その他のスポーツ系サークル活動

【準硬式野球部】リーグ開幕戦を快勝で飾る

8月22日、守山市民球場において京滋六大学準硬式野球秋季リーグ戦、対京大が行われた。延期などもあり、この日が事実上の開幕戦となった一戦。先制点を許したもののしっかりと逆転し、終わってみれば9-2と8回コールド勝ちで新チーム初戦を白星で飾った。

先制点を奪って流れを作りたい龍大は初回、無死満塁と絶好の先制機を作るもこのチャンスを生かしきれず無得点に終わる。直後の2回、先発古川(文3)が今度は無死満塁のピンチを招くと、2点適時打を浴び京大に先制を許してしまう。2点を追う龍大はその裏、一死二塁から8番山内(済2)の中前適時打ですぐさま1点を返す。
先発古川は5回にもピンチを招くが、無失点で乗り切る好投。このピッチングで勢いづいた龍大はその裏、二死から3番安里(社3)が三塁へのバントヒットで出塁したのを皮切りに、4番岡嶋(済2)、5番大江(法3)にも連続適時打が生まれ、瞬く間に同点、逆転に成功する。

2019秋 古川

【写真1 先発の古川】

2019秋 大江

【写真2 5回裏、レフトへ勝ち越し適時打を放つ大江】

6回に相手のミスで2点を追加し、8回にも更に4点を奪った龍大は、7点差が付いたため大会規定によりコールド勝ち。リーグ戦初戦を快勝で飾った。

昨年秋の関西大会で準優勝を収めた龍大。今年こそは優勝するためにも、まずはリーグ戦で良い勢いを作りたいところだ。

〈坂矢主将(社3)のコメント〉
野球を楽しもうということと、新チームとして清瀬杯までのリーグ戦全てに勝って挑もうということを意識していました。最初は苦しい展開でしたが、みんなが繋いでくれて打ち勝つ野球ができたと思います。今秋の関西大会で優勝して、来年の全国大会でベスト8以上ということを目標にやっていきたい。

(龍魂編集室 写真/角地満妃 記事/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【日本拳法部】西日本個人でも圧倒!

6月23日、吹田市洗心館において第20回西日本学生拳法個人選手権大会が行われた。4月に行われた西日本団体で3連覇を飾った男子からは18名、女子からは2名が出場し、男子初段の部で藤村(法4)、男子参段以上の部で冨永(済1)が見事優勝した。

【男子 成績】
◇参段以上の部◇
優勝 冨永一希

西日本個人 冨永さん

【写真1 1年生ながら事実上西日本チャンピオンになった冨永】

◇初段の部◇
優勝 藤村知樹
4位 内匠結人

西日本個人 藤村さん

【写真2 2年生から入部し悲願の優勝を果たした藤村】

◇段外の部◇
3位 根来勇志

〈藤村選手のコメント〉
2年生から入った自分が今までお世話になった人たちに結果で恩返しができて嬉しいです。4年生という立場で副主将も任されていて勝つしかないなという気持ちで今日は戦いました。準決勝で内匠と対戦した時に左手をケガさせてしまって、優勝して「ごめん」と言うしかないと思っていたので優勝できて良かったです。

〈冨永選手のコメント〉
前期負けなしで終わることができたので素直に嬉しいです。今日に向けて日々の練習を大事にやってきました。動きはそんなに良くなかったですが、勝てたので良かったと思います。

西日本 個人

【写真3 優勝した二人(左・冨永 右・藤村)のツーショット】

 

(龍魂編集室 写真/渡部恭大 記事/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【準硬式野球部】甲南大学に敗れ全日本選手権出場を逃す

5月25日、久宝寺緑地グラウンドにおいて関西地区二次トーナメント準決勝、対甲南大戦が行われた。ここまで順調に勝ち上がってきていた龍大であったが、甲南大学にコールド負けを喫し全日本出場は叶わなかった。

龍大の先発古川(文3)は毎回ランナーを背負う苦しい展開となるが粘りの投球で3回までを無失点で切り抜ける。先制点の欲しい龍大は3回、先頭宮下のヒットと続く河端(社3)のバントで0死1、3塁のチャンスを作るとキャプテン柴山(国4)が犠打を決め1-0と先制点を奪う。

IMG_2853 じゅんこう

【先制の犠打を決めたキャプテン柴山】

このまま流れに乗りたい龍大であったが、4回表守備の乱れから1点を失い同点に追いつかれてしまう。さらに5回には5点、6回には代わったピッチャー中村(社3)が2ランホームランを浴びるなど1-9とリードを広げられる。なんとか追いつきたい龍大はその裏、1死2、3塁のチャンスを作るが後続が続けず得点を奪うことができない。これ以上点を取られたくない場面であったが7回には押し出しの四球などで12点目を与えてしまい、1-12で7回コールド負けを喫し昨年に続いての全日本出場は叶わなかった。

〈柴山主将のコメント〉

力の差は確かにあったが、それ以上に前回の試合で清瀬杯への出場が決まったことで絶対に負けられないという気持ちが足りなかった。全国大会の前には新チームのトーナメント戦があるのでまずは目の前の試合をしっかりと勝つことで清瀬に繋がっていくと思う。

(龍魂編集室 記事/加藤虎太郎 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ