柔道部

【柔道部女子】アジアオープン香港2018 冨田彩加が銀メダル!!

12月1~2日、香港においてアジアオープン香港2018が行われた。今大会、龍大からは冨田彩加(国3)が派遣され、70㎏級で銀メダルに輝いた。

70㎏級に日の丸を背負い出場した冨田。初戦の相手はモンゴルの選手。初の国際大会に不安も大きかったが、落ち着いた試合を展開する。開始40秒、組み勝ち相手が嫌がって潰れたところを透かさず寝技に移行し一本。心配された初戦を難なく突破する。2回戦はタイの選手。ここも開始50秒に大外刈から寝技に移行し一本勝ちで準決勝に進む。準決勝の相手は日本で柔道を学んだ台湾の選手。序盤から冨田が組み勝ち攻めていくも受けの強い相手に中々ポイントに繋がらない。冨田が効果的な技を出し続けるも相手も時折技を繰り出し譲らない。延長戦に入り5分40秒、最後は渾身の小外刈で技あり。粘る相手を振り切り冨田が決勝の舞台へ。決勝の相手は中国の選手。試合は海外選手特有の柔道に対応が遅れ、中々チャンスを作れない。我慢の時間帯が続き、延長戦に突入するも最後は延長戦1分24秒、焦って掛けた技を返され技あり。最後で海外選手に対し経験不足が出たが、初の国際大会で見事銀メダルに輝いた。

<冨田彩加選手のコメント>
「今回、私は初めて国際大会に出場しました。日本とは違う雰囲気の中、海外の選手との試合で緊張しましたが、海外の選手が相手でも自分の柔道をすることが出来たので良かったと思います。決勝で負けてしまったので悔しいですが、この悔しさと今回得た貴重な経験を今後に生かしていきたいと思います。」
IMG_3580
【写真 銀メダルの冨田(左端)】

【柔道部】京都学生大会 男子3部門を完全制覇!!

12月2日、京都産業大学第二体育館において第62回京都学生柔道段別体重別選手権大会・第33回京都学生女子柔道体重別選手権大会が行われた。男子は3部門で行われ選手権の部で佐藤喜紀(法4)が優勝、中量級の部で田倉淳ノ介(文1)が優勝、軽量級の部で永谷直也(済1)が優勝し見事3部門での完全制覇を果たした。

選手権の部に出場した佐藤は、2試合を勝って準決勝に進む。準決勝は復帰戦となった横山(文3)と対戦、ここは一本勝ちで退ける。決勝の相手は反対ブロックをしぶとく勝ち上がってきた後輩の石橋(済2)。ここも先輩の貫禄を見せつける見事な一本勝ちで、準決勝以降の龍大対決を制し、学生最後の大会を優勝で飾った。

中量級の部に出場した田倉は、3試合を勝ち抜き準決勝に進む。準決勝の相手は先輩の北谷(済4)。中盤に見事な投げ技で一本を奪い勝ち抜く。決勝の相手は同志社大の選手。序盤に技ありを奪われ追う展開になるも、得意な形でチャンスを伺い、最後は逆転の一本勝ちで1年生ながら見事優勝に輝いた。

軽量級の部に出場した永谷は、3試合をしぶとく勝ち上がり準決勝に進む。準決勝では先輩の中尾(法3)と対戦するも見事な一本勝ちで決勝に進む。決勝の相手は同志社大の選手。試合は永谷がペースを掴みながらも延長戦に突入する。最後は粘り勝った永谷が技ありを奪い見事1年生での優勝に辿り着いた。

田倉淳ノ介

永谷直也

【柔道部】湊谷杯全国学生大会 女子2階級で優勝!!

11月17・18日、石川県松任総合運動公園において第15回湊谷杯全国学生柔道体重別選手権大会が行われた。龍大からは男子7名、女子8名が出場した。女子は52㎏級の亀川真代(国3)、57㎏級の中尾華奈(営1)の2階級で優勝を飾った。

女子52㎏級に出場した亀川は、予選リーグ初戦で今大会の決勝を争った東京学芸大の選手と対戦。本戦は亀川のペースで進むも、延長戦に入り、予選リーグの延長戦は指導1差で決するルールに対応できず、指導1を奪われまさかの敗退。続く予選2試合目を1本勝ちすれば決勝トーナメント進出の可能性を残す中、仙台大の選手と対戦、中盤に大内刈で一本を奪い、1勝1敗で何とか決勝トーナメント進出を決める。決勝トーナメントからは初戦、2回戦、3回戦を見事な一本勝ちで突破すると、準決勝も淑徳大の選手に対し、寝技で一本勝ちを果たし昨年に続き決勝の舞台に上がる。決勝の相手は予選で苦杯を嘗めた東京学芸大の選手。リベンジに燃える亀川は、組み手を徹底し攻め込むと後半に訪れた寝技のチャンスを今回はしっかりと抑え込み一本。初戦以降は6試合連続の一本勝ちで初優勝を果たした。昨年は決勝で龍大の後輩 中内(法2)に敗れ、唇をかみ締めたが、今回は初戦での反省も活かし、最後は優勝でしっかりと締めくくった。同階級には世界や全日本で活躍する後輩の武田(営2)と中内がいるが、その二人にはない強みを持ち合わせている亀川。後輩2人には負けまいと直向きに頑張る彼女の飛躍に期待したい。

女子57㎏級に出場した中尾は、出だしから軽快な動きを見せ、予選リーグを危なげなく2勝で突破する。決勝トーナメントからは、更に動きも良くなり、初戦、2回戦を一本勝ちで難なく突破する。準決勝では武庫川女子大の選手と対戦。開始からテンポの良い仕掛けでリズムを作ると、中盤に投げ技でポイントを2度奪い合わせ技の一本勝ちで決勝戦に進む。
そして、反対ブロックからは、同級生の渡辺世奈(文1)が長身を活かした柔道で準決勝に進む。しかし、準決勝で淑徳大の選手に対し、不用意な指導を貰うなど指導3による反則負けで龍大対決の決勝戦にはあと一つ届かない。
決勝は、準決勝で渡辺を破った淑徳大の選手。試合は開始から中尾が足技を巧みに出しペースを作る。しかし、相手も随所で担ぎ技を繰り出し対抗する。そして、延長戦に突入するかと思われた残り30秒、中尾が大内刈を強引に押し込み執念の技あり奪取で試合終了。今年の悔しさを晴らす、嬉しい今シーズン初優勝を果たした。入学から8ヶ月。大学の壁に苦しみながらも直向きに努力を積み重ねてきた中尾。軽快な動きと技出しの速さが光った今大会。ここからの彼女の更なる活躍を楽しみにしたい。

濱谷杯
【写真 52㎏級優勝の亀川(左)、57㎏級優勝の中尾(右)】

<亀川真代選手のコメント>
「今大会は去年準優勝で終わってしまったので、今年は優勝したいと思っていました。予選リーグで1敗してしまい、後がない中、切り替えて決勝まで勝ち上がり優勝できたので良かったです。自分にはまだまだなところがあるので、次の試合では克服できるように今回の試合の結果を繋げていきたいと思います」

<中尾華奈選手のコメント>
「今回の試合は、自分にとって少し自信になった試合でした。ジュニア予選や関西学生で負けて悔しい思いをしたので、今回優勝することが出来て良かったです。今回の試合で満足せず、全国のレベルで戦えるように、もっと練習を頑張っていきたいです」

【柔道部女子】講道館杯 武田3位、田中5位!!

11月3・4日、千葉ポートアリーナにおいて平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会が行われた。今大会、龍大からは各種大会で優秀な成績を収めた78㎏超級児島(文4)、70㎏級冨田(国3)、63㎏級米澤(文4)、57㎏級黒木(営3)、52㎏級武田(営2)、中内(法2)、48㎏級田中(法4)、有野(文3)の計8名が出場した。

<48㎏級>
第5シードに配置された田中芽生。
全日本学生個人戦でのまさかの敗戦から雪辱に燃える今大会。
初戦は仙台大の選手。粘る相手に最後は小外掛で技ありを奪い突破する。2回戦はJR東日本の強豪選手。ここもGSの延長戦に入り一進一退の攻防が続くも、最後はペースを上げて追い込み見事な払腰一本で勝負を決める。準々決勝は初戦で前年の準優勝者を破って勝ち上がってきた帝京大の選手。勢いに乗る相手に、最後は相手の技を見事に切り返し一本で前年に続き準決勝に駒を進める。準決勝の相手は今大会絶好調、前戦でリオ五輪銅メダリストの近藤亜美(三井住友海上)を破って勝ち上がってきた高校生。序盤から中々組み手を作らせてもらえない苦しい展開が続く。延長戦に入り、最後は相手の釣込腰に捕まり一本負け、3位決定戦にまわる。3位決定戦の相手は、三井住友海上の強豪選手。表彰台は何としても確保したい場面であったが、中盤に押し込んでいったところを一本背負で合わされ一本負け。前年の3位を下回る、悔しい5位に沈んだ。

<52㎏級>
第4シードに配置された武田亮子。世界ジュニア王者となって迎える初陣。
初戦となった二回戦の相手は、警視庁の強豪選手。開始からテンポ良く攻め続けると中盤に袖釣込腰で技ありを奪い危なげなく初戦を突破する。準々決勝の相手は、初戦で実業団王者を破って勝ち上がってきた埼玉県警の選手。勢いに乗る相手に対し、序盤に寝技で攻め込むと肩固めで見事に抑え込み一本勝ち。練習してきた寝技を活かし、完勝で準決勝に進む。迎えた準決勝の相手は、9月の全日本学生大会の決勝で苦杯を嘗めさせられた今大会第1シードの立川選手(福岡大4年)。学生大会のリベンジに燃える武田は、試合開始から先に技を出しペースを作っていく。相手も前に出て圧を掛けてくるもそこはしっかりと対応しペースを譲らない。そして、迎えた本戦残り30秒で武田の放った技に相手が逆から大きく崩れ落ち主審が技ありを宣告。これで勝負が決まったかに思われたが、ビデオ判定によりまさかのノーポイントに覆る。そしてGSの延長戦に突入。延長戦に入り勝負と前に出て攻め込んだところを相手に巧く合わされ痛恨の技あり。調子も良くペースも握っていただけに、悔やんでも悔やみきれない敗戦となった。その後は、気持ちを切り替え、3位決定戦に勝利。表彰台は確保したが、東京五輪に向け、優勝が絶対条件の中、痛すぎる今大会での1敗となった。

講道館杯(武田)
【写真 52㎏級3位 武田(右端)】

<武田亮子選手のコメント>
「この大会は、今年1番優勝したかった試合でしたが、優勝することが出来ないとても悔しい結果に終わりました。まだまだ自分の実力が足りなかったのだと思った試合でした。またいつも応援して下さる方々にはとても感謝しています。この大会での悔しさをバネに、次の大会に向けて更に頑張りたいと思います」

4/361345636

ページの先頭へ

ページの先頭へ