その他のスポーツ系サークル活動

【女子剣道部】強豪に果敢に立ち向かった龍大

2019年11月10日春日井市総合体育館において第38回全日本女子学生剣道優勝大会が行われた。今大会は剣道部を支えてきた4年生にとって学生最後試合。選手達は、いつもよりも気を引き締めて決戦の地へ乗り込んだ。

龍大は「今年こそは1回戦突破したい」という目標を成し遂げる為、激戦区関東の敗者復活枠を勝ち取った尚美大と対戦した。先鋒の山岡(済4)は良い流れを作る為、果敢に攻め、調子が良いようにみえたが、結果は悔しい二本負け。次鋒は1年の岩澤(文1)。引き分けか勝利で終え、ピンチは避けたい一戦。岩澤の攻撃にチームも拍手で加勢する。しかし、次鋒戦も勝利を得ることはできなかった。後がない中堅の太田(文2)は逆転勝利のため攻守に気合が入る。しかし、メンとコテを取られてしまう。そして、この敗戦が決まった時点で龍大の龍大の勝利への道は途絶えてしまった。勝敗がついても副将の森口(文4)と大将の黒川(営4)は尚美大に果敢に攻め込んだ。「学生生活最後の剣道は悔いが無いように」そんな気持ちがこもったプレーだった。

太田さん【写真1】勝利への執念がみられた太田

ネット記事【写真2】一本を狙う黒川

今大会の結果は0-5で敗戦と関東の強さを改めて知ることとなった。今大会で多くの選手が引退するからこそ、選手には良い結果で終えたかったという悔しさがあったのかもしれない。しかし、全国という大舞台で全力のプレーで戦ったことは誇れることである。だから、これから力強い一歩で未来に歩み出してもらいたい。

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ