その他のスポーツ系サークル活動

【男子バスケットボール部】リーグ4位、勝敗を分けた意地の1本

11月3日立命館大学BKCにおいて平成30年度関西学生バスケットボール2部リーグ最終戦、対大阪大戦が行われた。両者ともに7勝10敗と同率同士の対戦。なんとしてでも勝利を手にしたいゲーム、一進一退の攻防の末に龍大が76-74で見事勝利した。

大阪大ボールから始まった第1ピリオド、両者ともにアウトサイドからのシュートを中心に攻撃を展開していき22-23と大阪大リードで第1ピリオドを終える。第2ピリオドでも均衡した展開が続いた。中本(文2)が3Pシュートを決めるが相手もインサイドシュートで得点を重ね、流れを引き寄せるまでにはいかない。リード変わらぬまま38-39で前半が終了した。

灘波

【高い集中力で連続3Pシュートを決めた灘波】

3喜び

【怒涛の追い上げに喜びを見せる選手たち】

後半、龍大が流れを徐々に掴み始める。西廣(文3)の速攻や、灘波(済4)の連続3Pシュートが決まり相手を突き放した。龍大が63-50と13点リードで最終ピリオドへ。最終ピリオドに入っても両者ともに得点を重ねる白熱した展開が続く。しかし、徐々に相手のシュートが連続で決まり、リードは3点差まで詰め寄られる。龍大も守りに時間を使いながら攻撃を展開していくが、相手の3Pシュートで同点に追いつかれてしまう。龍大はここでタイムアウトを取り戦略を組み直す。すると、残り時間0.3秒で灘波がリバウンドシュートを決め龍大が76-74で勝利を収めた。

喜び

喜び2

【勝利を収め喜び合う選手たち】

 

大阪大に勝利しリーグ4位を決めた龍大。2部1位を目指す彼らには物足りない結果だったかもしれないが、この思いは次の後輩たちへ受け継がれていくことだろう。これからの新チームでどのような快進撃を起してくれるのか最後まで見届けていきたい。また、2部リーグ個人賞において高橋が優秀選手賞を受賞した。

 

【高橋主将のコメント】

「2周目では勝ち負けがあまり関わっていない状況での試合だったので、チームとしても個人としても試合に入る意気込みが薄れたかなと思う。でも終わってみて4年間で1番楽しかったと感じてチームメイトとの話し合いや意見のぶつかりあいとかもあり、良いところ悪いところをお互い言い合える関係だった。一緒にリーグに向けて負けても勝ちに行こうという姿勢でいれたのはチームメイトのおかげでもあるので楽しかったと感じている。後輩たちに向けては、自分はこのリーグで後悔している部分が多かったので、後悔がないのは優勝しかないと思うができるだけ後悔せず、気持ちよく全員が終われたらと思っている」

(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔/勝間晴香)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【相撲部】全国Cクラス優勝!!目標へあと少し!

11月3日、両国国技館において第96回全国学生相撲選手権大会団体戦予選・個人戦が行われた。龍大は、Cクラストーナメントを見事優勝で飾った。個人戦では、3選手が出場するも思うような結果とはならなかった。

Cクラストーナメント(団体戦)において龍大は、2回戦からの出場となった。大阪歯科大、日本医科大、名古屋大に対して、誰一人として負けることなく決勝まで駆け上った。決勝の相手は、応援団を中心にした大声援を背にしてここまで破竹の勢いで勝ち上がってきた東京大。先鋒から一進一退攻防が繰り広げられ、大将戦に勝負の明暗は託された。大将の青木(営3)は、優勝のかかった一戦ではあったが落ち着いた取り組みを魅せ、突き出しで団体戦の優勝を決めた。
村上 全日本
【安定感のある強さを魅せた村上(文3)】

個人戦では、村上、青木、中原(営1)が出場した。村上と青木は、立命館の選手に対して惜しくも勝利することができず、初戦敗退。中原は、団体戦に出られなかった分の闘争心を個人戦で出していく。初戦を押し出しで白星を飾るも続く2回戦では、格上の相手に対し攻めきることができずに敗退。
田中 全日本
【団体戦で副将を務めた田中(文1)】

個人戦については今ひとつの結果となった。しかし、団体戦での優勝した勢いを明日のBクラストーナメントでも生かしていってほしい。そして『Bクラスベスト4』という目標を是非とも叶えてもらいたい。
集合写真 全日本
【Cクラス優勝集合写真】

〈下里監督のコメント〉
「Cクラスと決まった段階でCクラスの中では敵なしの絶対の勝ち上がりでいこうと思っていたので、結果がそのようになってよかったです。(明日について)初戦が東海学園大ですけど、絶対に勝てない相手ではないのでそこを突破して波に乗れば、後の大学も組み合わせ的にはいけないことはない。波に乗ることができればもしかしたらAクラスにいけるかもしれない感触はありますので明日は今日の最後の試合については、しっかりとリカバリーして全部の力を出して目標を達成できるようにいきたいと思っています」

〈村上主将のコメント〉
「Cクラストーナメントに入るにあたりチームとしては一番、一番自分の役割を果たすことでした。優勝できたことについては、皆がいつも通りできたことが大きいと思います。また明日のBクラスに繋がる相撲を取れたと思うのでよかったです。明日は、自分たちが持っている力を全部出し切っていきたいと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【剣道部男子】昨年王者の壁破れず、初戦敗退

10月28日、大阪市中央体育館において第66回全日本学生剣道優勝大会が行われた。龍大は、初戦で昨年優勝校の筑波大と対戦。関西大会2位の勢いを見せつけたいところだったが王者の壁は高く、6-0で敗退した。

 

今大会は、団体戦の7人制。先鋒の吉河(法1)と次鋒の榊原(済3)、三将の本山(文3)が立て続けに負け、窮地に追い込まれる龍大。中堅の沖田(営3)が粘りを見せ、胴を一本取り、引きわけに持ち込んだが、五将の藤塚(済4)、副将の野間(社4)大将の田畑(法4)も負け続け、結果0-6で負けが決まった。

 

沖田さん【引き分けで、粘りを見せた沖田】

(龍魂編集室 記事/青木学登 写真/丸山恭佳)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【少林寺拳法部】出場した全部門で見事入賞を果たす!

10月28日、京都翔英高校において2018年少林寺拳法山城ブロック交流大会が行われた。龍大は一般段外単独演武の部、一般有段単独演武の部、一般段外組演武の部、一般有段組演武の部に出場し、出場した部門全てで見事入賞を果たした。

 

一般段外単独演武の部に出場したのは金森拳士。気迫のこもった声で力強い演武を見せる。一つ一つの技を丁寧に繰り出し、見事3位入賞を果たした。

IMG_6921

【写真 演武をする金森拳士】

 

一般有段単独演武に出場したのは斎藤拳士。キレのある動きで迫力ある演武、他を圧倒する見事な演武を見せ、3位入賞に輝いた。

IMG_7030

【写真 3位入賞に輝いた斎藤拳士】

 

一般段外組演武の部に出場したのは久原拳士、池田拳士ペア。男女ペアとは思わせない圧倒的な技の掛け合いを見せる。お互いに息のあった演武をみせ、堂々たる2位入賞を果たした。

IMG_6999

【写真 演武に臨む久原拳士(左)、池田拳士(右)】

 

一般有段組演武の部に出場したのは小田拳士。明治国際医療の拳士とペアを組んだ出場となる。心と体が一体となった技の構成を披露する。気持ちと気持ちがぶつかった迫力ある演武をみせ、3位入賞という好成績を残した。

IMG_6979

【写真 組演武をする小田拳士】

 

出場した拳士全員が入賞を果たした龍谷少林寺拳法部。11月4日には全国大会が行われる。この勢いに乗って全国大会でも活躍を見せて欲しい。

 

〈久原副主将 コメント〉

「日頃の練習で基本的なことを中心にして取り組んだことが今回の2位入賞という結果に繋がったと思う。今回、全員が入賞で、日頃の練習は間違っていなかったかたと実感した。今回の結果は、拳士それぞれがこれからの自信に繋がったと思う」

 

 

 

(龍魂編集室 記事/尾崎 愛斗 写真/加藤 虎太郎)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ