卓球部

【男子卓球部】春季リーグ4位で閉幕。

5月12日、近畿大学記念会館において2019年度関西学生春季リーグ戦最終戦が行われた。相手は関学大。セットカウント2-5で敗退したものの、相手のエースに勝利するなど絶対王者といわれている関学大を苦しめた。この結果、3勝4敗となり今季リーグ4位で幕を閉じた。

●龍大2-5関学大○

第1セット 1-3

第2セット 3-1

第3セット 3-1

第4セット 0-3

第5セット 1-3

第6セット 0-3

第7セット 1-3

 

絶対王者関学大に挑む龍大。トップに出場した田中(済4)はサーブで崩しチャンスを作って果敢に攻め込む。そして第1ゲームを先取。第2ゲームでは先にゲームポイントを取るもミスが出てしまいこのゲームを失う。そして相手の勢いを止めることができないままゲームカウント1-3で敗退。2番手の西野(法2)は力強いドライブが光り2ゲームを連取する。しかし第3ゲームでは相手に攻撃を読まれ逆をつかれる展開が増えてしまい思うように試合ができない。このゲームを落としてしまう。第4ゲームでは8-2とリードするも6連続ポイントを失い同点とされる。だがそこから上手く立て直し3連続ポイントを決め勝利をあげた。続く3番手の張(営1)は相手のエースと対決。第1ゲームを取られるも第2ゲームでは7-10から一気に5ポイントを奪い同点に。すると第3ゲームでもドライブを台のサイドを切る厳しいコースに打つなどして相手を圧倒する。そして第4ゲーム、ドライブを次々と決める張に対して相手は焦りだしミスが出始める。最後は相手のミスで得点を重ね3-1で勝利。絶対王者のエースを破る大金星をみせた。

西野さん

【気迫あふれるプレーをみせた西野】

 

絶対王者相手にリードする龍大は4番手に田中・馬場(文2)ペアが出場。しかし相手のレシーブに苦戦し思うように試合を進めることができない。ストレートで敗退となった。続く5番手の藤井(営3)は第1ゲーム序盤相手のドライブを止めきれずリードを許す。しかし終盤ではバックハンドで相手の逆をつくなど有利に試合を進めこのゲームを奪う。第2ゲームでは先にゲームポイントを握るも逆転を許し同点。その後もチャンスを活かすことができないままゲームカウント1-3で負けが決まった。そして6番手、7番手も勝ちきることができず。この結果、関学大相手に2-5で敗退。しかし絶対王者を苦しめる好試合となった。

張さん 新

【相手のエースに勝利した張】

 

昨年度の秋季リーグでは2位入賞を果たし、急成長をみせている龍大。今試合でも関学大を苦しめるほどの力を発揮した。田中主将が語った「秋季リーグ優勝」を目標にこれからも頑張ってほしい。

 

〈田中主将のコメント〉

「絶対王者といわれている関学大相手にいい勝負ができ、自分たちの成長を感じることができた。(今リーグ全体を振り返って)開幕戦に負けて出だしがあまり良くなかったが、その後の近大戦や関大戦など苦しい試合を勝ち切ることができた。自分たちの練習してきたことが実ってよかったと思う。(新チームになってこれからの目標)秋季リーグで優勝できるようにこれから頑張っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ