陸上競技部

全日本インカレで芝田選手快走!400㍍H3位・400㍍5位の快挙!!3000㍍障害では中大路選手が4位入賞で大健闘!!

9月9日~12日まで国立競技場に於いて第81回日本学生陸上競技対抗選手権大会(以後全日本インカレ)が行われ龍谷大学からは男女15名が出場。その中でも400㍍・400㍍Hに出場した芝田選手や3000障害に出場した中大路選手の4年生コンビが全国の大舞台で入賞と大健闘!!優勝が期待された3000障害の西川選手は14位と悔しい結果に。来年へのリベンジを期待。

<400m・400mH:芝田選手「全力を出し切った」感謝の気持ちで勝ち取った銅メダル>

左から2人目が柴田選手

龍大選手で唯一2種目での全国出場を果たした芝田選手。芝田選手といえば全日本ランキング3位の記録を持つ400㍍Hが得意種目だが、400㍍でも本番の勝負強さを発揮した。400㍍の記録で言えば全体で9位。「ランキングが下の方だったのでどうなるか分からなかった」と自身も話したように混戦が予想されたが、予選からなんとかギリギリで駒をすすめ決勝まで這い上がった。決勝では、スタートから隣りのレーンを走る優勝候補の新宮選手(東大阪大)が飛び出していくなか必死に食らいついた。自己記録を上回る選手を一人、二人と抜き去り見事5位入賞。「自己ベストには届かなかったが、全部出し切れての5位。良かった。」と笑顔を見せ、勝負の最終日へと弾みをつけた。

そして最終日の12日に行われた400㍍H決勝。前日までに行われていた予選・準決勝では後続を寄せ付けない快走で一位通過を果たしていた。400㍍の試合から合わせると決勝までに猛暑の中5レースを乗り切ってきた芝田だったが、「これが本番。今までのは全部アップや」と身体に鞭を打った。大学最後の全国の舞台。芝田の最終レースの400㍍Hでは三木選手(東大阪大)と米田選手(中央大)のランキング1・2位の強豪二人が待ち構える。「全日本はランキングじゃない。想いの強いものが勝つと信じています」芝田のその想いが決勝の一走に込められた。右には米田選手、左には三木選手。スタートから三人が一斉に飛び出し優勝争いを繰り広げる。しかし、200㍍辺りから少しずつ差をつけられ58秒0のタイムで3位フィニッシュ。レース後「龍大のユニフォームを着て1位でゴールすることをずっと目標にしてきた。一番にゴールすることが龍大やチームメイトや恩師への一番の恩返しだと思っていたので悔しい気持ちはある。」と悔しさをにじませた。しかし何と言っても全国で初のメダル。素晴らしい彼女の走りは紛れもなく龍大のエースとして金メダル以上の走りだったに違いない。現役最後の岐阜国体での走りに期待が懸かる。

 

<3000m障害:中大路選手が昨年のリベンジで渾身の4位>

4位入賞の中大路選手

3000㍍障害では優勝候補筆頭の選手が突然の棄権。全国2位の記録を持つ西川選手に優勝が一気に近づいたかに思われた。しかし、前半から早いレース展開に付いて行けず先頭集団から遅れをとるというまさかの展開。そんな中飛び出したのが昨年7位入賞を果たしていた中大路選手。先頭を行く選手の5㍍後方の2位集団で粘りの走りを続ける。それからどんどん先頭に近づき中大路選手を含め先頭4人が混戦状態へ。すべてが懸かったラスト一周で少しずつ先頭と差をつけられてしまい3位と1秒差の4位でゴール。3位入賞が目の前に来ていたこともあり「3位に入れなかったのは詰めが甘かった。悔しい」と語った。しかし自己ベストを7秒をも更新と、過酷な夏合宿を乗り越えてきた成果が伺えた。無念の14位となった西川選手は「来年は優勝を勝ち取りたい、琵琶湖駅伝ではチーム優勝に貢献したい」と話す。そんな長距離の彼らには秋には琵琶湖駅伝という大きな大会が待っている。長距離を率いる西出監督も「中大路、西川を含む柱の4人に加え、一年生も夏合宿では大きな飛躍を見せている。駅伝ではぜひ期待してほしい」と秋に向け熱い思いを語った。個人から駅伝へ。悔しさを一本の襷に込めて、西出チームの挑戦が幕を開ける。

今後の活躍が期待される西川選手(中央)

(記事・写真/龍魂編集室 新谷 佳菜)

ページの先頭へ

ページの先頭へ