卓球部

【男子卓球部】春季リーグ4位で閉幕。

5月12日、近畿大学記念会館において2019年度関西学生春季リーグ戦最終戦が行われた。相手は関学大。セットカウント2-5で敗退したものの、相手のエースに勝利するなど絶対王者といわれている関学大を苦しめた。この結果、3勝4敗となり今季リーグ4位で幕を閉じた。

●龍大2-5関学大○

第1セット 1-3

第2セット 3-1

第3セット 3-1

第4セット 0-3

第5セット 1-3

第6セット 0-3

第7セット 1-3

 

絶対王者関学大に挑む龍大。トップに出場した田中(済4)はサーブで崩しチャンスを作って果敢に攻め込む。そして第1ゲームを先取。第2ゲームでは先にゲームポイントを取るもミスが出てしまいこのゲームを失う。そして相手の勢いを止めることができないままゲームカウント1-3で敗退。2番手の西野(法2)は力強いドライブが光り2ゲームを連取する。しかし第3ゲームでは相手に攻撃を読まれ逆をつかれる展開が増えてしまい思うように試合ができない。このゲームを落としてしまう。第4ゲームでは8-2とリードするも6連続ポイントを失い同点とされる。だがそこから上手く立て直し3連続ポイントを決め勝利をあげた。続く3番手の張(営1)は相手のエースと対決。第1ゲームを取られるも第2ゲームでは7-10から一気に5ポイントを奪い同点に。すると第3ゲームでもドライブを台のサイドを切る厳しいコースに打つなどして相手を圧倒する。そして第4ゲーム、ドライブを次々と決める張に対して相手は焦りだしミスが出始める。最後は相手のミスで得点を重ね3-1で勝利。絶対王者のエースを破る大金星をみせた。

西野さん

【気迫あふれるプレーをみせた西野】

 

絶対王者相手にリードする龍大は4番手に田中・馬場(文2)ペアが出場。しかし相手のレシーブに苦戦し思うように試合を進めることができない。ストレートで敗退となった。続く5番手の藤井(営3)は第1ゲーム序盤相手のドライブを止めきれずリードを許す。しかし終盤ではバックハンドで相手の逆をつくなど有利に試合を進めこのゲームを奪う。第2ゲームでは先にゲームポイントを握るも逆転を許し同点。その後もチャンスを活かすことができないままゲームカウント1-3で負けが決まった。そして6番手、7番手も勝ちきることができず。この結果、関学大相手に2-5で敗退。しかし絶対王者を苦しめる好試合となった。

張さん 新

【相手のエースに勝利した張】

 

昨年度の秋季リーグでは2位入賞を果たし、急成長をみせている龍大。今試合でも関学大を苦しめるほどの力を発揮した。田中主将が語った「秋季リーグ優勝」を目標にこれからも頑張ってほしい。

 

〈田中主将のコメント〉

「絶対王者といわれている関学大相手にいい勝負ができ、自分たちの成長を感じることができた。(今リーグ全体を振り返って)開幕戦に負けて出だしがあまり良くなかったが、その後の近大戦や関大戦など苦しい試合を勝ち切ることができた。自分たちの練習してきたことが実ってよかったと思う。(新チームになってこれからの目標)秋季リーグで優勝できるようにこれから頑張っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【男子卓球部】勝利まであと一歩。春季リーグ戦、黒星スタートとなった。

4月27日、いきいきランド交野において2019年度関西学生卓球春季リーグ戦開幕戦が行われた。結果は同志社相手に2-5で敗退。勝利まであと少しだったが一歩届かず。悔しい敗戦となった。

●龍大2-5同志社○

第1セット 3-1

第2セット 0-3

第3セット 2-3

第4セット 2-3

第5セット 1-3

第6セット 3-2

第7セット 1-3

昨年度の秋季リーグに続き上位を狙いたい龍大。トップに出場した李(済3)はサーブで相手を崩したり、持ち前のドライブで得点を重ね第1ゲームを奪う。続く第2ゲームは取られたものの、第3ゲームでは5連続ポイントを奪うなどし、リードする。そして第4ゲームでは5-8から4ポイント連取し逆転に成功。最後は回転量の多いドライブを決め、見事ゲームカウント3-1で勝利を挙げた。このまま勢いに乗りたい龍大だったが、2、3、4番と連続で落としてしまう。

李さん 改

【トップに出場し勝利を収めた李】

波に乗れない龍大。5番に出場した足立原(営3)も緩急をつけ相手のミスを誘い、第2ゲームを奪うが接戦の末、惜しくも敗退。続く6番の西野(法2)はフルセットにもつれ込む接戦に。最終ゲームでは4ー6とリードを許す。しかしそこから6ポイントを連取し先にマッチポイントを握った。最後はレシーブで決め、ゲームカウント3-2で相手を破った。そしてラストに出場した南﨑(法2)は第2セットを奪うものの相手の変化のあるボールに上手く対応できず敗退。この結果、セットカウント2-5で負けが決まった。

西野さん

【接戦をものにした西野】

今回の同志社戦では接戦の試合が多く勝利も目前であった。そのため選手たちには勝負の厳しさを感じさせる試合になったのではないだろうか。この悔しさを残りの試合にぶつけてほしい。

 

〈田中主将(済4)のコメント〉

「今日の試合は相手が強かったのもあり仕方がない部分もあったが、競った場面で勝ちたかった。これまで以上に練習をしてきたので残りの試合に期待していきたい。もう少し競った場面で強気でプレーすることがこれからの課題。残りの試合はどんな相手でも勝てるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【男子卓球部】秋季リーグ2位入賞!!

9月16日、ハンナリーズアリーナにおいて平成30年度関西学生卓球秋季リーグ戦最終戦が行われた。大接戦の末、甲南大相手に4ー3で勝利。この結果5勝2敗となり、2位入賞を決めた。

 

○龍大4-3甲南大●

第1セット 3-1

第2セット 1-3

第3セット 1-3

第4セット 1-3

第5セット 3-1

第6セット 3-0

第7セット 3-2

 

勝てば2位入賞が決まる大事な試合。トップに出場した李は(済2)は第1ゲームを先取するも第2ゲームでは6連続ポイントを許し波にのれない。第3ゲーム序盤もなかなかペースを掴むことができずリードされる。しかし欠けていた積極性を取り戻しドライブで攻め込む。そして11-9でこのセットを制した。第4ゲ-ムではデュースにもつれ込む大接戦に。先にマッチポイントを取られるも同点に追いつき、最後は力のあるドライブを決め見事3-1で勝利を決めた。しかし続く2番、3番は後に続くことができず敗退。4番ダブルスも1ゲームを取るも相手のレシーブに苦戦し敗北となる。

李さん  【トップで勝利をあげた李】

後がなくなった龍大。ここ最近では2部降格や入れ替え戦を経験しているため2位入賞はまだ早いのかと不安がよぎる。しかし5番の田中(文1)が不安を吹き飛ばすような圧巻のプレーをみせる。第3ゲームを取られるも相手の変化のあるボールにうまく対応し3-1で勝利を収める。続く6番の足立原(営2)も終始主導権を握ったまま3-0で勝利をあげる。そして運命の7番を任された主将の岡本(営4)はバックドライブを武器に得点を重ね第1、2ゲーム連取し勝利に王手をかける。しかし相手もそう簡単には勝たせてくれない。第3ゲームを11-13で落とすと第4ゲームも連取される。悪い流れを断ち切りたいが第5ゲーム序盤リードを許してしまう。しかし5連続ポイントを果たすなど逆転に成功し、見事3-2の接戦を制した。この結果、甲南大に4ー3で勝利。2位入賞を決めた。

主将 たっきゅう

【主将としてチームを引っ張った岡本】

 

春には入れ替え戦を経験し今リーグも上位は厳しいかと思われたが、格上の相手を次々と倒し見事2位入賞を決めた。4回生は最後のリーグとなるが後輩の活躍をみて安心して引退することができるであろう。来年もさらなる活躍を期待したい。

男卓 集合写真

 

〈岡本主将のコメント〉

「みんなが7番まで回してくれて最後の試合は絶対勝つという気持ちで臨んだ。インターバルの際に仲間が励ましてくれたので仲間を信じて思い切って試合をすることができた。(後輩たちに向けて)リーグ戦は緊張する場面が多いので練習から緊張感をもって取り組んでいってほしい。これからも頑張ってほしい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【女子卓球部】立命館に敗北し5位で閉幕/秋季リーグ最終戦

9月16日、ハンナリーズアリーナ京都市体育館に於いて平成30年度関西学生卓球秋季リーグ最終戦が行われた。

●龍大2―4立命館○

1.上野(済4) 3-2 平井

2.山岡(国3) 2-3 徳住

3.王(済4) 0-3 麻

4.上野・角野(済2) 3-2 横山有・徳住

5.粟屋(政4) 2-3 内山

6.篠原(政4) 0-3 横山有

※勝負が決したため第7ゲームが行われなかった

悲願の3位入賞とはならなかった。永遠のライバル・立命館戦は、第4ゲームまでイーブンという互角の戦い。ここからエンジンをかけていきたいところであったが急ブレーキ。5番、6番ともに勝ちきれず、セットカウント2-4で敗戦した。最終戦績は5位で、目標であった3位入賞を果たすことはできなかった。

 

執念が見えた。1番手の上野は右腿に痛みを抱えながら強行出場。スマッシュの際に踏ん張ることができないのか、時折イライラする様子も見えた。フルセットに及ぶ熱戦の末、貴重な一勝を挙げた。しかし2番、3番が続くことができず崖っぷちに。

ueno

【写真】怪我を抱えながらも執念を見せた上野

 

ここで勝ち星を挙げておきたい。上野・角野ペアで挑んだダブルスは序盤から壮絶な打ち合いが繰り広げられた。上野が左右に揺さぶり、角野が隙を突いてスマッシュ。相手に押される場面も見られたが、ペースは崩れなかった。何度リードされても食らいつく。2人の粘りは相手を圧倒した。

daburusu

【写真】しっかり勝ち切った上野・角野ペア

 

勝負には負けたが、上野は「全員が一つになった試合だった」と振り返る。賞状は受け取れなくとも、龍大卓球部を支えてきた4年生の功績は大きい。後輩には少しでも私たちの代を超えてほしい-主力だった4年生が卒業する来リーグが正念場である。これからの龍大女子卓球部に注目していきたい。

 

〈上野主将のコメント〉

「順位は前回と変わらず5位だが、龍大らしくみんなで戦えたリーグだった。今日は特に毎試合勝ったり負けたりで、殆どリーグの最終戦であたる立命館。戦っている選手だけではなく、ベンチの選手・父兄の方も含め全員が一つになれた。4回生主力のチームだったが、後輩には少しでも私たちの代を超えて他大学に勝てるようになってほしい」

 

(龍魂編集室 記事 松本侑香/写真 渡部恭大)

 

 

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

 

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ