その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】全力で挑んだ大舞台

11月28日、墨田区総合体育館において第72回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 (ミキプルーンスーパーカレッジバレー2019)、早稲田戦が行われた。龍大のベスト8進出を前に立ちはだかったのはインカレ2連覇中の早稲田(今大会優勝で3連覇)。この戦いに勝てば一気に「優勝」に近づくが、王者との実力の差は大きくセットカウント0-3で敗れた。

第1セット 13-25
第2セット  18-25
第3セット  19-25

第1セット
攻めの姿勢で挑んだ龍大であったが、駒井(社1)や伊庭(文2)のスパイクがブロックに阻まれ、守備では相手の早さについていくことができず連続得点を許してしまう。この危機的状況で、今大会で引退の前田(営4)と鈴木(政4)がリーダーショップを発揮。チームを引っ張り、綺麗な形で点を取れるまで立て直す。しかし、相手の徹底された守備を完全に攻略することはできず、このセットを13-25で落とす。

1【写真1】初の大舞台でも本領を発揮した駒井

 

第2セット
前田のアタック、サービスエースで勢いに乗り始めた龍大。さらに、山田(済3)が全国トップクラスの守備を豪快なスパイクで打ち崩した。これには選手達にも笑顔が溢れた。第1セットとは違い王者の背中を捉えた龍大。しかし、絶好のチャンスをいかしきれず、なかなか追いつくことができない。
終盤になってもリードを奪いとれずにいた選手達には焦りがみられ始める。そして、この焦りが仇となり、自らミスをしてしまう。龍大は修正を試みるが、試合は終盤ということもありって間に合わず、このセットを18-25で落としてしまった。

第3セット
龍大は大逆転のため、このセットでも攻めのバレーで戦う。そして、早稲田相手に点を取られては取り返すシーソーゲームを成し遂げる。この展開に選手達は「いけるぞ、いけるぞ」と互いに鼓舞しあい第3セット獲得のためチベーションをあげていった。そして、鈴木のブロック、山田の連続得点、前田のアタックなどの好プレーで流れを掴む。
その後も、15-15、16-16、17-17と試合は拮抗。一瞬も目が離せない展開に会場は並々ならぬ緊張感に包まれていたが、ここまできたから怖いものはない龍大は果敢に攻める。しかし、ここにきて4連続得点て許してしまい一気に差を広げられる。龍大をすかさず連続得点で巻き返しを図るが勢いをとめることができず、19-25でこのセットを落としてしまう。そして、龍谷大学男子バレーボール部の全日本インカレはベスト16で幕を閉じた。

3【写真2】結束力でピンチを切り抜けた龍大

吉田監督のコメント
試合を振り返って
「4年生が今までやってきたことを出しきってやってきたと思います」

選手個々の活躍について
「キャプテンの前田、鈴木の4年生の力がよかったと思います。あとここにもう少し下級生の活躍が加われば勝つチャンスはあったと思います」

これからについて
「選手はそろっているのですが、リーダーシップを取れる選手が少ないのが課題です。これから、3年生のなかでチームを引っ張れる選手が増えたら関西だけでなく、全国も狙えるチームになると思うのでリーダーシップをつけていけるようにしたいです」

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ