その他のスポーツ系サークル活動

【男子バレーボール部】全力で挑んだ大舞台

11月28日、墨田区総合体育館において第72回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 (ミキプルーンスーパーカレッジバレー2019)、早稲田戦が行われた。龍大のベスト8進出を前に立ちはだかったのはインカレ2連覇中の早稲田(今大会優勝で3連覇)。この戦いに勝てば一気に「優勝」に近づくが、王者との実力の差は大きくセットカウント0-3で敗れた。

第1セット 13-25
第2セット  18-25
第3セット  19-25

第1セット
攻めの姿勢で挑んだ龍大であったが、駒井(社1)や伊庭(文2)のスパイクがブロックに阻まれ、守備では相手の早さについていくことができず連続得点を許してしまう。この危機的状況で、今大会で引退の前田(営4)と鈴木(政4)がリーダーショップを発揮。チームを引っ張り、綺麗な形で点を取れるまで立て直す。しかし、相手の徹底された守備を完全に攻略することはできず、このセットを13-25で落とす。

1【写真1】初の大舞台でも本領を発揮した駒井

 

第2セット
前田のアタック、サービスエースで勢いに乗り始めた龍大。さらに、山田(済3)が全国トップクラスの守備を豪快なスパイクで打ち崩した。これには選手達にも笑顔が溢れた。第1セットとは違い王者の背中を捉えた龍大。しかし、絶好のチャンスをいかしきれず、なかなか追いつくことができない。
終盤になってもリードを奪いとれずにいた選手達には焦りがみられ始める。そして、この焦りが仇となり、自らミスをしてしまう。龍大は修正を試みるが、試合は終盤ということもありって間に合わず、このセットを18-25で落としてしまった。

第3セット
龍大は大逆転のため、このセットでも攻めのバレーで戦う。そして、早稲田相手に点を取られては取り返すシーソーゲームを成し遂げる。この展開に選手達は「いけるぞ、いけるぞ」と互いに鼓舞しあい第3セット獲得のためチベーションをあげていった。そして、鈴木のブロック、山田の連続得点、前田のアタックなどの好プレーで流れを掴む。
その後も、15-15、16-16、17-17と試合は拮抗。一瞬も目が離せない展開に会場は並々ならぬ緊張感に包まれていたが、ここまできたから怖いものはない龍大は果敢に攻める。しかし、ここにきて4連続得点て許してしまい一気に差を広げられる。龍大をすかさず連続得点で巻き返しを図るが勢いをとめることができず、19-25でこのセットを落としてしまう。そして、龍谷大学男子バレーボール部の全日本インカレはベスト16で幕を閉じた。

3【写真2】結束力でピンチを切り抜けた龍大

吉田監督のコメント
試合を振り返って
「4年生が今までやってきたことを出しきってやってきたと思います」

選手個々の活躍について
「キャプテンの前田、鈴木の4年生の力がよかったと思います。あとここにもう少し下級生の活躍が加われば勝つチャンスはあったと思います」

これからについて
「選手はそろっているのですが、リーダーシップを取れる選手が少ないのが課題です。これから、3年生のなかでチームを引っ張れる選手が増えたら関西だけでなく、全国も狙えるチームになると思うのでリーダーシップをつけていけるようにしたいです」

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

【男子バスケットボール部】新人戦、点差を縮められず、惜しくも敗戦 

11月23日、近畿大学記念会館にて2019年度関西学生バスケットボール新人戦、準々決勝が行われた。対戦相手は昨年度新人戦3位の関西学院大学。ここまで順調に勝ち続けてきた龍大。強豪校に勝利することで次戦への弾みにしたいところであったが、70-82で関学大に敗北。新人戦をベスト8で締めくくった。(以下、括弧内背番号)

第1ピリオド、関学大の先制点で試合はスタートするが、すかさず高橋(21)が得点を計上。そのまま試合の主導権を握りたい龍大であったが、関学大の激しいディフェンスを前に苦戦を強いられる。苦しい展開となるが、高橋(21)、近藤(9)を初めとする選手達がタフにドライブを仕掛け、関学大の隙を突いていく。そして、残り時間3分を切ろうかという場面で、近藤(9)が3Pシュートを沈め、意地を見せる。その後もタフに攻撃を仕掛ける龍大であったが、点差を縮めることができず17-24で第2ピリオドへ突入。

第2ピリオド、開始早々に関学大に連続得点を与えてしまい、タイムアウトを余儀なくされる。流れを変えたい龍大であったが、タイムアウト後もうまくペースに乗れず、再びタイムアウトを選択。ここまで、勢いに乗れない龍大であったが、二度目のタイムアウト以降、龍大は一気に攻勢に出る。積極的にドライブを仕掛けていくほか、速攻を決め、二度目のタイムアウト以降、関学大を無得点に抑える。しかし、第1ピリオドでの失点が響き、31-38の関学大リードで前半を折り返す。

第3ピリオド、点差を少しでも縮めたい龍大。龍大は速攻やアーリーオフェンスを展開し、関学大のディフェンスの隙を突いていく。果敢に攻撃を仕掛け得点を重ねていく龍大であったが、関学大も冷静に得点を重ねていく。両者共に激しい攻防を繰り広げ、点の取り合いになる。しかし、肝心の得点差は縮まらず、52-59で龍大は関学大の背中を追う形で第4ピリオドに突入する。

第4ピリオド、開始後、連続得点を関学大に許すものの、髙橋(13)がドライブからフリースローを獲得。2本中1本を成功させる。その後も6点連続で龍大が得点を重ね、流れは龍大側に傾きつつあると思われた。しかし、流れを断ち切るかのように関学大がハイペースで得点を重ねていく。龍大は必死に追いつこうとするが、最後は点差を縮められず70-82で関学大に敗北。悔しい結果となった。

IMG_0067

【積極的にシュートを狙う高橋(21)】

〈近藤選手コメント〉

私達は相手にイージーシュートを与えずに、外からシュートを打たす事を狙いとしていました。しかし、前半はそれが疎かになり、中と外の両方から攻められる結果になりました。後半は修正し、速攻やアーリーオフェンスを展開できました。ただ、最後は相手(関学大)の方が一枚上手で、点差を縮めることができませんでした。

(龍魂編集室 記事/写真 國本昇汰)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【男子バレー部】全日本インカレベスト16進出

11月27日、墨田区総合体育館において第72回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 (ミキプルーンスーパーカレッジバレー2019)、東京学芸戦が行われた。先日行われた桜美林戦は良いスタートダッシュを切れなかった龍大だったが、今回は試合開始時から真剣モードで相手を圧倒。東京学芸の猛追に苦しめられた場面もあったが声を掛け合いピンチを乗り越え、見事ストレート勝利を収めた。

第1セット 25-17
第2セット  25-21
第3セット  25-23

第1セット
攻守共に定評のある前田(営4)を中心に声かけをした龍大は好調な滑り出しを切ることに成功。さらに、4連続得点で自分たちのペースに持ち込む。そして、その後何度も連続得点を成し遂げ力の差をみせつける。チームの要の前田のクロス、今大会注目選手の駒井(社1)のバックアタックもチームのムードを良くし、龍大の勢いはとまらない。そして、チームは勢いそのまま25-17でこのセットを勝ち取った。

第2セット
東京学芸に3連続得点を許してしまった龍大であったが、粘り強いバレーで相手のミスを誘い得点を得て逆転。さらに、山田(済3)の3連続得点でさらに点差を広げ、勝利に近づく。しかし、東京学芸も負けず劣らず4連続得点で差を縮めてくる。主導権が奪われ苦しい試合展開となり、状況を変える一球がほしいこの場面で、またもや山田が得点得てチームに流れを戻す。さらに、これに続いて、伊庭(文2)がアタックを決める。結果、龍大はこの流れを最後まで崩さず、このセットを25-21で勝利する。

第3セット
開始早々、3連続得点で勢いに乗った龍大は鈴木(政4)のブロック、楠本(社1)のレシーブ、山田のダイレクトで相手に攻めさせる隙を与えない。さらに、点差がひらいても龍大は攻撃の手を緩めない。中西(文2)がサービスエース、伊庭が苦しい体制から見事なアタックを決めてチームに勝利のムードが漂う。しかし、東京学芸の猛攻に押され点差を縮められてしまう。気持ちを切り替え、試合に挑み直す選手達。すると、白川(理2)がアタックで2点、ブロックで1点を奪い取る。そして、龍大は本気のプレーを貫き通すことで流れを維持し、このセットを25-23で掴み取る。そして、この勝利と同時に3回戦進出を決めた。

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【男子バレー部】全日本インカレ初戦突破

11月26日、墨田区総合体育館において第72回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 (ミキプルーンスーパーカレッジバレー2019)、桜美林戦が行われた。選手達は全日本インカレという大舞台の緊張を圧し殺せないまま第3セットをむかえていた。後がない状況。しかし、龍大は主将前田を中心に立て直すことに成功し、3セット連続で獲得。見事逆転勝利を成し遂げた。

第1セット 22-25
第2セット  24-26
第3セット  25-18
第4セット  25-17
最終セット  15-10

第1セットと第2セット
龍大は前田(営4)と駒井(社1)の力強いアタックで得点を得て、なんとか序盤はリードするものの終盤に思うように攻めることが出来ず、2セット連続で失ってしまう。

第3セット
先制点を取っていいスタートを切った龍大は先ほどまでの接戦が嘘だったかのように桜美林を突き放していく。特にここで活躍を見せたのは山田(済3)。アタック、ブロック、サービスエースで相手を圧倒し、このセットに貢献。結果25-18で勝利。

第4セット
逆転勝利のためにも落とせない状況でも、山田の勢いは止まらない。このセットだけで2桁の得点をチームに与え、桜美林の脅威となる。さらに、白川(理2)の活躍もあって、マッチポイント。最後は山田の強烈サーブで相手がミスしたボールを西畑(済2)がダイレクトで決めて25-17で勝利。

最終セット
「ここまできて負けるわけにはいかない」選手達にそんな気持ちがみられたこのセット。先制点こそ許してしまうものの4連続得点で流れを作ると、主導権を維持したまま試合をすすめていき、見事勝利。そして、最後は笑顔で試合を終えた。

前田主将コメント
今日の試合を振り返って
「全国1 回戦ということもあってみんな思うようなプレーが1・2セットはできませんでした。しかし、第3セットからはいい感じで試合運びができたので良かったと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 渡邊和記)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

1/12412345678910

ページの先頭へ

ページの先頭へ