柔道部

【柔道部】武田亮子が龍大対決を制し、初の学生日本一!!女子9名が全国上位入賞!!

9月28・29日、秋田県立武道館において全日本学生柔道体重別選手権大会(男子38回 女子35回)が行われた。

今大会、龍大からは男子が81㎏級赤尾(文4)。66㎏級川内(文2)。60㎏級久保井(文1)の計3名。女子は78㎏級冨田(国4)。70㎏級小林(法4)、田中(済2)。63㎏級村井(法4)、小柳(営3)、檀野(営1)。57㎏級黒木(営4)、出村(文3)、渡辺(文2)。52㎏級亀川(国4)、武田(営3)、中内(法3)。48㎏級有野(文4)、森(法2)の計14名が関西の予選を勝ち抜き出場した。

 

[1日目]

 

70㎏級に出場した小林は、3試合を勝ち準々決勝に進む。準々決勝は元全日本強化の中江(筑波大)。開始からけん制し合い本戦が終了。延長戦に入りペースを上げた小林が勝負に出るも自滅する形で背中から落ち技あり失陥。一昨年の3位を超えられず、5位入賞で学生最後の個人戦を終える。

 

63㎏級に村井、小柳、檀野の3名が出場。3人揃って準々決勝に勝ち進む。

準々決勝の1試合目は檀野。相手は第1シードを破り勝ち上がったジュニア強化の明石(筑波大)。中々組手が持てず相手に先に技を仕掛けられる。少ないチャンスで惜しい場面も作るが、延長戦で技ありを奪われ敗退。

続く2試合目に村井が登場。相手は強者の渡邉(帝京大)。序盤は相手の勢いに指導を奪われるも村井も我慢して対応し指導を奪い返す。それでも最後は村井が力尽き抑え込まれて一本負け。

2試合連続で敗れ、3試合目に小柳が最後の砦として畳に上がる。ここまで圧倒的な内容で勝ち上がり、勢いを感じさせる小柳。試合は小柳が積極的に攻め指導をリードする。しかし、延長戦に入り小柳にも疲れが見え始める。最後は、小柳が仕掛けた渾身の払い腰が僅かに決まらず、逆にそのまま抑え込まれるミスを犯し、技あり失陥で試合終了。

3人が準々決勝に進みながら、紙一重の戦いを勝ちきれず5位入賞の悔しい結果に終わる。

 

[2日目]

 

57㎏級に出場した黒木は、厳しい山に入る。それでも3試合を勝ち抜き、準々決勝へ。相手は連覇を目指す前年王者の竹内(東海大)。黒木が指導を奪いリードするも最後は場外際で投げられ一本。優勝を目指し挑んだが、学生最後の個人戦を5位入賞で終える。

 

52㎏級に亀川、武田、中内の3名が出場。3名が順当に勝ち進み、武田と亀川が先に準決勝進出を決める。

準々決勝の最後の試合となった中内は、序盤から積極的に攻め指導2を奪い試合を掌握。しかし、本戦も残り僅か相手が勝負にきた技に対応を誤り、まさかの技あり失陥。昨年3位の中内が勝ち試合を落とし、5位で先に畳を降りる。

準決勝の第1試合は、武田が中盤に奪った大内刈の技ありを守り切り勝利する。

準決勝の第2試合は、亀川がこの試合も勢いを魅せ、中盤に技ありを奪いリードする。終盤に技ありを返上するも最後は相手に3つ目の指導が入り反則勝ち。全国大会の大舞台で武田と亀川による龍大対決の決勝戦が実現する。

決勝戦は、学生大会では初の龍大対決。開始からお互いに前に出るも、亀川がここまでの勢いを感じさせる。亀川の圧に場外際で少し下がった武田に指導。勢いに乗っている亀川がこのまま行くかに思われたが、ここは百戦錬磨の武田。相手が大降りになった組手の一瞬の隙を見逃さず、渾身の一本背負い。この技に亀川が反応できず、大きな弧を描き、見事な一本。武田が先輩との龍大対決を制し、初の大学タイトルに輝いた。

 

48㎏級に出場した有野は、第2シードで登場。初戦から関東王者を迎えるが、ここを序盤の技ありで勝利する。その後も粘り強く勝ち上がり、初の決勝の舞台に上がる。相手は前年王者の小倉(環太平洋大)。昨年の準決勝で敗れた因縁の相手。試合は開始から組手で勝った相手ペースで進む。有野も足技で対抗し勝機を探る。本戦も残り僅か、最後は相手の組手に捕まり小内刈の技あり失陥で試合終了。リベンジを果たせず、有野が最後の学生個人戦を終えたが、これまでの3位を超える準優勝の素晴らしい成績に輝いた。

 

1日目から勝ち切れない試合が続いたが、2日目の武田が勝って当然と思われているプレッシャーの中、しっかりと結果を出し、強さが際立った武田。

そして、もう一人。周囲を驚かせた亀川は大学まで全国大会に出場すらできなかった選手。4年目に諦めず積み重ねた地道な努力が実を結んだ嬉しい準優勝に輝いた。

 

<武田亮子のコメント>

「昨年はこの大会で後一つ勝ちきれず悔しい思いをしたので、今年は何が何でも優勝するという気持ちでしました。試合は反省の残る内容でしたが、優勝できて安心しました。これからまだ試合が続いていくので、今回の試合で出た課題としっかりと向き合っていきたいと思います」

 

<亀川真代のコメント>

「4回生最後の全日本学生ということもあり、いつもより緊張せずに試合に挑むことができました。結果としては負けてしまったのですが、今まで全国で勝ったことがなかったので、自信になりました。今回の試合の反省を次の試合に活かせられるように取り組みたいと思います」

 

<有野涼のコメント>

「まずは自分の力を出し切ろうと思い一つひとつの試合に臨みました。決勝では自分の柔道をさせてもらうことも出来ないまま終わってしまい、完全に自分の力不足を感じました。また直ぐに試合はあるので、切り替えて次に向けて調子を整えていきたいと思います。また、今回の試合はどれも延長戦など苦しい試合ばかりでしたが、応援の声がすごく届き、それにすごく後押しされました。本当に多くの方々に支えていただいての今なので、ここからも感謝を忘れず頑張りたいです」

 

女子52㎏級(左から亀川・武田)

女子52㎏級(左から亀川・武田)

女子48㎏級(一番左・有野)

女子48㎏級(一番左・有野)

 

【柔道部】全日本ジュニア大会 中内が3位入賞で表彰台!!

9月14・15日、埼玉県立武道館において2019年度 JOCジュニアオリンピックカップ・全日本ジュニア柔道体重別選手権大会が行われた。今大会、龍大からは近畿地区の予選を勝ち抜いた男子1名、女子7名が出場した。女子52㎏級では中内柚里(法3)が龍大同士の対戦となった3位決定戦に勝利し、3位入賞を果たした。

 

世界ジュニア選手権大会の日本代表選考会も兼ねた、ジュニア世代にとっては重要な大会。

 

52㎏級には中内と中矢(営1)の2名が出場。昨年2位の中内は優勝候補として出場。しかし、近畿予選会で負傷した怪我が癒えないコンディションの中で大会を迎える。初戦となった2回戦は全日本カデ大会2位の実績を持つ相手。序盤から思い切って攻め込めず一進一退の攻防が続くも、最後は技ありを奪い勝利。準々決勝は見事な大外刈で一本。山場となった準決勝は昨年も対戦した昨年3位の藤城(富士学苑)。試合はお互いに警戒し合う展開。中内も無難に勝ちに行ったか本来の思いっ切りの良さが出ない。延長戦に入り組み勝ちながらも最後は粘る相手に巴投げで横倒しにされ技ありで試合終了。本来の良さを出し切れないまま敗れ、3位決定戦にまわる。相手は敗者復活戦で全日本強化選手を破るなど粘り強く勝ち上がってきた後輩の中矢。お互いに手の内を知り尽くしており、開始から組み手争いが続き延長戦に突入。そして開始から9分26秒、中内が渾身の背負い投げを決め試合終了。中内が先輩の意地を見せ、最後は表彰台に踏みとどまる3位入賞を果たした。

 

今結果が後一歩届かず、世界ジュニア大会の日本代表から漏れ、補欠に選出された中内。

本来の良さを出し切れずに敗れ、彼女にとって後悔が残る大会となったに違いない。

今回の経験を活かし、ここから更に強く成長し、更に大きな大会で活躍してくれることを期待したい。

中内柚里(法3)(右から2番目)

中内柚里(法3)(右から2番目)

【柔道部】関西学生大会 女子が5階級で優勝!!上位独占で全日本へ!!

8月11日、シダーアリーナにおいて関西学生柔道体重別選手権大会(男子38回・女子31回)が行われた。今大会、龍大からは男子18名、女子21名が出場した。女子は出場6階級中5階級で優勝を飾り、9月27・28日に行われる全日本の出場権を男子3名・女子14名が獲得した。

 

70㎏級は小林(法4)が初戦から相手を圧倒、準々決勝でも後輩の古賀(政1)に一本勝ち、続く準決勝も難なく一本勝ちで決勝に進む。決勝の相手は準々決勝で龍大対決を制し勝ち上がってきた田中(済2)。序盤は田中が積極的に攻めるも落ち着いて相手を見ていた小林が寝技に移行し抑え込み一本。小林がオール一本の圧勝で最後の関西大会を制した。

 

63㎏級には4名が出場。準決勝に危なげなく勝ち上がってきたのは檀野(営1)、小柳(営3)、村井(法4)。檀野が準決勝で先輩の村井に延長戦で投げ勝ち勝利、反対の準決勝を一本勝ちで勝ち上がった小柳との決勝戦へ。決勝は一進一退の攻防が続くも、最後は延長戦で小柳に3つ目の指導が入り檀野が反則勝ち。檀野が最激戦階級を制し1年生で頂点に立った。また全国大会出場権の上位3枠を独占した。

 

57㎏級の準決勝には、黒木(営4)、出村(文3)、渡辺(文2)がオール一本勝ちで勝ち上がる。先に難なく決勝進出を決めたのは黒木。もう一方の準決勝は出村と渡辺の龍大対決。ここは出村が延長戦で指導を奪い反則勝ち。決勝は拮抗した展開が続く。最後は延長戦で両者に指導が入り、指導差で黒木が出村に反則勝ち。黒木が見事3連覇に輝いた。また全国大会出場権の上位3枠を独占した。

 

52㎏級の準決勝には、中内(営3)、武田(営3)、亀川(国4)が危なげなく勝ち上がる。まず武田が一本勝ちで決勝進出を決める。中内と亀川の龍大対決となった準決勝は、お互い一歩も引かない戦いで延長戦へ。最後は焦って技を仕掛けた亀川に3つ目の指導が入り試合終了、中内が決勝に進む。決勝は武田の棄権により中内が初優勝を飾った。また全国大会出場権の上位3枠を独占した。

 

48㎏級には2名が出場。決勝には有野(文4)と森(法2)の2名が揃って勝ち進む。試合は先輩の有野が序盤からペースを握る。しかし、中盤に一瞬の隙を付かれ技ありポイントでリードを許す。ここから有野が意地を見せると最後は背負いの伎ありから抑え込み逆転の一本勝ち。有野が昨年まで2年連続決勝で先輩に敗れてきた悔しさを晴らす初優勝に輝いた。

 

 

<小林選手のコメント>

「今回の試合は、絶対に優勝して次に繋げるという思いで試合に臨みました。結果は優勝することができて良かったです。しかし、課題が残る部分もあったので、そこを修正し、全国に向けて取り組んでいき、4年生で最後なので悔いの残らないように頑張りたいです」

 

<黒木選手のコメント>

「今回の大会は全国に繋がる大事な試合だったので少し緊張していて初戦は動きが硬かったのですが、試合を重ねるごとに自分の柔道ができて優勝できたので良かったです。全日本学生でも優勝できるように頑張りたいと思います」

 

<有野選手のコメント>

「この大会で優勝することができて、まずは嬉しい気持ちと安心した気持ちがあります。ですが、どの試合も内容が良くなくて課題が多く見つかりました。全国へ向けてもう一度切り替えて、また頑張っていきます」

 

<中内選手のコメント>

「今回の試合はベストコンディションではない中で、勝負どころの試合をしっかりと勝ち切ることができたので良かったです。全日本学生では粘り強く自分の持ち味を発揮できるように練習に取り組みたいです」

 

<檀野選手のコメント>

「今回の試合は絶対に全日本学生に繋げると強く誓い挑みました。もっと上を目指すために、自分の足りない所や弱い部分などの自己分析をしっかりして、全日本学生でも結果を残せるようにもっと頑張っていきたいです」

image2

image1

【柔道部女子】アジアジュニア選手権大会 1年生の檀野芽紅が金メダル獲得!!

7月29・30日、台湾・台北においてアジアジュニア選手権大会が行われた。今大会、龍大からは檀野芽紅(営1)が63㎏級の日本代表として出場した。檀野は決勝戦でチャイニーズタイペイの選手に勝利し見事金メダルに輝いた。

ジュニアカテゴリでアジア王者を決める大会。

昨年のインターハイを制し、初の国際大会に挑んだ檀野。

二日目の第1試合に青のJAPAN道着で登場。

初戦の相手は韓国の選手。強豪国の選手を相手に開始から檀野が思いっ切り良く前に出る。そして、テンポ良く攻め立てると開始50秒に袖釣り込み腰で技ありを奪いリードすると最後は小内刈りの技ありを追加し合わせ技一本。心配された初戦を突破する。

2回戦はチャイニーズタイペイの選手。長身選手を相手に組み手でしっかりと対応し主導権を握ると寝技に繋ぎ抑え込み一本。

準決勝はオーストラリアの選手。開始から積極的に攻め込む。しかし、相手も組み手を嫌がり決定的なチャンスを生ませない。それでも最後は相手のつぶれ際に見事な内股で一本。決勝の舞台に勝ち進む。

決勝の相手は地元チャイニーズタイペイの選手。試合は激しい組み手争いから拮抗した試合展開が続くも檀野が指導を1つリードし延長戦に突入。その後は檀野が足技と寝技で試合を掌握し最後は延長2分に相手に3つ目の指導が入り反則勝ち。

檀野が大学入学後、そして初の国際大会で見事初優勝を飾った。

本来の柔道が出来ずに敗れた今月初め。

そこから立て直し、彼女らしい躍動感溢れる柔道を見せつけた今大会。

失敗を活かし、笑顔で前向きに取り組める強さを持つ檀野。

再スタートした彼女の更なる成長と活躍を楽しみにここから応援し続けたい。

 

<檀野芽紅選手のコメント>

「今回の試合はとても貴重な経験になりました。普段の試合より緊張しなくて初戦から動きが良く試合が楽しかったです。優勝という結果ではありますが、試合内容もまだまだで弱い所がたくさんあり克服すべき課題がいっぱいあるので、次に向けてもっと強くなるために頑張ります」

 

line_226626992108761

壇野 芽紅選手(左から2番目)

 

 

2/39123439

ページの先頭へ

ページの先頭へ