その他のスポーツ系サークル活動

【男子剣道部】一瞬も気が抜けない戦い

10月27日、千葉ポートアリーナにて第67回全日本学生剣道優勝大会が行われた。関西予選ベスト8の龍大はこの大会に強い気持ちで挑み、見事3回戦(ベスト16)まで勝ち進んだ。しかし、王者中央大に無念の敗戦。悲願の上位入賞とはならなかった。

一回戦の相手は北信越予選優勝校の金沢大。大型ルーキーで先鋒の井尻(済1)が流れを作るため攻めの姿勢をみせるが引き分けで次鋒戦へ。次鋒の吉田(法3)は流れを掴みたいが先に一本をとられてしまう。しかし、ここから吉田が見事なドウを決める。さらに、負傷しながらも相手の一瞬の隙を見逃さず、メンを決めて2本勝ち。この流れに乗りたい五将の高田(文4)であったが相手も粘り強く引き分け。
確実に勝利を決めるため勝利がほしいこの場面。プレッシャーが選手を襲い苦しいなか、立入(済4)がメンを決め、龍大の勝利が近づく。そして、三将の榊原(済4)と副将の本山(文4)がこの勝利をしっかりと守り抜き2回戦進出を決める。

金沢大戦
先鋒 井尻 引き分け
次鋒 吉田 ドウ メン
五将 高田 引き分け
中堅 立入 メン 一本勝ち
三将 榊原 メン 引き分け
副将 本山 引き分け
大将 沖田 一本負け

IMG_9134 - コピー【写真1】1年生ながら強敵と対等に戦う井尻

二回戦の相手は大産大を破り勝ち上がった西南大。ここでも井尻から流れを作りたい龍大であったが勝負は拮抗し引き分け。さらに、森野(政2)、高田も引き分けと両校一歩も譲れない状況。ここで金沢大から一本勝ちを決めた中堅立入の出番。誰もが期待する中、立入は期待に応え、素晴らしいメンを決め一本勝ち。しかし、快進撃だと思ったのも束の間、榊原が反則一本負けという思わぬ展開。本山も一本を狙いにいくが有効打とはならず大将戦へ。負けたら終わりの中、主将の沖田(営4)が意地のプレーでメンを取って見事勝利。ベスト16進出を決めた。

先鋒 井尻 引き分け
次鋒 森野 引き分け
五将 高田 引き分け
中堅 立入 メン 一本勝ち
三将 榊原 一本負け(反)
副将 本山 引き分け
大将 沖田 メン 一本勝ち IMG_9237【写真2】大舞台で素晴らしい活躍をみせた立入

ベスト8をかけた相手は昨年度王者中央大。奮闘する選手達であったが、今大会を優勝し二連覇を成し遂げた中央大との実力の差は大きいものであった。龍大に攻めさせない勢いで選手に襲いかかる。それでも選手は全力で立ち向かった。しかし、結果は0-6で敗れ、中央大二連覇を阻止できなかった。

先鋒 井尻 引き分け
次鋒 森野 一本負け
五将 吉田 一本負け
中堅 立入 一本負け
三将 牧野 二本負け
副将 本山 二本負け
大将 沖田 二本負け

IMG_8890 - コピー【写真3】最後まで1本を狙う沖田

沖田主将のコメント
「一回戦、二回戦は実力が競った相手だったのですがそこを勝ちきることができたのはチームワークが良いからできたことで、そのチームワークを作れたことは良かったと思います。三回戦の中央大戦はまだまだ実力の差があると部員全員が感じたので新体制になって一から稽古をし、来年こそは全日での上位入賞を…」

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ