その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレー部】全日本インカレ初戦突破

11月26日、墨田区総合体育館において第72回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 (ミキプルーンスーパーカレッジバレー2019)、桜美林戦が行われた。選手達は全日本インカレという大舞台の緊張を圧し殺せないまま第3セットをむかえていた。後がない状況。しかし、龍大は主将前田を中心に立て直すことに成功し、3セット連続で獲得。見事逆転勝利を成し遂げた。

第1セット 22-25
第2セット  24-26
第3セット  25-18
第4セット  25-17
最終セット  15-10

第1セットと第2セット
龍大は前田(営4)と駒井(社1)の力強いアタックで得点を得て、なんとか序盤はリードするものの終盤に思うように攻めることが出来ず、2セット連続で失ってしまう。

第3セット
先制点を取っていいスタートを切った龍大は先ほどまでの接戦が嘘だったかのように桜美林を突き放していく。特にここで活躍を見せたのは山田(済3)。アタック、ブロック、サービスエースで相手を圧倒し、このセットに貢献。結果25-18で勝利。

第4セット
逆転勝利のためにも落とせない状況でも、山田の勢いは止まらない。このセットだけで2桁の得点をチームに与え、桜美林の脅威となる。さらに、白川(理2)の活躍もあって、マッチポイント。最後は山田の強烈サーブで相手がミスしたボールを西畑(済2)がダイレクトで決めて25-17で勝利。

最終セット
「ここまできて負けるわけにはいかない」選手達にそんな気持ちがみられたこのセット。先制点こそ許してしまうものの4連続得点で流れを作ると、主導権を維持したまま試合をすすめていき、見事勝利。そして、最後は笑顔で試合を終えた。

前田主将コメント
今日の試合を振り返って
「全国1 回戦ということもあってみんな思うようなプレーが1・2セットはできませんでした。しかし、第3セットからはいい感じで試合運びができたので良かったと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ