ラグビー部

【ラグビー部】Aリーグ昇格ならず

 

12月8日、宝ヶ池公園球技場において関西大学ラクビーA-B入替戦、対摂南大戦が行われた。悲願のAリーグ昇格、そして今シーズン最終戦を勝利で飾るためにも絶対に負けられない一戦ではあったが、21−66で敗れ今年も Aリーグ昇格とはならなかった。

IMG_0350【試合前円陣を組む龍大の選手達】

沢山の観客で埋め尽くされたスタンド。緊張感が高まる中、龍大ボールのK.O.で試合が始まる。龍大は、試合開始直後に相手のペナルティを誘いチャンスを作るがラインアウトでミスが起こり得点できない。先に得点したい龍大ではあったが前半10分、相手にトライを許し0−7とされる。その後18,20分にも連続トライを許してしまう。反撃をしたい龍大は24分、11番WTB徳永(文4)が、相手キックをチャージしてチャンスを作り最後は5番LO亀川(文2)が真ん中にトライ。ゴールも成功し、7-19とする。しかしその後は得点ができず、相手に2トライを許し7−33と大きく引き離され前半を終える。

点差を詰める為にも先に得点をしたい龍大。しかし、後半開始直後に相手にトライを決められてしまう。その後も龍大のミスが目立ち後半17、22分に連続トライを決められ点差を広げられる。しかし、ここから龍大が意地を見せる。27分、敵陣ゴール前まで攻め込み、3番PR松浦(済4)が右サイドにトライを決める。さらに31分、敵陣22m中央のラックから22番SO安多(文4)が抜け出し最後は、主将の清川(国際4)にパスをつなぎ連続トライを奪う。ゴールも成功。21−52とし点差を縮める。しかし反撃もここまで。最後にダメ押しの連続トライを許し最終スコア21−66とされ試合終了。勝利を掴むことはできなかった。

IMG_8066【写真トライをアシストした安多(右)トライを決めた清川(左)】

ここ数年入替戦に出場するも、勝利が遠い龍大。来年こそはBリーグ優勝、そして悲願の Aリーグ昇格を果たして欲しい。

〈藤谷監督のコメント〉
完敗です。相手のキーマンの留学生選手を止めきれなくてディフェンスなどの全てが崩壊してしまった。ディフェンスの時間が多くなり準備していた攻撃などを出す事が出来なかった。来シーズンもAリーグ昇格を目標にやっていきたい。その為にもまずチームを作り直したいと思う。

〈清川主将のコメント〉
自分たちのやりたい龍谷スタイルの中の我慢という所ができなかった。相手の留学生選手にゲインをされて苦しい場面が多くてそこから得点に繋げられた。点差的には広がったけれど自分たちは諦めずにやりきったと思う。後輩たちには今日の試合を忘れずにチーム一丸となって何事にも挑んで欲しいと思う。

(龍魂編集室 記事/安岡拓磨 写真/阿部駿之介、平川滉)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ