その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】春季リーグ王者、立命館の攻撃を止められず。

9月22日、立命館いばらきキャンパスに於いて2019年度関西大学バレーボール連盟男子1部秋季リーグ、立命館戦が行われた。春季リーグで優勝を果たし連覇がかかる龍大は立命館の攻撃を止めることはできず。セットカウント1-3で敗れた。この結果、3勝2敗で上位リーグへと駒を進めた。

●龍大1-3立命館○
第1セット 20-25
第2セット 25-22
第3セット 21-25
第4セット 21-25

 

春季リーグでもセットカウント3-2と立命館相手に苦しんだ龍大であったが、今試合でも第1セットから立命館の攻撃に苦しめられる展開となった。序盤山田(済3)の緩急のあるスパイクや鈴木(政4)のサービスエースで得点を重ね、11-7でリードする。しかし逆にサービスエースを2本許すなど相手のサービスに苦戦。また、追い上げをみせる立命館に対して焦りが出たかミスが目立ち、1515と同点に。その後も相手の高いジャンプから繰り出されるスパイクを止めきることができない。相手に連続ポイントを回許すなど流れを変えることはできず第1セットを失う。

第2セットでは相手の攻撃に負けずと山田や鈴木がスパイクで点数を重ね、序盤からお互い譲らない展開が繰り広げられる。すると1年生の駒井(社1)がスパイクやブロックを含め、6ポイントを奪う活躍をみせるなど龍大の攻撃力が出始め、先にリードを広げる。途中4連続ポイントを失うも相手のミスに助けられ第2セットを2522で奪い返した。第1セットとは変わりアタッカー陣を上手く使い分けて攻めのバレーをみせつけた龍大は第セットの悪い流れを断ち切った。

駒井さん

【第2セットで活躍をみせた駒井】

 

続く第3セットも第2セットの勢いのまま、長岡(2)のスパイクやサービスエース、守備では白川(理2)のブロックなどで得点を重ね1411でリード。しかし相手のスパイクやサービスエースなどで第1セット同様逆転を許してしまう。龍大も相手のスパイクに食らいつくが威力のあるスパイクは龍大のブロックをはじき返されてしまう。龍大はそのまま逆転することはできず。第3セットを2125で落とす。

 後がなくなった龍大は相手の攻撃をどうにか止めようと白川や山田が意地をみせる。相手のスパイクを読み連続でブロックを決めた。その後も6つのブロックを決めるなど龍大の守備の堅さをみせるも、相手の攻撃は止まることはなかった。相手のスパイクに終始苦しめられ第4セットを失いゲームカウント1-3で敗退となった。龍大は立命館に春季リーグのリベンジを許してしまった。

秋リーグ

【点を取り喜ぶ選手たち】

 

今試合はどのセットも先にリードする展開であったために悔しい試合となった。春季リーグ王者というプレッシャーもあったかもしれない。前半戦の悔しさをばねに上位リーグでは春季リーグでみせた全勝優勝を目指して頑張ってほしい。

 

 

<前田主将(営4)のコメント>

「今日の試合はメンバーが欠けていたが、良い展開もあった。上位リーグではレシーブとブロックをしっかり完成度を高めていきたい。身長が低い分、サーブを丁寧に入れていかないと攻撃が通らないとわかった。ブロックやレシーブでも一つ一つのプレーを大切にしていきたい。最終的には優勝を目指して頑張りたい」

 

 (龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)


龍魂編集室では現在新入部員募集中!!


興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【洋弓部】全日本学生アーチェリー 個人選手権大会出場!

第58回全日本学生アーチェリー 個人選手権大会(男子RC)に、金田(短大・社福・1)が出場。今大会は、全国の地区ブロックでの予選を勝ち抜いた選手のみが出場できる個人戦。

当日はかなり暑く体調管理が難しい試合となったが、自分と向き合いプレーした。決勝トーナメントに進むことはできなかったが、まだ1回生であり次年度以降の活躍が大いに期待できる大会となった。

20190910_102838
20190910_112434

《本人コメント》

インカレを目標に日々努力して練習を重ねてきましたが、当日は思うような結果が残せず悔しい結果となりました。しかし、今回の試合で自分の直すべきところが分かったので修正していき、今後より良い成績が残せるように頑張っていきたいです。

【準硬式野球部】新チームの滑り出し決まらず

9月7日、伏見桃山球場において京滋六大学準硬式野球秋季リーグ戦、対滋賀大教育が行われた。清瀬杯が終わり、完全に新チームに移行しての船出のゲームだったが、2-9(七回コールド)と良い滑り出しとはいかなかった。

龍大は初回、2番安里(社3)、5番秋山(済1)のタイムリーで幸先よく2点を先制する。二回以降もこの流れに乗っていきたいところだったが、早くも相手投手が二番手に継投。得点圏に走者を置くものの後続が返せず、流れを断ち切られてしまう。
先発の中村(社3)は、毎回走者を背負う苦しいピッチングも、三回までを無失点に抑える。しかし四回、一死二、三塁からタイムリーを浴び1点を返される。続く五回にも一死二、三塁のピンチを招くと、2点タイムリースリーベースを浴び逆転を許してしまう。六回にも2点を追加された龍大は、ここで2番手古川(文3)へ継投。後続は断ち切ったが、古川もこの流れを食い止めることができず、七回にダメ押しの4点を追加され、ますます苦しい展開に。
大会規定の2時間10分ルールにより、七回裏が最後の攻撃となる龍大。二死二、三塁とチャンスを作り粘りをみせるも、あと一本が出ず、2-9で七回コールド負けを喫した。

2019-中村

【写真 先発の中村】

全勝優勝の可能性は無くなってしまったが、まだ優勝の可能性が無くなった訳では無い。ここから切り替えて、リーグ戦優勝、そして関西大会優勝へ突き進んでいって欲しい。

〈坂矢主将(社3)のコメント〉
初回に2点を先制して、その後追加点を取れず相手に流れを渡してしまって、そのままずるずるいってしまったのかなと思います。二番手投手への対策が不十分だったのと、新チームの一体感がまだ足りないことが敗因だったと思います。今日の反省点をみんなでミーティングして解消し、次の試合からまた勝っていきたいと思います。

(龍魂編集室 記事/写真 藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【準硬式野球部】2年連続全国出場も初戦突破ならず

9月1日、仙台市民球場において清瀬杯第51回全日本大学選抜準硬式野球大会初戦、対専修大が行われた。昨年度全日本選手権に出場し、初戦完封負けの悔しさを晴らしたい龍大は、九回表に同点に追いつくもサヨナラ負けを喫した。

今年で2年連続の全国大会出場となった龍大は二回、一死満塁とチャンスを作ると8番河端(社3)がスクイズを決め(結果は内野安打)先制点を奪う。
一方この日先発の伊達(文4)は、味方がくれた先制点を守り抜くピッチングで四回までを無失点に抑える。しかし五回、一死一、三塁のピンチを招くと、ライトへの犠牲フライで同点とされ、続く打者に逆転タイムリーツーベースを許し、あっという間に1点ビハインドの展開に。

清瀬1【写真1 先発の伊達】
二回以降得点を挙げられてない打線は九回、先頭打者の3番坂矢(社3)がレフトへツーベースを放ちチャンスメイクをすると、続く4番鎌谷(社4)がレフト前へ打球を運び、タイムリーで同点とする。尚も逆転のチャンスだったが、後続が続かず同点止まりに。

清瀬4

【写真2 九回表、坂矢を笑顔で迎える】

清瀬3

【写真3 九回表、同点打を放った鎌谷(写真は二回)】

清瀬5【写真4 九回に追い付き歓喜に湧くベンチ】
直後の九回裏、八回からマウンドに上がっている中村(社3)が先頭打者にツーベースを許すと、右中間に抜けるサヨナラタイムリーを浴び、サヨナラ負けを喫した。

これまでチームを引っ張ってきた4年生はこの大会で引退となる。後輩たちが来年こそは全日本選手権に出場し、勝利することで先輩たちの借りを返したいところだ。

〈柴山主将(国4)のコメント〉
今年はリーグ戦の連覇が止まってしまい一次トーナメントからの出発だったが、みんなが諦めず、負けたくないという気持ちを持って目の前の一戦一戦を戦ってくれたから、ここまで来られたと思います。その中で今日は120点の戦い、十分自分たちの野球ができました。これだけの接戦をできるとは思ってなかったので、やり切った感が物凄くあります。先を見すぎると僕たちみたいに負けてしまうので、後輩たちには目の前の一戦を勝ち進んで、結果的に全日本選手権に出場して優勝できるようなチームになって欲しいです。

〈伊達選手のコメント〉
相手が強いチームだというのは分かっていたので、まず一勝できるように、去年初戦で大差で負けた悔しさを晴らしたいと思っていました。今日のピッチングはほぼ自分の思うように投げられ、納得できる内容でした。後輩たちには来年も全国に出場することはもちろん、その中で去年も今年も初戦で負けているので、なんとか一戦勝って、ベスト4、そして優勝できるように力を合わせて頑張ってもらいたいです。

(龍魂編集室 写真/渡部恭大 記事/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ