柔道部

【柔道部】全日本ジュニア京都府予選 男子2名・女子4名が優勝!!

5月11日、京都市武道センターにおいて全日本ジュニア柔道体重別選手権大会京都府予選会が行われた。今大会、龍大からは男子11名、女子12名が出場した。男子は2階級で優勝、女子は4階級で優勝に輝いた。また、各階級上位3名に与えられる近畿大会への出場権は男子6名、女子11名が獲得した。

<男子>
66㎏級の川内(文2)は準決勝までしぶとく勝ち上がる。準決勝の相手は京都学園の高校生。ここも終了間際にポイントを奪い勝利する。決勝の相手は同志社大の選手であったが、相手の棄権により勝利が確定。粘り強く戦った川内が優勝を果たした。

60㎏級の久保井(文1)は第1シードで畳に上がると、準決勝で京産大の選手に難なく寝技で一本、完勝で決勝戦まで勝ち進む。決勝の相手は松田(同志社大)。ここも危なげなく勝利し、オール一本勝ちの内容で優勝。先月の国体予選に続き、2大会連続での優勝に輝いた。

<女子>
70㎏級の田中(済2)は、準決勝で後輩の飯田(営1)に指導3の反則勝ち。決勝の相手も反対ブロックをオール一本で勝ち上がってきた後輩の古賀(政1)。決勝は先に指導を奪われる苦しい展開となったが、中盤に巧く引き出した払い腰で見事な一本。大会直前の怪我で不安視されたが、先輩の意地を魅せた田中が全試合一本勝ちの内容で優勝に輝いた。

63㎏級の勝部(営1)は第1シード、準決勝で明治国際大の選手に一本勝ち。決勝の相手は同級生の檀野(営1)。昨年のインターハイ決勝と同じ顔合わせとなった試合は、お互い一歩も引かない激闘。最後は延長10分、勝部が気力を振り絞り抑え込み一本。延長10分に及ぶ死闘を制した勝部が全試合一本勝ちの内容で不安もあったデビュー戦を優勝で飾った。

57㎏級の中尾(営2)は、準決勝で後輩の石澤(文1)に指導3の反則勝ちを収め決勝に進む。決勝の相手は同級生の渡辺(文2)。お互い手の内を知り尽くしており拮抗した展開が続くも、中盤に中尾が見事な大内刈りで一本。昨年は準々決勝で敗れ悔しさを味わった中尾が全試合一本勝ちで確かな成長をみせる優勝を飾った。

52㎏級の中内(法3)は第1シード、準決勝で立命館大の選手に技あり勝ち。決勝は反対ブロックを粘り強く勝ち上がってきた後輩の中矢(営1)。試合は中内が組み勝ちペースを握るも中矢も譲らない。延長戦に入り最後は中矢に3つ目の指導が入り試合終了。プレッシャーから本来の柔道が出来ず苦しんだ中内が粘り強く勝利を重ね優勝を飾った。

ページの先頭へ

ページの先頭へ