その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】進化を成し遂げた龍大が全勝優勝!

5月19日、近畿大学に於いて2019年度関西大学バレーボール連盟男子1部春季リーグ、大阪産業大学戦が行われた。両校無敗のため、この決戦で優勝校が決まる大事な一戦。試合結果は龍大がフルセットに及ぶ激闘を制し、優勝を成し遂げた。そして、続く西日本インカレでの第2シードを獲得した。

セットカウント 3-2
第1セット○龍大 25-22大産大●
第2セット終了○龍大 25-23大産大●
第3セット●龍大 22-25大産大○
第4セット●龍大 23-25大産大○
最終セット○龍大 15-6大産大●

第1セット、優勝に対して並々ならぬ思いを持つ龍大はプレーで魅せる。セッター西畑(済2)が緊張感が漂う場でも冷静にトスを上げ、これをサイド前田(営4)や大型ルーキーの駒井(社1)が高さとスピードを兼ね備えたスパイクで点を獲得していく。さらに、守りでも伊庭(文2)が執念のプレーでボールを繋げ、チームに貢献。龍大は最後まで安定の強さを示し、このセットを25-22で先取する。

第2セット、ここでも前田と駒井の攻撃は相手チームの脅威となり3点のリードした状態で相手チームにタイムアウトを取らせる。その後も点差は維持されたまま試合が進み、このまま龍大が主導権を握り続けると思われた。しかし、声援によって力をつけた大産大に17-18と逆転されてしまう。だが、ここから、巻き返すのが王者龍大。駒井のプレーで同点にすると前田の活躍で逆転。さらに山田(済3)のブロックで点差を広げる。そして、勢いそのままに相手の猛攻を振り払いこのセットを25-23で獲得した。

IMG_1332

【写真1】チームを引っ張った主将前田

第3セット、このセットを取ればこの試合に勝利すると同時に優勝となるが、後がない大産大の力は恐ろしいもので先ほどまでのペースを崩され、点を追いかける展開となった。このまま苦しい展開になると思われたが、第3セット中盤に前田と鈴木(政4)の4年生コンビの活躍よって逆転に成功。そして、リードをキープしたまま20点代に突入し、優勝は目の前だとなったのも束の間。攻守に磨きがかかり始めた大産大にこのセットを22-25で奪われてしまう。
IMG_1537

【写真2】いいプレーはチームで喜ぶ姿勢が見られた

最終セットに持ち込まれる前に試合に勝利を決めたい第4セット。序盤から、点を決められたら、点を決め返すシーソーゲーム。この時、両校一歩も譲らない試合展開のはずだが大産大の応援が会場内に響き渡り、まるで龍大が押されているようだった。そして、恐れていた展開が起きる。龍大の攻撃が拾われはじめ点が取れなくなり、点差が開き始めたのである。終盤に相手のミスもあって点差を縮めたものの、結果的に23-25でこのセットを落とす。

泣いても笑ってもすべてが決まる最終セット。龍大は第3・4と連取された悪い流れがあったが彼らのプレーは予想をはるかに上回るものだった。気持ちを入れ替えた選手たちは3連続得点で流れを作る。さらに、伊庭や西畑のスパイクによって得た6連続得点に加え、鈴木の多彩な攻撃もあってマッチポイント。そして、最後にボールを託された前田が最高のスパイクを決め、監督や選手などが最高の笑顔になって試合は終了。正念場で15-6と大産大を突き放して、このセットを勝ち取った。

IMG_1965

【写真3】龍大の強さを最高の形で示し終え、笑顔をみせた選手たち

閉会式
龍谷大学男子バレー部は閉会式で4つの個人賞を得た。
最優秀監督賞 吉田真士
最優秀選手賞 前田一真
セッター賞 西畑一聖
新人賞 駒井怜

<吉田監督のコメント>
今のお気持ちを教えてください
「選手に感謝の気持ちでいっぱいです」

どのような気持ちで試合に挑みましたか
「10勝と10勝の戦いということもあって試合が終わったときに悔いだけはないように龍谷大学らしいバレーをしたいと思っていました。また、最後まで強い気持ちをもって選手たちが戦ってくれることを信じていました」

試合を振り返って
「苦しい戦いでした。負けそうになった時もありましたが、最後まで我慢強く、粘り強く頑張ってくれました。そこは本当に良かったところだと思います」

タイムアウトの時など、選手になんと声をかけたのですか
「押されているときに受け身の状態は点を取ることに繋がらないので攻めの気持ちに切り替えさせました。また、今までやってきたことに対して自信をもって思いっきりやってこい、それだけのことはやっていると選手を送り出しました」

最期に
「西日本インカレや秋季リーグ戦、全日本インカレなどまだ大会はあるのでさらに上を目指してチーム一丸となって頑張っていきたいと思います」

 

<前田主将のコメント>
今のお気持ちと試合を振り返って
「うれしい、とにかくうれしいです」

どのような気持ちで挑みましたか
「個人の技量ではまだまだなので、全員で必死に一球のボールを追いかける意識をもって戦いました」

試合の中で苦しい場面が見られたことについて
「あの場面はどれだけ楽しめるかという気持ちをもって乗り越えました。下を向いても結果は変わらないですし、みんなで楽しくいつも通りのプレーをしました」

変えたこと
「変えたことはレギュラーに下級生が多いので4年生が下のいいプレーを引き出せれるようにしたことです」

これからに向けて
「これからは今回優勝したことを自信に変えて西日本インカレ・秋リーグ・全日本を代表として恥じないよう一戦一戦しっかりと戦っていこうと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【女子ハンドボール部】成長へとつながる敗戦

5月18日、京都産業大学にて関西大学ハンドボール連盟女子1部リーグ天理大学戦が行われた。今季リーグの勝ち試合が同志社戦のみと「勝利」がもっと欲しい龍大。この最終戦に勝利することで自信に繋げたかったが、試合結果は13-21で敗戦となった。

龍大―天理大
前半5ー14
後半8-7
試合終了13-21

試合開始早々、龍大は先制点を許してしまうものの廣田(文2)がサイドシュートで同点に持ち込んだ。点の取り合いになると思われたのも束の間、ミスからの失点が続いてしまい点差をつけらる。この状況を打破するきっかけを求めていると逆バック伊藤(社3)魅せる。フェイトで相手を抜いてシュートをきめたり、相手ディフェンスの上から投げた強烈なミドルゴールネットを揺らし、チームの活気を立てた。しかし、その後も相手チームの堅い守りとスピードのある攻撃を前に思うようなプレーができず、前半を5ー14で折り返す。

kk

【写真1】好プレーをみせてくれた廣田

厳しい状況で迎えた後半だったが、選手たちの動きは前半よりも良いものとなり始めていた。オフェンスではポスト田花(文4)がペナを決めるとセンター大西(短2)も体勢を崩しながらもシュートを決め、天理大のディフェンスを無力化し始めた。さらに、ディフェンスでは足が良く動いており、田花が体を張ってチャージをとるように個々が適切な判断で相手のプレーを潰して失点を減らす。しかし、前半での得点差が選手たちを苦しめてしまう。最後まで全力で挑むものの13-21で試合終了のブザーが鳴った。

k

【写真2】4年生の意地をみせた田花

<杉本監督のコメント>
今日の試合を振りかえって
「今回みたいなミスが多い試合は自信がないから起こるのだと思います。多くの状況に慣れることで自信をつけ、このような試合をなくしていければいいと思います。このチームには良い選手はそろっていると思うので努力すれば関西1部リーグでも今よりいい順位を奪えると思います。できるときはできる子たちですからこれから頑張ってもらいたいです」

これからについて
「まず関西で順位を上げ、大舞台に出ても代表校として不甲斐ない結果にならないように成長する期間にしようと思います」

(龍魂編集室 記事渡邊和記/写真/青木学登)

龍魂編集室に興味のある方は

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【準硬式野球部】和大に勝利!一次トーナメント突破!

5月3日、兵庫医科大学グラウンドにおいて関西地区一次トーナメント大会が行われた。リーグ戦でまさかの3位に終わり、一次トーナメントから全日本選手権の舞台を目指す龍大は、和歌山大に2-1で勝利し次戦へ駒を進めた。

昨年は春リーグ全勝優勝、関西大会3位とういう成績を収め全日本出場を決めたが、今年はリーグ3位という結果に終わり、一次トーナメントから地道に全日本を目指すこととなった龍大準硬。今試合は、全日本へと続く長い道のりの第1歩だ。

龍大は初回、先頭の谷口(社3)が左翼越えに先頭打者本塁打を放ち、チームに勢いをもたらす先制点を奪う。続く柴山(国4)も左前安打で出塁するが後続が続かず、龍大は毎回出塁するもなかなか得点に結びつけることができずにいた。
一方先発の古川(文3)は、粘り強い投球で4回まで相手に得点を許さなかった。しかし5回、四球の走者を背負うと、相手に適時二塁打を浴び同点とされる。その後もピンチは続くが、古川の好フィールディングなどもありこの回を最少失点で凌ぐ。

古川【写真1 6回途中まで先発した古川】
1-1と緊迫した展開が続いたが、再びゲームが動いたのは8回。龍大は相手のミスから二死三塁とこの日一番のチャンスを作ると、副将の城(文4)が右前に適時打を放ち、欲しかった勝ち越し点を奪う。

IMG_8358【写真2 勝ち越し適時打を放った城】

その後は、6回途中から継投していた中村(社3)が気合いのピッチングで相手打線を抑え、2-1で和歌山大に勝利した。

今試合に勝利し、続く5月4、5日の試合にも勝利した龍大は一次トーナメントを突破し、二次トーナメントへと進むことができた。このまま全日本に向け勝ち進むしかない。

〈柴山主将のコメント〉
前日のメンバー発表の際に期待する役割を伝えたのですが、その通りにみんなが機能してくれて、一生懸命やってくれたから勝てたと思います。今日の試合はよく粘ってくれて、ミスなく集中して一球にこだわろうと練習の時から言っていたのですが、その甲斐もあってかミスがなかったのが良かったです。

〈城選手のコメント〉
リーグ戦からずっと苦しく、連覇も途絶えてしまって、自分たちの代で全国の舞台に立つことを途絶えさせたくなかったので、なんとかあの場面で打てて良かったです。

(龍魂編集室  記事/藤井八雲  写真/加藤虎太郎)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【準硬式野球部】6勝4敗で春リーグを終える

4月4日、守山市民球場において京滋六大学準硬式野球春季リーグ戦、対滋賀大学教育学部戦が行われた。結果は5-3で龍谷大が勝利。6勝4敗のリーグ3位という結果に終わった。

試合は1回、先頭の大江(法3)が二塁打で出塁すると3番岡嶋が四球を選び1死2、3塁のチャンスを作ると4番の坂矢(社3)のタイムリーで一点を先制する。その裏、龍大先発の古川(文3)は危なげない立ち上がりを見せ打者3人でこの回を終える。

IMG_7965

(先制のタイムリーを放つ坂矢)

4、5回も確実に得点を重ね4-0とリードを広げる。

6回裏龍大はこの回変わったピッチャーの松本のワイルドピッチなどで2点を失い4-2と2点差に詰め寄られる。その後両校互いに1点ずつ加え5-3となり、龍大が勝利を収めた。

(柴山主将のコメント)

前日の結果でリーグ3位は確定していたので今日は今まで試合に出ていなかったメンバーを中心に次に繋がる試合をすることを目標に取り組みました。ベンチに入らないと分からないこともあるので、そこを感じてもらって役割を徹底することを意識しました。

まだ全国大会への可能性はあるので、次に向けて用意をしていきたいと思います。

(龍魂編集室 記事/加藤虎太郎 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ