陸上競技部

【陸上競技部】2部で総合優勝! 1部昇格へ

5月13日、長居ヤンマースタジアムにて、関西学生陸上競技対校選手権大会の決勝が行われた。龍大は2部にて男子10000㍍競歩、男子400㍍H、男子10000㍍走を優勝。さらに男子4×400㍍Rでは準優勝を果たし2部で総合優勝。見事1部昇格を勝ち取った。

 

曇り空の下開かれた競技大会。幸運にも雨は降らず、全競技が無事執り行われることとなった。昨年2部降格となった龍大は、今大会にて成績を残し1部昇格を狙う意気込み。選手たちの闘志は燃えていた。最初に行われた10000㍍競歩では、女子から多比良選手(社3)が出場。強豪大学に距離を離されるも、粘りを見せ6位となる。続く男子10000㍍競歩では森田選手(経済2)が終始上位をキープし、大会新記録とともに1位の栄冠を得る。その後勢いを見せたのが男子400㍍H。道下選手(経済3)と近藤選手(経営2)が持ち前の機動力を生かし、龍大の選手で上位を独占する。

 

写真2

【写真 笑顔を見せる道下(右)と近藤(左)】

 

その後も龍大は順位に名を連ねていく。男子10000㍍走では大山選手(法4)と片山選手(文2)、冨田選手(文2)が出場。序盤から全員が上位をキープし、一時冨田が首位に入り込む場面もあったが、その後失速。しかし4年の意地を見せる大山がラストスパートをかけ優勝する。最後に4×400㍍Rにて男女で決勝に出場。女子の方では結果振るわず7位に終わったが、男子勢が奮闘、準優勝となった。全ての競技結果の総合得点により龍大が総合優勝。1部に返り咲いた。さらに、男子2部の最優秀選手には、男子10000㍍競歩優勝の森田が選出される偉業も果たした。

 

上々の結果に終わった今競技大会。1部昇格とともに大会新記録を出した競技もあり、龍大の底力を見せつけてくれた。しかし本当の戦いはここからだ。1部の名だたる強豪とぶつかっていき、打ち勝たなければ意味はない。先を目指す、その足を止めるな。

 

<大山選手のコメント>

「後半苦しい部分もあったが、結果自分のペース展開にできて良かった。勝つことが大事なので、そこを意識しつつベストタイムを更新したいと思います」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上村倫太郎)

 

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

 

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【陸上部】総合力の高さ活かせず6位

11月19日に丹後地域コースにおいて第78回関西大学生対校駅伝競走大会が行われた。

悪天候のなか迎えた大会、全力を出し切ったが悔しい結果に終わってしまった。

 

龍大は5位でスタートし、トップとの差は9秒。第3区走者の大山(法3)は4位に上がり差を縮める。順位をキープしていたが第5区走者の足垣(政4)が10位に大きく後退してしまう。最長区間である第6区走者の苅郷(政4)が怒涛の追い上げを見せ4位に登り詰める。しかし、第8区走者の中川(経2)で6位に後退しゴール間際で強勢な走りを見せ倒れ込む形でゴールを迎えた。自身の走りについて、中川選手は「自分が走るか1年生が走るか本番の前日までに決まらなかった、スタート直後から調子は上がらず、5kmほど粘ったが先頭集団から離されてしまった」と語る。そのまま6位という結果で幕を閉じた。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

【写真】ゴールする中川選手

 

本来であれば総合力の高さで上位入賞も出来たはず。今大会のレースはチーム全体の走りと前半の走りがよかった。が、レースが長引くにつれて後退していった。多くの選手が語るようにエース不在という事実が大きく響いていたのだろう。

中川選手は「来年に向けてチーム一丸となって駆け抜けたい」と語る。上位入賞に向かって飛躍する彼らの活躍に期待したい。

 

(龍魂編集室 記事/写真 北村英貴)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味のある方はtokoton_ryuon@hotmail.comまで

 

【陸上競技部】10000mWで龍大活躍

5月15日、長居ヤンマースタジアムにおいて、第93回関西学生陸上競技対校選手権大会トラック&フィールドの部が行われた。龍大は女子10000mWで多比良(社2)が5位、小脇(経済3)、森田(経済1)、植田(経済2)の3人が出場した男子10000mWではそれぞれ2位、3位、5位という結果を残した。

 

女子10000mW決勝に出場した多比良。「最初から番狂わせのつもりで前に出た」と語るようにレース開始直後、多比良が集団の先頭に立ち、果敢な歩きでレースを先導する展開に。多比良は序盤の歩きを「自分が引っ張る気はなかったが引っ張っていけるという感じはあった」と振り返る。終盤、先頭集団から離されるも落ち着いた歩きを見せ、しっかり自分のレースを組む。ラスト2000メートル、他校の選手に追いつかれるも苦しい中で相手に食らいつき、何度も前に出るという粘り強さを見せた。終始力強い歩きを見せた多比良、見事5位入賞という結果を出した。

写真1 (1)

【写真 ゴールラインを目指す多比良】

 

続く男子10000mWには龍大から小脇、森田、植田の3人が出場した。小脇、森田は序盤から積極的に先頭集団でレースを進め、それに植田も続く。ラスト2000mをいかにきれいに上げるかを意識した練習で今大会に臨んだと言う小脇。警鐘を鳴らされてしまうも冷静な歩きで先頭を見据え、ラスト5000mから徐々にペースを上げ始める。そんな小脇に前半、森田も後れを取らずついて行く。植田は龍大選手につかず、一定のペースで押すレースを展開する。小脇は後半にペースを上げた勢いそのままラストスパートに繋ぎ42:47.32のタイム、2着でゴールラインを超えた。それに続いて森田が43:07.31で3着、ラスト400mで粘れなかったと語る植田も44:15.32で5着という結果を残した。

 

写真2 (3)

【写真 激歩する小脇(右)と森田(左)】

 

写真3

【写真 コーナーを抜けた植田】

 

まだまだ試合の続く龍大陸上競技部、この後もしっかりと記録を残して次の試合につなげていって欲しい。

 

<多比良選手のコメント>

「今日は気持ちが前に出たいい試合が出来た。やはり勝負には勝たなければいけないのでラスト400mで置いて行かれたのが課題。でも入賞が出来て良かった。5000mWは24分台、10000mWでも51分台を出すのが目標です」

 

<小脇選手のコメント>

「京大の選手が飛び出るのは分かっていたことだったのでそれについていこうとした練習をしていたが、3月の大会以降2カ所を故障してしまい、満足のいく練習が出来ず焦りでいっぱいだった。ここまで来られたのも1つ上の先輩を含むチームメイトのおかげだと感じる。5000mまで先頭につこうと思っていたが体の動きがあまり良くなく、後半5000mで行こうと追い上げた。今後、続く全日本インカレで結果を残してユニバーシアードで日本代表の座を勝ち取りたいです」

 

(龍魂編集室 記事/長谷川奏珠 写真/大杉窓太)

 

現在、龍魂編集室では新入部員を募集中。

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

【陸上競技部】第80回京都学生陸上競技対校選手権大会

競技結果(上位入賞)

男子200m           2位 合田 尚平(社会3)

400m          4位 呉林 宏規(文4)

5000m        3位 中川 元弥(経営2)

10000m      4位 苅郷 時良(政策4)

3000mSC    3位 奥田 凌平(文2)

4×100mR  4位 川波(社会4)・吉田(経済4)・木原(文1)・合田(社会3)

棒高跳         3位 尾崎 巧(経済4)

走幅跳         1位 八木 一晃(経済2)

 

女子200m           2位 山口 菜穂(経営3)

4位 松岡 比佐子(国際2)

400m          3位 山口 菜穂(経営3)

4×400mR  3位 松岡(国際2)・山口(経営3)・別府(経済4)・津曲(文3)

走高跳         3位 新井 菜央(政策4)

 

4月8日(金)~9日(土)にかけて、西京極総合運動公園陸上競技場にて、第80回京都学生陸上競技対校選手権大会が開催された。昨年11月から5ヶ月間の冬期強化を終えて、陸上競技部員達はどの様に変化したのか。不安と期待が入り交じった状態の中で行われた対校選であったが選手達は前を向き2日間を戦いきった。

〈男子〉

初日は、100m5位、400m4位、10000m4位、4×100mR4位と3位表彰台を逃す結果が続き、チームのモチベーションも落ちてしまう展開となってしまった。しかし、ミーティングで主将・呉林が「チームの力は確実についている。まだ下を向くような状況ではない。全員で流れを取り戻すぞ。」と力強い激をとばす。

すると、2日目の走幅跳・八木の優勝を皮切りに、3位表彰台がなだれ込む。残念ながら優勝は1種目のみとなったが、各選手の自己ベスト記録更新が連発し、冬期練習が間違っていなかったことを自覚することが出来た初戦となった。

〈女子〉

エース津曲が怪我の為に、個人種目出場を回避する中、他のメンバーが大きく力を発揮した試合となった。多くのメンバーが自己ベストを連発する中、特に200m2位、400m3位の山口は、自己ベストを1秒近くも更新するほど、大きく成長した。

シーズン初戦で見せた女子パートの成長は今シーズン好成績に繋がってくれるものになるだろう。

 

〈呉林宏規主将コメント〉

「関西インカレの1部残留には、厳しい状況だけれども、チームとして着実に力は付いてきていると感じている。これから関西インカレまでの1ヶ月間が勝負となるので、1日1日を大切にして、1部で戦えるチームにしていきたい。」

 

〈八木一晃選手コメント〉

「初めてのタイトル獲得で、単純に嬉しかったです。京都という都道府県大会のレベルだけれども、優勝出来たことが大きかったと思います。自己ベストも更新できたので、関西インカレでは確実に入賞して、次のステップへと進んでいきたいです。」

 

〈山口菜穂選手コメント〉

「高校以来自己ベストが出ていなかったのですが、一気に1秒も更新することが出来て嬉しかったです。また、やってきた事が間違いではなかったことが証明できて安心しました。

以前は目標が曖昧だったのですが、それが少しずつ明確になってきて、モチベーションは高くなってきました。まだまだ課題は多いですが、一つずつ解決して、まずは4×400mRで全国インカレに出場したいです。」

 

image1

IMG_9090

ページの先頭へ

ページの先頭へ