように高重量のバーベルを持ち上げて全身のパワー発揮を鍛える場所です。

これまでのプラットフォームは、瀬田トレーニング室開室以来使用されているためかなり傷んでいます。バーベルを落とす場所のラバーを交換しながら使用してきましたが、とうとう真ん中の踏み込む場所まで削れてきました。

IMG_8538

新しいプラットフォームは、衝撃を分散させる構造となっており従来のような厚さがありませんがバーベルを落としても跳ね上がりにくいのが特徴です。
しかし、これもトレーニング室の床がコンクリート構造になっており土台がしっかりしているので設置できるものです。土台があってこそ、その性能を活かすことができます。

IMG_8537

人も同じです。心を含めた身体という土台がしっかりしているほど、身に付けられる技術の幅が広がり、発揮できる能力も多くなります。土台をしっかりさせるには鍛えることも大切ですが、同時にメンテナンスを怠らないことも大切です。

瀬田トレーニング室
ストレングス&コンディショニングコーチ 花田理

ページの先頭へ

ページの先頭へ