卓球部

3年ぶりの快挙!卓球部女子リーグ戦優勝!

9月5日ベイコム総合体育館で関西学生卓球リーグ戦の最終戦が行われた。卓球部女子は3―4で近畿大学に敗れたが、同率1位の同志社大学との勝ゲームの差で優勝を果たした。男子は関西学院大学と戦い4-3で勝利した。

近大相手に3セット以上を取ることができれば優勝となる龍大。しかし、4回生の田松(済4)を含めた3人が近大の攻めに対応しきれず3連敗。優勝の2文字が遠のいてゆく。流れを断ち切るべくダブルスで出てきたのは主将の市原(文4)と桑村(文2)のペア。最初の2戦を落とすも、そこからの追い上げは凄まじく一気に3セットをもぎ取り逆転。1勝を手にし、優勝まであと2セット。ここでも市原と桑村が魅せる。市原は競り合う場面もあったものの勝ちきり1勝。ラストシングルスの桑村は有無を言わさぬ強さを見せストレート勝ちで1勝。3セットを取り龍大の3年ぶり総合優勝を果たした。

見事優勝を果たした龍大。春リーグ4位から大きく進歩したと言えるだろう。龍大を優勝へと導いた4年生の想いを引き継ぎまた来年新たなスタートを切ってほしい。進化する龍大に期待だ。

ダブルスで魅せた市原と桑村

ダブルスで魅せた市原と桑村

試合後選手たちの集合写真

試合後選手たちの集合写真

<桑村へのインタビュー>
「(今回のリーグ戦を振り返って)初戦の関学戦を落としてしまって1年生に助けられてきたので、今回の試合では自分が勝つところを勝てるように頑張ってきました。(市原さんについて)決めるところはしっかり決めてくれるし、応援の時もすごく安心できるかっこいい先輩です」

<市原へのインタビュー
「(4年間の卓球を振り返って)自分が1年生の時に総合優勝を果たし、嬉しくもあったが2年生からまた順位が下がってしまった。しかし自分たちの中で勝つところで絶対に勝つという意識は4年間ずっと変わらず、その意識のまま4年間やってこれたことが1番嬉しかった。(これからの後輩に向けて)自分がプレイ中に見せてきた勝つところで勝つという意識を後輩に伝えたいと思います」

(記事 龍魂編集室 松本 晃平/写真 松本晃平 林絵理加)

ページの先頭へ

ページの先頭へ