卓球部

【男子卓球部】京産大に4-3で勝利。春へのリベンジを果たした!

9月13日、ベイコム総合体育において平成30年度関西学生卓球秋季リーグ戦第3戦が行われた。京産大相手に4-3で勝利し春へのリベンジを果たした。

 

○龍大4-3京産大●

第1セット 3-2

第2セット 3-2

第3セット 0-3

第4セット 3-2

第5セット 2-3

第6セット 2-3

第7セット 3-0

 

前日に行われた近大戦に勝利し、勢いに乗る龍大。第1セット目から白熱した試合が繰り広げられる。トップに出場した藤井(営2)はフルセットにもつれ込む接戦に。第5ゲームでは序盤から3連続ポイントを奪いリードを広げる。そして最後は相手のサーブがミスになりセットカウント3-2で勝利を収める。続く2番に出場した李(済2)は序盤思うようにプレーができず第1、2ゲームを落とし後がなくなる。第3ゲームをなんとか奪い返すと、第4ゲームは李が主導権を握り、このセットを制す。最終ゲームはお互いに譲らない攻防が続くも、最後は李が渾身のスマッシュを決め3-2と大逆転勝利を決めた。

男卓 藤井さん

【勝利に貢献した藤井】

 

続く3番はストレートで敗退。しかし4番ダブルスの藤井、西野(法1)がコンビのあったプレーで接戦をものにしチームの勝利にリーチをかける。だが相手もそう簡単に勝たせてはくれない。5、6番と競りながらも落としてしまう。そして勝てばチームの勝利が決まる運命の7番。ラストを任された西野は第1ゲームからエンジン全開。11-4でこのゲームを制す。すると西野の勢いは止まらない。終始西野のペースで試合は進み、最後はパワーのあるドライブを決め3-0で破った。この結果、セットカウント4-3勝利。上位入賞へ大きな1勝となった。

男卓 西野さん

【ラストで勝利した西野】

 

春では勝ちきれない試合が多かったが、今の彼らは違う。前日の近大戦に続き、今日の試合でも接戦をものにすることができた。残りの試合もレベルの上がった男子龍大卓球部の力を見せてほしい。

 

〈岡本主将(営4)のコメント〉

「前半で良い流れを作ってくれて、そのまま勢いに乗ることができた。近大戦に続き今回も勝つことができてよかった。藤井選手と西野選手がダブルスとシングルの両方を取ってくれたことが大きかった。残りの試合は同じレベルの相手と当たることになるが気負わず、思い切って戦っていきたい」

 

〈西野選手のコメント〉

「最後は自分に回ってくるとは思っていなかったが、ラストに置いてもらっているからには勝たないといけないという気持ちが強かった。最後は戦術よりも精神面が大事だと思っていたので、勝ってやるという気持ちで臨んだ。残りの試合はあまり背負い過ぎず楽に戦いたい」

 

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【男子卓球部】立命館相手に食らいつくも白星ならず。

9月11日、ベイコム総合体育において平成30年度関西学生卓球秋季リーグ戦開幕戦が行われた。相手は立命館。格上の学校を相手に食らいつくも1-4で敗退。開幕戦を白星で飾ることはできなかった。

 

●龍大-立命館○

 

第1セット 2-3

第2セット 3-1

第3セット 0-3

第4セット 0-3

第5セット 1-3

 

 

開幕戦の相手は立命館。春季リーグでは2位に入賞している強豪校である。そんな立命館相手に龍大は物怖じしない。トップに出場した馬場(文1)はレシーブから積極的に攻め、相手の攻撃を封じる。コース取りの良さも光り第1ゲームを奪取。このまま勢いに乗るかと思われたが相手の回転量のあるドライブの苦戦。第2、3ゲームを連取される。しかし馬場も負けていない。打球点の速いドライブが次々と決まり11-5で第4ゲームを制す。続く最終ゲームでは8-8と接戦。しかし接戦をものにできず、2-3と惜しくも敗退。悔しい敗戦となった。

 

続く2番に出場したのは李(済2)。第1ゲームは台から下がってしまい思うようにプレーができず、このゲームを落とす。しかし第2ゲームでは回転量の多いドライブを武器に得点を重ねこのゲームを奪う。続く第3ゲームではお互い譲らない攻防が続く。接戦の末15-13でこのセットを取ると勢いは止まらず、第4セットも連取。見事3-1で勝利を収めた。この流れに続きたい龍大だったが3番、4番とストレートで落とす。

男卓 馬場

【写真】トップに出場した馬場

 

セットカウント1-3と後がなくなった龍大。うまく流れを変えることができない。5番に出場した西野(法1)は第1、2ゲームを連取される。続く第3セットではレシーブで相手のミスを誘いこのゲームを制すも、第4ゲームは8-6から5連続失点を許し1-3で敗れる。この結果、立命館相手に1-4で敗退。白星とはならなかった。

 

立命館に敗れ今季リーグを黒星でスタートとなった龍大。しかしリーグは始まったばかりである。春のリベンジをこの秋で果たしてほしい。

 

〈岡本主将(営4)のコメント〉

「立命館相手に内容は悪くなかったと思う。前半にもう少し点が取れていたら後半も変わっていたかもしれない。実力不足だった。もっと力をつけていきたいと思う。今回のリーグは3位に食い込めるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【女子卓球部】近大にリベンジ達成!/秋季リーグ開幕戦

9月11日、ベイコム総合体育館に於いて平成30年度関西学生卓球秋季リーグ開幕戦が行われた。

○龍大4―2近大●

1.上野(済4) 3-1 澤田

2.王(済4) 2-3 田熊

3.篠原(政4) 3-0 和田

4.上野・角野(済2) 3-2 澤田・高橋

5.粟屋(政4) 3-1 高橋

6.松村(政2) 1-3 海津

※勝負が決したため第7ゲームは行われなかった※

 

春季の借りを返した。秋季リーグの行方を占う大切な初戦の相手は、奇しくも春季リーグで競り負けた近大。大混戦の予想を覆し、7番までもつれ込むことなく勝ち星を挙げた。1番手の上野が幸先良く1勝目を挙げると、3番手の篠原がストレート勝ちを収め、ダブルスへバトンタッチ。4番手上野・角野ペアが熱戦の末、リベンジへリーチをかけた。最後は5番手粟屋がしっかりと決め、見事雪辱を晴らした。

web用 篠原

【写真】危なげなく勝利した篠原

春季とは異なる上野・角野ペアで挑んだダブルスは序盤から壮絶な打ち合いが繰り広げられた。そのスピードに対応できず第1ゲームを逃してしまう。しかし2人は焦らなかった。「ダブルスは経験が少ないながらも、とにかく笑って楽しくやろう」と試合を楽しむことに専念した上野・角野ペア。その心の余裕からか、第2ゲームから試合展開がガラリと変わった。終盤に連続失点があったものの、セットカウント3-2で接戦を制した。

web用 ダブルス

【写真】コンビネーションが光った上野・角野ペア

目標はズバリ3位以内。「本当は優勝と言いたいんですけどね」と上野は笑ってみせた。安定感の4年生と経験を積んでパワーアップした下級生。初戦を白星で飾った龍大はさらに勢いを増していくだろう。賞状を受け取る主将の姿は現実となるだろうか-

 

〈上野主将のコメント〉

「前回(の春季リーグで)、セットカウント3-4で負けた相手だったので、今回も接戦になるのではないかと予想していた。しかし4回生全員がシングルスで勝てたので、7番までもつれ込むことなく勝利できた。(春季リーグと違うペアで挑んだ)ダブルスは経験が少ないながらも、とにかく笑って楽しくやろうと思っていた。そうすることで、緊張もほぐれて逆転することができたのではないかと思う。今リーグの目標は優勝!と言いたいんですけど(笑)今までの成績を鑑みて、3位以内に入って賞状を受け取りたいです」

 

(龍魂編集室 記事 松本侑香/写真 渡部恭太)

 

 

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

 

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【男子卓球部】リーグ7位 入れ替え戦にまわる/春季リーグ最終戦

5月13日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生卓球春季リーグ戦最終戦が行われた。相手は同志社。1部に残るためにも負けられない試合だったが、セットカウント2-5で敗退。リーグ7位となり、入れ替え戦へとまわることになった。

 

最終戦を勝利し1部残留を決めたいという思いが伝わった今回の試合。1番に出場した李(済2)は第1ゲームを取られるも、第2、3ゲームと回転量の多いドライブで得点を重ね連取する。しかし第4ゲームは左右に振られ思うように攻めることができずこのセットを落とす。最終ゲームは序盤からドライブで攻め3ポイント連取。その後も勢いは止まらず11―2で取り、見事勝利を収めた。このまま勢いに乗りたい龍大だったが、2番に出場した馬場(文1)は惜しくも敗退。続く3番に出場した足立原(営2)は相手に攻撃のすべを与えない。緩急のあるボールで相手を混乱させ、第1、2ゲームを連取。しかし第4、5ゲームは相手が変化にうまく対応し連取される。最終ゲームは4-4から5連続ポイントを収め、差を大きく離し3―2で勝利を決めた。

 

李さん 最終戦

【写真】1番で勝利をあげた李

 

 

足立原君

【写真】接戦を制しチームに勢いをつけた足立原

 

セットカウント2―1と迎えた4番ダブルスには岡本(営4)、馬場ペアが出場。第1セットを取るも後が続かず、ゲームカウント1-3で敗退。続く5番にはダブルスに続き出場した岡本。フルセットにもつれ込む接戦となる。最終ゲームは先にマッチポイントを取られるも10―10と同点に。逆にマッチポイントを握るが相手に3連続ポイントを許し11-13で取られ惜しくも敗退。続く6番、7番も勝利できず。この結果セットカウント2-5で敗退。悔しい敗戦となった。

 

今回のリーグでは接戦は多かったものの勝ち切れなかった試合がほとんどだった。勝負の世界の厳しさを感じたリーグになっただろう。入れ替え戦ではその悔しさをぶつけ、1部残留を決めてほしい。

 

 

〈岡本主将のコメント〉

「前半に2点を取りダブルスまでいい展開ができたが、その後続くことができなかったのが悔しい。5番で出場したシングルスでは緊張してしまいあまりいいプレーができなかった。相性の悪い選手に対して対応ができなかった。苦手な戦型の相手でも勝てるように練習していきたい。1週間後の入れ替え戦までにしっかり調整をしていきたい」

 

 

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ