卓球部

【男子卓球部】春のリベンジならず。関学大に敗退。

9月4日、ベイコム総合体育館において2019年度関西学生卓球秋季リーグ第4戦が行われた。龍大は関学大相手に春季リーグのリベンジに挑んだが2-4で敗れ、リベンジを果たすことはできなかった。

●龍大2-4関学大○

第1セット 0-3

第2セット 3-0

第3セット 3-1

第4セット 0-3

第5セット 0-3

第6セット 0-3

春の関西王者である関学大は序盤から強さをみせつける。トップに出場した田中(済4)は相手の勢いを止めることはできず第1ゲームを失う。第2ゲームはゲームカウント4-8と離れるがドライブで点数を重ね9-9と同点に追いつく。しかし後に続くことはできないまま0-3で敗退となった。続く2番に出場した李(済3)は威力のあるドライブを次々と決めた。後ろに下げられてもフルスイングをみせる。回転量の多いドライブに相手は止めることができない。相手に隙を見せないままストレートで勝利をあげ、龍大側に流れを引き寄せた。

李さん

【2番で勝利をあげた李】

3番には西野(理2)が出場。第1ゲーム序盤は少し硬さが見られたものの西野の持ち前であるガッツポーズが徐々に増え波に乗ったまま2ゲームを連取した。しかし第3ゲームでは相手のサーブに苦戦。ラリー戦でもミスが出てしまいこのゲームを失う。続く第4ゲームではデュースにもつれ込む大接戦となった。お互い譲らない攻防にベンチの盛り上がりも最高潮へ。結果は最後までドライブで攻め続けた西野がゲームカウント15-13で奪い勝利を決めた。セットカウント2-1とリードする龍大だがやはり関学大は強かった。4番、5番とストレートで落とし後がなくなる。ラストに繋ぎたい龍大は6番に馬場(文2)が出場。しかし勢いに乗る関学大を止めることができない。第1ゲームでは5連続ポイントを失うなど圧倒される。そのまま流れを掴むことができず、ストレートで敗退。この結果関学大相手にセットカウント2-5で負けが決まった。

ベンチ

【盛り上がる選手たち】

春のリベンジを果たすことはできなかった龍大。田中主将は試合後、「もう少し競りたかった」と悔しい表情をみせた。残りの試合も苦しい戦いとなるだろう。彼らはこの悔しさを晴らすことができるのか。残りの試合でぶつけてほしい。

 

〈田中主将のコメント〉

「春季リーグと同じ負け方だった。相手のダブルスは関西学生選手権で勝っていたので自信はあったが負けてしまい情けない。強い学校ではあるがもう少し競りたかった。格上とやるときに焦ってミスが出るところがある。もう少し自分のプレーができるようになればと思う。残りの試合は全部勝ちに行くつもりで頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ