陸上競技部

【陸上競技部】第58回全日本競歩輪島大会 出場者が全員入賞

4月13日(土)、14日(日)に石川県で第58回全日本競歩輪島大会が行われた。

龍谷大学からは、男子全日本10km競歩に2名、男子ジュニア10km競歩に2名の選手が出場した。

全日本男子10km競歩では、湯川(経営2回生)が4位、森田(経済4回生)が5位と入賞した。

レース序盤、森田は先頭集団で上位を目指す位置取り。湯川は第二集団に付き、後ろから順位を上げていくレース運びを行う。終盤になると森田が失速し、順位を落として5位という結果に。逆に湯川は、上位を少しずつ上げていきラスト1000mでスパートをかける。しかし3位の選手には追いつかず、4位と言う結果になった。まだまだ課題は残るが、初の全国大会入賞に自信をつけることができる大会となった。

湯川

全日本男子10km競歩に出場した湯川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男子ジュニア10km競歩では、 北村(法1回生)が2、鈴木(社会1回生)が6位に入った。

1回生北村が6000m過ぎに先頭集団から離れてしまう。そこからなんとか第二集団に食らいつき、先頭に徐々に追いつめていく展開に。しかし優勝には届かず、2位と言う悔しい結果となってしまった。

北村

男子ジュニア10km競歩に出場した北村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会は出場者全てが入賞する好結果となった。今後、5月の関西学生陸上競技対校選手権、6月に日本学生陸上競技個人選手権が行われる。今シーズンの競歩パートの活躍に期待したい。

 

【湯川選手コメント】

調整が上手くいっていなくて不安もあったが、自己ベストを1′20″更新する予想以上の結果を残すことができた。5月に行われる関西インカレでは、自分らしいレースを行い、それに結果がついてくる様に頑張りたい。

 

【北村選手コメント】

全日本の実力も肌で感じ取ることができたので、今後は日本一を目指して頑張っていきます。これからも応援を宜しくお願いします。

日本10km競歩 表彰

全日本ジュニア 表彰

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ