柔道部

【柔道部】関西学生優勝大会 男子・女子共に全国へ!

5月26日、ベイコム総合体育館において、関西学生柔道優勝大会(男子69回・女子27回)が行われた。今大会、男子はAトーナメントを7位で通過、Bトーナメントとの入れ替え戦に勝利。全国への切符を手にする。女子はリーグ戦全勝優勝を果たし全国へのいい滑り出しとなった。

【男子】
団体戦(7人制)のトーナメント戦。
龍大はAトーナメントシード大学として出場。第一試合の相手は大阪産業大学。先鋒、次鋒と一本を先取され序盤から苦しい展開。その後も主導権を握れず勝ちきれない試合が続き0-4で敗北。この流れは次戦の近大戦にも見られ0-5で負け越してしまう。なんとか流れを変えたい龍大はAトーナメント7位8位決定戦、大阪体育大学との対戦に挑む。先鋒永谷が引き分け、次鋒森が一本を先取されるが、五将田倉の一本を機に流れが龍大へと傾く。続く中堅久保井が引き分けに持ち込むと、三将木村、副将山下が共に一本勝ち。大将石橋が粘りの引き分けに持ち込み、4-1で勝利。Aトーナメント7位が確定しBリーグ2位摂南大との入れ替え戦に臨む。勝てば全国大会出場の切符をも手にする一戦。選手からも緊張が伝わる。龍大は先鋒永谷の一本でいい滑り出しをきめる。次鋒が判定負けに喫するも三将石橋が激しい攻防を技ありで攻め抜き判定勝ち。あいだ引き分けを挟むも、後の3人がきっちり一本をとり5-1で見事勝利。全国へ出場を決めた。試合後石橋は「初戦流れを作れずズルズル情けない試合をしてしまった。しかしその後切り替えて全国につながる試合が出来たのは良かった」。全国に向け木村は「全員体格は大きくないので持ち味を進化させ武道館でも勝てることを証明したい」と全国への意気込みを語った。

IMG_5077.jpg-web

【写真1 投げ技を決める大橋】

〈女子〉
団体戦(5人制)の6大学によるリーグ戦。第一試合の相手は立命館大。先鋒黒木が技ありの判定勝ち。次鋒、中堅と引き分けに持ち込まれるも、副将小林の一本大将富田の抑え込み一本によって3-0で勝利に導く。二試合目の相手は近大。先鋒出村の一本、次鋒黒木が技あり判定勝ちに持ち込む。副将の一本の後押しもあり3-0で勝利。その後は勢いそのままに龍大は大阪体育大学に5-0で勝利を収める。続く天理大戦。開始早々黒木の華麗なる一本が炸裂。これが決め手となり5-0で勝負をきめる。最終戦の武庫川女子大にも4-0で見事勝利し無失点で龍大はリーグ戦全勝優勝を果たした。全国大会へのいい滑り出しとなった今大会、試合後主将豊田は「全国につながる大事な試合で優勝し、いい状態で全国に進めて良かった。秋に続き二冠を達成したい」と、意気込みを語った。

IMG_3341記事用

【写真2 一本を決める黒木】

【堀田監督のコメント】
「男子は初戦大産大の先鋒に流れをつかまれそのままズルズルといってしまった。その中で近大に負けたが、切り替えて7位8位決定戦に勝ちきれたのは普段から粘り強く練習したのが最後に出たと思う。負けを切り替えて次戦以降戦えたのは評価できるが先鋒がやられて流れを変えられないのは自分たちの弱いところ。ここを全国までに修正して臨みたい。
女子は去年のことは忘れて上を見ず一戦一戦勝ち切ってくれた。いろんなメンバーを使って一人一人がしっかり仕事をしてくれ失点なく優勝できたのは大きい。これからはとるところをしっかりとる柔道に重点を置いていきたい」。

(龍魂編集室 記事/植村優太 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ