その他のスポーツ系サークル活動

【女子ハンドボール部】成長へとつながる敗戦

5月18日、京都産業大学にて関西大学ハンドボール連盟女子1部リーグ天理大学戦が行われた。今季リーグの勝ち試合が同志社戦のみと「勝利」がもっと欲しい龍大。この最終戦に勝利することで自信に繋げたかったが、試合結果は13-21で敗戦となった。

龍大―天理大
前半5ー14
後半8-7
試合終了13-21

試合開始早々、龍大は先制点を許してしまうものの廣田(文2)がサイドシュートで同点に持ち込んだ。点の取り合いになると思われたのも束の間、ミスからの失点が続いてしまい点差をつけらる。この状況を打破するきっかけを求めていると逆バック伊藤(社3)魅せる。フェイトで相手を抜いてシュートをきめたり、相手ディフェンスの上から投げた強烈なミドルゴールネットを揺らし、チームの活気を立てた。しかし、その後も相手チームの堅い守りとスピードのある攻撃を前に思うようなプレーができず、前半を5ー14で折り返す。

kk

【写真1】好プレーをみせてくれた廣田

厳しい状況で迎えた後半だったが、選手たちの動きは前半よりも良いものとなり始めていた。オフェンスではポスト田花(文4)がペナを決めるとセンター大西(短2)も体勢を崩しながらもシュートを決め、天理大のディフェンスを無力化し始めた。さらに、ディフェンスでは足が良く動いており、田花が体を張ってチャージをとるように個々が適切な判断で相手のプレーを潰して失点を減らす。しかし、前半での得点差が選手たちを苦しめてしまう。最後まで全力で挑むものの13-21で試合終了のブザーが鳴った。

k

【写真2】4年生の意地をみせた田花

<杉本監督のコメント>
今日の試合を振りかえって
「今回みたいなミスが多い試合は自信がないから起こるのだと思います。多くの状況に慣れることで自信をつけ、このような試合をなくしていければいいと思います。このチームには良い選手はそろっていると思うので努力すれば関西1部リーグでも今よりいい順位を奪えると思います。できるときはできる子たちですからこれから頑張ってもらいたいです」

これからについて
「まず関西で順位を上げ、大舞台に出ても代表校として不甲斐ない結果にならないように成長する期間にしようと思います」

(龍魂編集室 記事渡邊和記/写真/青木学登)

龍魂編集室に興味のある方は

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ