その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】甲南大学に敗れ全日本選手権出場を逃す

5月25日、久宝寺緑地グラウンドにおいて関西地区二次トーナメント準決勝、対甲南大戦が行われた。ここまで順調に勝ち上がってきていた龍大であったが、甲南大学にコールド負けを喫し全日本出場は叶わなかった。

龍大の先発古川(文3)は毎回ランナーを背負う苦しい展開となるが粘りの投球で3回までを無失点で切り抜ける。先制点の欲しい龍大は3回、先頭宮下のヒットと続く河端(社3)のバントで0死1、3塁のチャンスを作るとキャプテン柴山(国4)が犠打を決め1-0と先制点を奪う。

IMG_2853 じゅんこう

【先制の犠打を決めたキャプテン柴山】

このまま流れに乗りたい龍大であったが、4回表守備の乱れから1点を失い同点に追いつかれてしまう。さらに5回には5点、6回には代わったピッチャー中村(社3)が2ランホームランを浴びるなど1-9とリードを広げられる。なんとか追いつきたい龍大はその裏、1死2、3塁のチャンスを作るが後続が続けず得点を奪うことができない。これ以上点を取られたくない場面であったが7回には押し出しの四球などで12点目を与えてしまい、1-12で7回コールド負けを喫し昨年に続いての全日本出場は叶わなかった。

〈柴山主将のコメント〉

力の差は確かにあったが、それ以上に前回の試合で清瀬杯への出場が決まったことで絶対に負けられないという気持ちが足りなかった。全国大会の前には新チームのトーナメント戦があるのでまずは目の前の試合をしっかりと勝つことで清瀬に繋がっていくと思う。

(龍魂編集室 記事/加藤虎太郎 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ